OUT 最新 話: 232章更新

OUT 最新 話

『OUT』では、少年院を出たばかりの主人公・今井達也が暴走族チーム「キラー」のメンバーと出会い、再びヤンキースの世界に巻き込まれていく。 2023年11月には品川ヒロシ監督により実写映画化される。 この記事では、「OUT」の最新話含むネタバレと感想を紹介していきます! この記事ではTruyenhayjp.comがOUT 最新 話の内容をネタバレしていきます。

OUT 最新 話: 232章更新

1. 前回のあらすじ

OUT 最新 話

狂った悪魔も斬人も、三浦祐也の殺害により意識不明となる。 穂咲の店に似た居酒屋で、阿修羅の穂咲は仲間3人と酒を飲んでいた。 保崎は酒を飲み、三浦が欲しくないと大声で文句を言う。 保崎氏によると、意見の相違が解決した後、三浦裕也氏はバーと同じ土地にタトゥーパーラーとパルクールジムを建設するつもりだという。 どちらも三浦裕也さんの才能に依存したビジネスのようで、彼女なしでは成り立ちません。

友人たちは三浦裕也が戦いで死ぬことはないと穂咲を安心させるが、穂咲は三浦が死ぬのではないかと心配している。 むしろ昆虫は良い相棒なので、話を聞いてもらえると嬉しいです。 ひさきは飲み過ぎて吐いてしまいます。 虫からのメッセージであり、単に飲み過ぎただけだと主張する穂咲だったが、友人たちから一蹴される。 ヒステリックな悪魔であるマミヤが主導権を握り、三浦祐也の遺志を守るために安倍要をアフマドのもとに連れて行こうとすることで、シナリオは変化する。

マミヤは国王とマルコを睨みつけ、三浦祐也の遺志を守る決意をしたようだった。 襲撃者側はまた、国王とマルコに対し、彼らを連れて行くと戦いが始まると警告し、留まるよう勧告した。 シーンが変わると、保崎は吐いて酩酊がさらに増した状態で、三浦祐也の訃報について叫ぶ。

友達に話しすぎだと注意されたとき、私は「嘘をついている!」と言って不快感をごまかそうとしました。 彼は、前任者が始めた問題を穂崎ではなく、三浦祐也が解決していることに感謝しているようだ。 穂咲はすぐに遊びたいという自分の本当の欲求を認めます。 場面が変わり再び阿部要と三浦優也が運ばれていく。 これを見て国王とマルコは弱り、地面に刃を落とした。 マヌクの幽霊と三浦祐也が後ろから観察していた。

2. 阿部要と間宮

阿部要はボロボロになりながらも三浦祐也を破った。 三浦優也を仕留めなかったのには理由があった。 安倍要と間宮は紛争を終わらせると約束した。 三浦を殺さないという条件での約束だ。 三浦裕也が刺され、約束は失われたかに見えたが、安倍要自身も意識不明の重体。

3. キングとマルコ

OUT 最新 話

ワンとマルコはマヌクの敵として三浦祐也を殺す機会を狙っていた。 安倍要と間宮の約束は知らないが、たとえ知っていたとしても三浦祐也を許すことはできない。 暴行を受けた三浦裕也は、安倍要の治療に行こうとしたところ、キングとマルコに前と後ろから刺された。 キングとマルコも命がけで駆けつけます。 キングとマルコは間もなく包囲されそうだが、三浦祐也は助からないだろう。 手抜きの話は絶対にないでしょう。

4.天野零士と黒鉄冬馬

五代目副会長・天野零士と亡き五代目会長・皆川陽介が目をつけていたアイスマンと呼ばれる男・黒鉄冬馬も抗争に加わろうとしている。 丹沢と鶴巻の勝者を潰すつもりのクロガネ。 天野礼二も下原賢三と繋がりがあり、ルキアの墓の血痕のことを知っている。

目的はまだ分かりませんが、丹沢は皆川丈介や福山嵐とは何の関係もないので、天野零士の先輩の顔なのかもしれません。 黒鉄冬馬がつけているブレスレットが、皆川丈介に殺された丹沢の母親の恋人、南田康介のものと同じであることも気になります。 ブラックゴールドの登場シーンはブレスレットをはっきりと強調します。 原作では安倍要の弟だったアイスマンが助けに来てくれるかもしれない。

5. 井口達也の本当の目的

井口達也が斬人と狂人の抗争に巻き込まれた本当の目的は、狂人の頭脳・楽崎快を殺すこと。

なぜ井口が楽崎を殺さなければならなかったのかは明かされていない。 井口は楽崎の誘いを断った。 いかなる紛争にも巻き込まれないことを約束します。 この時、達也は世話になっている叔父と叔母を襲うと言いました。 抗争に巻き込まれた井口は叔父と叔母を守るために楽咲を殺すかもしれない。 井口は斬人大将・丹沢と研鬼大将・鶴巻良樹の最後の戦いを見届けると約束しているが、黙って見守るつもりはないようだ。

6. 丹沢篤志vs弦巻良樹

OUT 最新 話

阿部要vs三浦祐也戦もついに決着し、いよいよ丹沢篤志vs弦巻良樹に移りそうだ。

化け物レベルで喧嘩が強い二人が、どちらかが死ぬまで終わらないタイマンを始めた。 鶴巻は丹沢の蹴りを左手でガードし、丹沢の顔面にパンチを繰り出す。 鶴巻は左手の小指を骨折し、丹沢は口から血を流しているが、どちらもダメなようだ。

そこで銃声が聞こえます。 彼を撃ったのは巨人であることに激怒した楽崎だった。

タイマンはこのまま終わるのか? 丹沢は剣豪・長島圭吾率いる特攻隊が到着するまでの時間を稼ぐため、一人勝負に持ち込んだ。 タイマン終了後の乱闘を避けるために楽崎と交渉することになりそうだ。 楽崎が乗れば時間稼ぎには成功するが難しそうだ。

7.楽崎海

丹沢と鶴巻の絡みを止めた楽崎は、丹沢たちを大人数で袋にしようと画策する。 鶴巻達を密かに殺害しており、一味とも繋がっている。 彼は、狂った兄弟たちから何か恐ろしい秘密を隠しているようだ。

友人たちに隠しているということは、楽崎が本郷流希亜の死の真相に関わっている証拠かもしれない。 本郷ルキアの死に楽咲が関わっていたとしたら、鶴巻も楽咲を許さないだろうし、必死に隠そうとするのも無理はない。

8. 三浦裕也さんの死

三浦祐也さんの死はもうすぐ楽崎海にも届くはずだ。 鶴巻良樹や狂乱鬼の面々に三浦祐也の死を伝え、丹沢篤とのタイアップからリンチする方向に持っていくべきだ。

丹沢篤志と井口達也はこのピンチをどう乗り越えるのか? 楽崎海にとって援軍が到着するまでの時間稼ぎは通用しないようだ。 当面は丹沢篤志と井口達也が力を合わせて逃げるしかなさそうだ。

楽先から差し向けられた刺客から逃れることに成功した憲三。 暗殺者は関東暴力団連合の兼平虎拳だった。 状況を考えると、遺体と一緒に埋められた血判などを入手したため、憲三が命を狙われた可能性が高い。 五人目の殺し屋の副総長である天野礼二が血の手紙の在り処を教えてくれたことも知られている。

ヤードに来ている天野零士と黒鉄冬馬が合流する可能性もあるが、ケンゾーの車の陰に隠れて隙を伺う兼平虎剣と衝突することになりそうだ。

与田祐希、人気ヤンキー漫画『OUT』実写映画化でヒロイン役に決定

「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中のヤンキー漫画を品川ヒロシ監督・脚本で実写映画化する『OUT』(2023年11月公開)の第2弾キャストが発表された。 乃木坂46の与田さんらも発表。 優希がヒロイン・皆川千尋を演じることが明らかになった。

本作は、品川の小説『ドロップ』で活躍した伝説の不良・井口達也を主人公にしたスピンオフ。

かつて暴走族の特攻隊のリーダーとして恐れられ、少年院から出所した井口が、故郷から遠く離れた新天地で過酷なリハビリ生活を送りながら、覚悟を決めて生きる姿を描く。 次に彼が問題を起こしたら、彼は出ていくだろう。

主人公・井口役を倉悠貴、暴走族「キリヒト」のリーダー・丹沢篤役を醍醐虎汰朗、副総長・安倍要役を水上晃司が演じる。

与田演じるヒロイン・千尋は、暴走族・キリヒトの五代目リーダー・皆川仗助の妹。

彼女は四大暴走族の抗争「狂死戦争」で兄を命を落とした辛い過去を持っているが、抗争を止めるために暴走族にエールを送り、 井口達也と社長・丹沢をビンタした。 彼女は他人に説教するほどの強い心を持った女性です。

品川監督はキャスティングの決め手となったのは「暴走族同士の抗争の真っ只中に陥っても諦めないオーラを持つ与田祐希さんの光」だったという。

「どちらかというと落ち着いた雰囲気の与田さんが暴走族相手に喧嘩のセリフを言えるのかと思いましたが、堂々と言いました。

滅多に見られない達也を挑発する与田祐希の姿を見ることができた。 「そうするよ」と彼は明かした。

また、これまでにない役柄を貫禄と華麗に演じ切った与田は「暴力的でバカなのに、なぜか憎めないキャラクターたちがどんどん愛おしくなっていく気がした」と語った。

女性目線で見ても絶対楽しめる作品だと思います! 衝撃、ゾクゾク、興奮など、いろんな瞬間を感じていただければと思います! 仲間のために命をかけて戦う姿はカッコいいけど…千尋として命の大切さを伝えていきたいです。」

髪色は今までで一番明るく、撮影期間中は乃木坂メンバーやスタッフからヤンキーだとからかわれたが「新鮮だったし、この時期は千尋のように強くならざるを得なかった」と振り返った。 「そんな気がするよ!」 と撮影を振り返った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *