Category Archives: 更新

生 者 の 行進 ネタバレ: 1 ~ 3巻

生 者 の 行進 ネタバレ

ホラーサスペンス漫画『生者の行進』は、幽霊が見える能力を持つ高校生の主人公が、ある悲劇をきっかけに凄惨な状況に巻き込まれていく。 ここからはあらすじと「生 者 の 行進 ネタバレ」について解説していきます。 『生者の行進』あらすじ 主人公の吉川哲也は交通事故で弟を亡くし、その影響で幽霊が見えるようになる。 ある日、バイト先のコンビニで女子高生が悪霊に取り憑かれているのを目撃したことで、彼女の人生は一変する。 ナギは、悪魔に支配されていた高校生が殺害されたことを知る。 高校生の娘の死に悪霊が関係しているのではないかと彼女の目は恐怖に震えた。 彼は恋人の幼馴染である高岡まどかを救うために悪霊と戦うことを選択する。 彼はまどかが悪霊に取り憑かれているのを目撃する。 生 者 の 行進 ネタバレ 1巻あらすじ 弟を亡くした高校生の吉川寧は幽霊が見える能力を持った。 ある日、コンビニでアルバイトをしていた彼女は、客として入ってきた女子高生に今まで見たこともないほど忌まわしい霊が取り憑いているのを目撃する。 翌日、女子高生刺殺事件を知る。 さらに、女子高生の幼馴染である高岡まどかにも同じ幽霊が取り憑いていた。 幽霊が彼女の死をカウントダウンしている中、まどかの余命は6日であることが判明する。 捜査官・東雲アキと協力するうちに、まどかは精神状態を悪化させてしまう。 そこでナイは恐るべき除霊師・神原省吾に除霊を依頼する。 2巻あらすじ 寧は省吾の能力を使い、まどかに取り憑いた幽霊を追い出すことに成功する。 しかし省吾は、凪が実は弟の霊に取り憑かれた自分自身の生き霊であることを告げる。 まどかは東雲の勧めで一夜を過ごすことに同意する。 しかし、まどかがうなずくと、奇妙な幽霊に襲われます。 翌日、別の女性の遺体が発見された。 被害者はまどかの兄である甲児の妹であることが判明。 コウジからの連絡を受けた凪は、もう一度まどかを守ることを選択する。 その間、まどかは再び幽霊に襲われますが、ナギが間一髪で彼女を救います。 事態が進む中、康司は友人の鮫島瞬に問い詰め、彼が連続殺人事件の犯人であることを知る。 3巻 – 最終回ネタバレ まどかの携帯にメールが届いた 難を逃れて眠りについたまどかとナオミのもとを、祓魔師の省吾が訪ねると、すぐに人に似た悪魔を追い出す。 一方、まどかの携帯電話に公園へのメールが届き、そこには投獄されている兄の写真が含まれていた。 その後、鮫島はまどかの携帯電話に電話し、15分後に公園でなぎじと会うように要求する。 省吾は問題を広めるために東雲に行き、まどかとネギは兄を助けるために公園に行きます。 弟の霊的指導の本当の意味 公園に行くと、鮫島が渚を襲い、即失神させ、まどかを拉致してしまう。 まどかは鮫島の運転を止めようと懸命に努力するも、間違った場所で渓谷に転落してしまう。 目覚めた凪はまどかを捜す。 彼女は目的もなく移動していたところ、自分が歩いている道が以前案内されていた崖のふもとに通じていることに気づきました。 彼女は、トモキの事前のアドバイスが、自分の車の事故やその他のことではなく、まどかに与えられたものであることを理解しています。 彼女は車が落ちたガードレールに到達したとき、谷の高さに入った。 最後の賭け 東雲とその部下の笹塚、省吾が呼び出された公園に着くと、そこには誰もいなかった。 一方、妹の霊と会話する東雲を目撃した省吾は、東雲を疑い始め、凪の本当の才能を知る。 その後、東雲から被害者の詳細を聞き出し、省吾はその能力を使って鮫島が殺した人物を呼び戻した。 […]

ガンニバル 考察: 全体の感想

ガンニバル 考察

人里離れた村で起きたある疑惑の真相を捜査する『ガンニバル』。 ディズニープラスでドラマ化されており、次に何が起こるのか知りたいと思っている視聴者もいるかもしれません。 この記事ではその全貌と「ガンニバル 考察」について解説していきます。 『ガンニバル』のあらすじ 物語の舞台となる古賀村は伝統的な小さな村です。 主人公の阿川大悟は、妻のゆきと娘のましろとともに駐在員としてこの地にやって来る。 しかし、移住して間もなく、彼は年配の女性の死体を発見する。 遺体に残された噛み跡から、大悟はこの村に人食い文化があるのではないかと考え始める。 連れてきた家族を守るため、彼はコクハナ村で究極の力を使い始める。 後藤家について調べてみます。 しかし、大吾は真実を探求する過程で、多くの課題や命の危険に直面します。 『ガンニバル』の主な登場人物 阿川大悟 警察官が主人公です。 娘の真白の目の前で容疑者を射殺した事件をきっかけに国花村へ駐在員として赴任する。 正義感が強く、家族思いなので、集落内で人食い行為があった可能性を知り、後藤家を調べ始める。 阿川有希 阿川大悟の妻で、主人公。 以前追われていた捜査官・大悟と出会う。 娘のましろを溺愛しており、彼女を傷つける者には容赦しない。 彼女は村の男たちから人気があり、とても美しいです。 阿川ましろ 大吾の一人っ子で小学3年生。 彼女の父親は彼女の目の前で知り合いの男を射殺し、彼女は無表情で蒼白になった。 トーカ村に引っ越して以来、彼女は笑顔を見せるようになり、学校でも元気に過ごしているようです。 後藤銀 後藤家の先代当主。 物語に登場した時点ではすでに亡くなっていた。 彼女の死体は物語の冒頭シーンで食べられたように示されています。 彼は当初後藤家の一員ではありませんでした。 代わりに、彼は有力者に近づき、彼を絡め取り、後藤家の支配を引き継ぎました。 彼は生前、後藤家の誰もが認める君主であり、その息子である「あの人」はその優位性の象徴であった。 後藤恵介 後藤銀の死後、後藤家の次期当主となった男。 一見恐ろしい外見にもかかわらず、彼は後藤家のことを心から気にかけており、大悟と協力して大惨事を防ぐようになる。 後藤岩男 圭介の幼馴染で、いつもそばにいた。 自分を守ってくれるのは圭介だと思っており、圭介を信頼している。 身長は2メートルくらいある大男で、物静かな感じの人です。 あの人 本作のラスボスのはずだったが、謎の多い男だ。 後藤銀の息子で、本名はしろがね。 彼は新生児の頃から人肉を食べて育ち、老人になってもそれを続けている。 彼は優れた身体能力を持っており、物語では、彼の素早い動きにより、巨体にもかかわらず、大悟や警察を打ち破ることができました。 『ガンニバル』の見どころ 『ガンニバル』はサスペンスとホラーが最大のポイントです。 主人公の家族は外国人としてここに来たため、誰も信じることができません。 そのため、次に何が起こるかわからない、非常にサスペンスフルなスリラーを体験することができます。 見知らぬ人である主人公たちは、村について何も知りません。 小説は数々の秘密から始まりますが、本筋が進むにつれて徐々に謎が明らかになっていく面白さも見どころのひとつです。 実写ドラマ化されたということは、閉鎖的な村社会で起こる出来事のドラマ化も見どころだ。 “人食い”というタブーなテーマを題材にしているだけに、人間とは何かということに迫る人間ドラマにも注目だ。 ガンニバル 考察 […]

ガンニバル ネタバレ – 13巻: 最終回

ガンニバル ネタバレ

『ガンニバル』は「二宮正明」先生の作品です。 その名も「週刊漫画ゴラク」。 発行元は日本文芸社。 連載期間は2018年から2021年。 ジャンルはサスペンスホラー漫画。 この記事の最終章「ガンニバル ネタバレ」を見てみましょう。 ガンニバル ネタバレ: 花の里の当主・後藤家とは? つまり、『ガンニバル』最終回で大悟たちは後藤家をどう乗り越えるのか? こうなるのです。 結果として後藤家がどのような組織に属していたのかを明らかにしたい。 後藤家は当初、遊牧民で定住地を持たなかった。 どこに住んでいても嫌われ、差別を受けながらも、最後に定住を決めたのが木花村だった。 後藤家は、数百年前に起こった飢餓の際、栗野神神社に送られた子供たちを食欲を抑えるために食べて生き延びてきた。 そのため、後藤家は当初、献花先の村からも拒絶反応を示した。 しかし、やがて彼らは“ある幸運”を経験する。 後藤家は土地に「銅」の発見に恵まれた幸運がありました。 多額の私財を蓄えた後藤家は、住民から物品を次々と買い取り、最終的には甲賀集落全体を引き継いだ。 裕福な後藤家と貧しい村民との溝は広がる一方、後藤金次の統治下では均衡が崩れる。 後藤家の先代当主で戸籍上は後藤銀の兄。 過剰なまでに情熱的で暴力的なキンジは、肉を貪る日々を過ごしており、妹のギンもそのターゲットの一人だった。 ガンニバル ネタバレ: 後藤銀の復讐劇が始まる ギンの母親は当初、たとえ二人に血のつながりがなかったとしても、栗乃神に捧げられる予定だった。 当時の後藤家の当主は最終的に彼を助けたが、村人たちは彼が「神聖な運命」を果たし損ねたと考え、心からギンを嫌っていた。 それは大ヒットだったが、村はそれほど狂っていた。 男たちに「身体」を捧げて生きてきたギンだったが、それまでは出口がなかった。 しかし、ジンは村を征服し、「今は私の食事の時間です!」と宣言しようとしています。 栗野神神社の神山正宗宮司はこれを決意した。 政宗は前述した神山宗近の父親である。 当時若くて多感な政宗は、キンジの魅力にすぐに魅了されましたが、キンジもその魅力を決して失うことはありませんでした。 その後すぐに、ジンは妊娠します。 二人の子供達の「あの人」は、後に「しろがね」と呼ばれることになる。 さらに銀は息子・しろがねとともに紅花村への復讐を誓う。 彼らは銀をめぐって内紛を引き起こし、政宗の協力を得て多数の死者を出した。 それでも、執拗にイタズラを仕掛けてくるキンジをなんとか撃退する。 ガンニバル ネタバレ: 息子のしろがねを使って甲賀村を支配する 名実ともに花の里の頂点に君臨する後藤吟。 しかしジンは花の里に新たな「秩序という名の呪い」を植え付けてしまう。 この新たな秩序の象徴として用意されたのが「サンズシルバー」です。 村人たちにしろがねを「あの人」として崇めることで村の秩序を保っていた。 正確には銀そのものを絶対的な力とした。 これは何十年も後藤ジンの真実であり、花の村の誰も、そして後藤家の人々でさえ、それに抵抗することができませんでした。 この銀が生み出した呪いが今も続いていることは周知の事実。 今の花の里は、まさに後藤銀の人生そのものです。 ガンニバル ネタバレ: 結局後藤ジンを殺したのは誰ですか? 実は、後藤ギンを最後に殺した人物は「後藤家以外の村人」でした。 花の村の階級社会は変わらなかったからだ。 […]

テラフォー マーズ 再開: いつ再開されますか?

テラフォー マーズ 再開

「テラフォー マーズ 再開?」 この記事で調べてみましょう。 さらに、休載の理由や作者の急病の背景、死亡説の真偽、作者の現在の病状などもここで解説していきます。 テラフォーマーズのあらすじ 21世紀初頭、地球では火星を人類が住めるようにする「テラフォーミング計画」が進められていた。 「コケ」と「ゴキブリ」は非常に重要で過酷な条件に耐性があり、この実験のために特別に火星に輸送される。 それは500年以上前のことであり、私たちは現在26世紀にいます。 2500年以来火星に存在していたドローンとの交信がある日途絶えたため、火星の故障の原因を調査し、ゴキブリを発見・捕獲するために6人の宇宙飛行士が派遣された。 集めたら有人宇宙船バグズ1号に積み込んで火星へ打ち上げます。 一方、ゴキブリは火星で異常な発達を遂げ、昆虫人間、つまり「テラフォーマ」と呼ばれるようになりました。 テラフォーミングされたバグは容赦なく 6 人の宇宙飛行士を殺害します。 宇宙船バグズ2号で新たな乗組員が結成され、この出来事から22年後の2599年に火星のゴキブリを根絶するという目標を掲げて地球を出発した。 乗組員の中には主人公の小町小吉もいた。 火星に降り立った小吉たちは、テラフォーマーと呼ばれる人型の昆虫に襲われる。 それにも関わらず、小吉と彼の仲間たちは、昆虫のDNAを人間の体に統合し、昆虫の特性と能力、そして昆虫と戦う能力を与える「バグ手術」として知られるユニークな医療処置を経験します。 こうして小吉は、人類の未来を最終的に決定する戦いに身を投じる。 テラフォーマーズが休載になった理由は何ですか? 2018 年に恒久的な休載状態に入る前に、『テラフォーマーズ』は複数の休載期間を経ました。 長らく休載していましたが、2018年12月6日、ヤングジャンプにて「作者急病のため、しばらく休載させていただきます」との発表が掲載された。 それから4年以上が経過しましたが、何の発表もありませんでした。 そのため、ファンからは番組が終わってしまうのではないか、終わらないのではないかとの懸念の声が頻繁に上がっている。 原作者は病気なのでしょうか? 2018年12月、原作者である貴家悠が病気のため一時的に作品の出版を中止することが正式に発表された。 作品の人気が高かっただけでなく、公式ガイドブックや雑誌のインタビューで原作者の貴家悠さんが笑顔を見せる姿も見られ、長期休載はネット上でも話題となった。 病気の詳細は明らかにされていないものの、治療のため長期の休養が必要なことからファンは心配している。 富樫の病気、頚椎症性神経根症、不安症は漫画家によく見られる病気だ。 しかし、有名作品の連載やアニメ化、映画化などの多忙なスケジュールの影響で、体調を崩したのではないかと考えられる。 性別も別の可能性があります。 作者亡くなったんですか? 原作者の病気による休載が発表されているものの、病状やその他の情報は明らかにされていない。 休憩後、『テラフォーマーズ』にも取り組んでいたイラストレーターの橘賢一氏は、貴家悠のことをほとんど話題にせず、2019年12月20日以来、何も話していない。 さらにグランドジャンプでは2021年に橘賢一の新連載『GIGANTIS』のプレミア公開が決定した。 そのため、ネット上では「原作者・貴家悠さんとの共作を打ち切るほど重篤だったのではないか」「障害者になったのではないか」などと議論されるようになった。 一部の信者の間で、著者が亡くなったのではないかと推測する傾向が強まっていた。 中国からの圧力? 中国が圧力をかけたとの噂もある。 映画の中で、中国の指導者はゴキブリが地球侵略を始めて記者会見を開いた際に彼らと握手をしようとするが、その過程で殺されてしまう。 さらに、中国の広範な裏工作、他国を転覆させようとする試み、中国人乗組員が母国で実際に経験した苦難の描写などにより、中国に圧力がかかったとも考えられている。 テラフォー マーズ 再開されますか? テラフォーマーズは打ち切りになるという噂がありますが、ヤングジャンプの目次に記載されているように正式に休載となります。 公式予告では休載の原因として原作者の病気療養を挙げているため、体調が回復すれば連載が再開される可能性もある。 最新刊の発売や連載再開はいつ? いつ再開するかは不明 テラフォーマーズをフォローしている人なら、間違いなくシリーズの次回作に興味があります。 ただし、いつ再開するかはまだ不明です。 原作者の病気治療が休載の原因となっており、体調が良くなったら継続する予定。 過去には『冒険王ビィト』などを担当していた稲田浩司氏が2006年から長期病気休暇をとりましたが、2016年には連載が再開された形跡があり、もしかしたら『テラフォーマーズ』も再開されるかもしれません。 アップも同様に。 […]

喧嘩 稼業 再開はいつ頃予定ですか?

喧嘩 稼業 再開

現在週刊ヤングマガジンにて『喧嘩稼業』を連載中。 『喧嘩稼業』は2005年から2010年まで連載されていた『喧嘩稼業』の続編で、現在も不定期に連載されていますが、2020年以降は更新されていません。 休載の原因については、作者の木多康昭氏が体調不良で連載ができないのではないかとささやかれている。 2013年に始まった『喧嘩稼業』ですが、なぜ休載してしまったのでしょうか、いつ再開するのでしょうか? 「喧嘩 稼業 再開」について詳しく調べてみましょう。 喧嘩稼業のあらすじ 高校生・佐藤十兵衛の格闘技・格闘を中心とした格闘漫画。 彼らは、武道の基本的な強さの比較だけでなく、戦術的な戦術を理解する能力によって区別されます。 彼らは、対戦相手よりも優位に立つために、数多くのテクニックを考案することがよくあります。 ブラックユーモア、下品なジョーク、時事ネタを組み合わせたジョークがたくさんあります。 『喧嘩稼業』はシリアスなストーリーのみですが、格闘技を題材としたシリアスなシナリオと並行して、脇役たちのギャグストーリーも展開されていました。 映画『喧嘩稼業』では、佐藤十兵衛がマカオ陰陽トーナメント出場のチャンスを略奪する様子が描かれている。 なぜ喧嘩による休載が多いのでしょうか? 当初は「喧嘩稼業」の第2弾となる予定だったが、「喧嘩稼業」は1年以上前の2020年2月から放送を休止していた。 週刊ヤングマガジンに名前が掲載されてしまったので、再開日はまだ未定ですが、まだ終わっていません。 著者の木田康昭さんはTwitterで次のように述べています。 「私は仕事の鬼として知られています。 今年はコロナウイルスの影響で仕事が思うように進まない。 とてもイライラしました。 来年が皆様にとって良い年になりますよう願っております。 — 北康昭 (@KitaYasuaki) 2020年12月31日」 実はそれ以前に保留になっていたのでよく分かりません。 2015年、『喧嘩稼業』連載中に木田康昭先生が足を骨折し、休載。 それ以前は、予期せぬ病気のために何度も休暇を取っていたようです。 実のところ、2021年4月の時点では、WikipediaもTwitterも一貫した説明を提供していませんでした。 喧嘩 稼業 再開はいつ頃予定ですか? と心配している読者も多いと思います! 2020年2月から休載して全く更新がないので、いつ再開するのか、物語は終わるのか気になります。 2021年4月現在、再開の予定はありません。木田康昭氏のTwitterアカウントは定期的に更新されていますが、休止理由は明言されていません。 週刊ヤングマガジンがこれほど長い休載を経てなお元気に活動しているという事実は、木田康昭と彼の「格闘ビジネス」に対する人々の信頼を物語っていると思います。 今流行の格闘漫画の『喧嘩稼業』に収録されている作品なので、編集部としては作者が自分のペースで物語を終わらせたいのかもしれない。 著者木多康昭プロフィール 生年月日:1969年6月19日 出身地:千葉県 血液型:O型 大学受験に3度落ちた3年生の時、漫画を描き始めました。 約3年間はアルバイトをしたり、漫画賞や編集業に応募したりして生計を立て、1995年に週刊少年ジャンプでデビューした。 1999年に『週刊少年ジャンプ』との専属契約を終了し、講談社に移籍。 1997年に週刊少年マガジンにて『泣くよぐいす』を連載開始。 しかし、2000 年 10 月に中止されました。 やがて、2005年6月より週刊ヤングマガジンにて『喧嘩稼業』の前身となる『喧嘩稼業』の連載が開始された。 彼の作品は、奇妙なダジャレやパロディ、非常に卑猥なジョークや汚い言葉を多用しているのが特徴です。 『研修業』の連載再開が楽しみです 著者の木田康昭さんについて、『ファイティングワーク』長期休載の原因と再開の予定についてどう思いますか? 2005年から2010年まで週刊ヤングマガジンに掲載された『喧嘩商売』の続編として2013年に登場した『喧嘩商売』は、2020年2月から休刊となり、現在では1年以上休載となっている。 […]

凪 の お 暇 最新 話 – 11巻65話

凪 の お 暇 最新 話

「凪 の お 暇 最新 話」11巻65話のネタバレです。 前回の話でマサルがサッカー部を退部になった本当の理由が明らかになりました。 マサルは小学校ではいつも一人だったが、時折、生徒のグループが彼に叫び声を上げた。 気づけばサッカーに誘ってくれた蓮と親友のように楽しく過ごしていた。 しかし、実は蓮が学生の頃、マサルの父親にいじめられていたことが分かりました。 マサルの傷みを見かねたパン屋の伏瀬が凪に協力を求めてくる。 凪のお暇: 11巻 64話のあらすじ マサルは小学生の頃、誰とも一緒に過ごしたことがなかった。 クラスメートの一人であるレンがサッカーに誘ってくれた。 初心者にしてはめずらしいマサルの能力の高さに、蓮やクラスメイトたちは興奮する。 その時レンとハイタッチをしたことで、マサルはサッカーを始めるきっかけとなった。 マサルは部員たちの執拗ないじめのせいでサッカー部を辞めてしまい、楽しい思い出も無駄になってしまった。 マサルのサッカー好きにもかかわらず、レンや他の部員たちはマサルに同情したが、処分は適切だったと主張し、後悔している様子はなかった。 帰って来たおばあちゃんに、マサルが部活をやめてしまったことを伝えるレン。 この言葉を聞いた祖母は「ついに?」と言いました。 ベッドにひざまずきながら。 彼は今、週に一度は我が家に来ていないでしょうか? 彼女は信じられないほど安心したようでした。 小学生の頃、レンの部屋でマサルとゲームをしていた。 レンのゲームの才能は父親譲りだと言われており、彼はしばらく隠遁生活を送り、一人でビデオゲームに熱中していた。 マサルの父親とは同級生だったらしい。 当時はパリピとガリ勉という人種が違うように見えた2人だが、今ではすっかり意気投合し、毎週のように飲みに行っているようだ。 私たちは、「時代を超えた親友」であると宣言する父親とは親友であると宣言します。 その言葉に屈辱を感じながらも、マサルは喜びを抑えることができなかった。 サッカーを諦めたマサルが部のOBたちと一緒に倉庫で朽ち果てているという話を聞いたレンは、楽観的な気持ちで倉庫へ急ぐ。 彼は倒れたマサルを見て、心から笑い返しようとしていた。 何らかの理由で彼の注意を引いたものは、キラキラと輝く手作りのミラーボールでした。 腐っているはずなのに、マサルと引退した部員たちは満足そうに自分の仕事に磨きをかけている。 マサルは「もういらない」と答え、破れたCDを愛用のサッカーボールにコピーしてミラーボールを作る。 レンは思わず「一緒にサッカーをしたいと言うのに何の意味があるの?」と叫ばずにはいられなかった。 この予期せぬ事態を目の当たりにして。 マサルは驚いて「なぜここにいるの?」と言いました。 レンは「あなたにはそんなことをして楽しむ権利はない」と答えた。 一切関わらずに行きたいというマサルの要求に蓮は反対し、「自分がハブられた理由を考えたことがあるのか?」と問う。 マサルは知らなかったのに、ずっと考え続けて激怒した。 レンはマサルの理解力の無さに腹を立てたのか、マサルに自分をいじめていた本当の理由を説明し始める。 マサルはそんなこと想像できなかったのに…? 凪 の お 暇 最新 話: 11巻 65話 凪のクラスメイトの伏くんがマサルの悩みを解決してほしいと相談してくる。 マサルが「彼女は家にも学校にもいたくない」と言うと、タロウも他の人たちと一緒にバブルに加わります。 マサルとその婚約者は布施くんに迎えに来て別荘まで車で連れて行かれ、そこでバブルメンバー達が両手を広げて迎えてくれます。 […]

てん どう け ものがたり ネタバレ: 58 ~ 60話

てん どう け ものがたり ネタバレ

『LaLa』に掲載された『天堂家物語』のあらすじと感想(ネタバレあり)をまとめてご紹介します。 文字だけの「てん どう け ものがたり ネタバレ」です。 てん どう け ものがたり ネタバレ – 第58話 ハヤトと出会った時から、彼の婚約者である常子はマサトとの婚約を夢見ていた。 思いがけず操から連絡があり、常子は願いが叶ったと安堵するが、その夢は打ち砕かれた。 突然、彼女は美紗緒が日下部を消しそうになり、マサトの元婚約者である蘭を追い出そうとしていたことを口走った。 激怒したマサトは撤退を申し出る。 美沙緒はそれを見て嬉しくて泣きます。 常子も異様な光景に逃げ出す。 そして、蘭のもとへ向かうマサトに手を振って別れを告げたのは他ならぬ立花だった。 執着の正体 美紗緒は一体何がしたかったのでしょう? おそらくですが、天堂家は常子のことをそれほど大切にしていません。 結婚すれば常子の家族と交流し、彼女の影響力を強めることができるだろう。 それでも、美紗緒は常子よりも先のことに興味があり、だからこそ彼女を気にかけていたのだと思います。 美沙緒は今でも亡き弟の鷹人をとても尊敬している。 妹が兄が残した家を守りたいと思うのは不思議なことではないと思いますが、操の行動を見ると、そのような愛情深い家族に特に親近感を覚えるわけではありません。 むしろ、それは執着や執着のような邪悪な感情に似ているように見えます。 今回はその証拠に、美沙緒の要望でマサトが軍服を着て現れました。 その姿を兄であるノーブルマンだと認識していたらどうなるだろうか。 また、美沙緒が蘭を襲ったことを認めたことに激怒したマサオが、マサオと別れたと告げたときも安堵した。 マサトが兄のノーブルに会ったと想像してみてください。 美紗緒のこだわりの先には、もういない貴族が存在しているのかもしれない。 マサトを通して兄の生い立ちを思い出したらどうなるのか? マサトさんへ 美沙緒に挑発された日下部は、代役の蘭、つまり蘭を攻撃することに。 この事実に激怒したマサトは、綿密に計画した復讐計画を台無しにしてでも美沙緒から離れることを決意する。 それも理にかなっています。 蘭は当初、天堂家への復讐を計画するマサトの手駒にすぎませんでした。 しかし、いつしか彼らはお互いに何かを感じ始めます。 マサトは蘭をとても大切にしており、蘭を危害から守るために箱根の別荘へ連れ去ってしまう。 美沙緒は蘭を傷つけるか、殺すかもしれないようなコメントをしました。 しかし、橘は死んだのは使用人だけだと報告し、美沙緒と対峙して蘭のもとへ向かうマサトに声をかける。 マサトは、蘭がその発言から守られていることを知りながら、蘭のことだけに集中して報復を無視した自分にニヤリと笑いました。 しかし、それはとてもポジティブなことです。 マサトは報復だけを望んでいた。 しかし、彼の心の中には報復よりも重要な何かが芽生えていた。 嬉しくて、ずっとマサトの側にいてくれた立花が、マサトを蘭の方へ突き飛ばした。 まだまだ波乱がありそうですが、マサトが早くここに到着できることを祈りましょう。 思い ミサオは本当に頭がおかしい。 彼の瞳には天堂家への愛よりも執着を感じた。 マサトはもう自由だけどね! 出発の資金は立花がすでに手配していたので、あとは蘭と合流するだけだった。 もちろんだけど、マサトを後回しにするためにカラスと一緒に旅したんじゃないの? […]

宝石 の 国 ネタバレ: 1 ~ 12巻

宝石 の 国 ネタバレ

漫画『宝石の国』は、2012年から月刊アフタヌーンにて連載が始まり、その想像力豊かな絵柄と独特の視点で多くの読者の心を掴みました。 体を「宝石」で構成された28匹の動物たちが、宝石を求めて月から襲来する月人と戦う物語。 ファンタジー作品に分類されますが、他のファンタジー漫画とは一線を画す、独創的なストーリーが特徴的です。 この記事では「宝石 の 国 ネタバレ」1 ~ 12巻をシェアしていきます。 宝石 の 国 ネタバレ: 1巻 今から遠い昔、地上に住む生物が水に沈み、海底の微生物に食われ、やがて結晶となった宝石のような生命体を生み出した。 宝石のカラダを持つ28人は、月人の襲撃や装飾品に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。 月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。 漫画コミュニティで最も素晴らしいアーティストによって描かれた、争いのあるダイヤモンドの物語。 宝石 の 国 ネタバレ: 2巻 「この星には、かつて“にんげん”という動物がいたという――」 宝石のカラダを持つ人を装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)と、宝石のカラダを持つ28人は、果て無き戦いを繰り広げていた。 主人公・フォスフォフィライトは苦闘の末、貝の王から招待を受け、海底へ降りる。 フォスはそこで王の種族がこの世界の秘密を伝えられていることを知りました。 宝石 の 国 ネタバレ: 3巻 新たな宝石、冬眠、そしてフォスの初陣。 宝石のカラダを持つ28人を、装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)と宝石のカラダを持つ者たちとの果て無き戦いが続いていた。 主人公のフォスは月人との戦いで両足を失うが、回復して驚異的な脚力を発現した。 自分の力を発揮するため、アメシストに初めての実戦に挑む。 その後、宝石たちは冬眠状態に入りますが、フォスは眠る代わりに、冬の間だけ活動する宝石たちと交流を続けます。 宝石 の 国 ネタバレ: 4巻 宝石のカラダを持つ28人は、今も侵略してくる月人との戦いが続いていた。 主人公・フォスフォフィライトは、冬の間、アンタークチサイトと協力していたところ、月人が襲撃してきた。 フォスを守る途中、月はアンタークを拉致しましたが、フォスは自由に伸び縮みする腕を制御するようになりました。 フォスが武器を使って月人と戦うのを目撃した後、戦闘愛好家であるボルツは、フォスに彼に加わるように頼みました。 フォスはしばらく考えた後、ボルツと協力することにした。 宝石 の 国 ネタバレ: 5巻 宝石たちが身を守る中、金剛先生が現れると、月人は先生と結ばれているかのように振る舞う。 このすべてに疑問を抱いたフォスは、月人と先生の友情について月人と対決するしかないと結論付けました。 宝石 […]

宝石 の 国 最新 話: 第105話ネタバレ

宝石 の 国 最新 話

漫画『宝石の国』第105話が10月25日に公開された。 皆さんは間違いなく興奮しており、次に何が起こるかを知りたがっています。 今日は宝石 の 国 最新 話 – 第105話についてネタバレを含みながらお話していきたいと思います。 宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 3万年経過 次の物語は、3万年後に石を返すと約束したフォスに関するものです。 3万年後には人間以外の動物が発生して石が消滅している可能性もある。 水星が飲み込まれたようです。 宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ:フォスに残った人類が目覚める 静かな結末のようですが、やはり気になるのは「元フォスフォフィライト」に残っている人間たちです。 おそらく彼はある種の精神的なショックを経験し、それが彼の中の人を目覚めさせたのでしょう。 彼は人間としての後悔と怒りを振りまき、その結果、彼が本当に愛する世界を破壊してしまう。 そんな責任を自らに課した「フォスフォフィライトだった者たち」は、再び自らの滅びを渇望することになると思います。 宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 金剛の弟と石が消える フォスフォフィライトは愛するものをすべて失った。 私が愛し、愛されたいと切望していたダイヤモンドはもうありません。 フォスフォフィライトを加えた後、全員消えた。 金剛の兄であり、今の「元フォスフォフィライト」が慕う石たちも、おそらくは金剛の前から消えることになるだろう。 おそらく宝石たちとの戦い中にフォスフォフィライト自体によって損傷された可能性があります、または他の誰かによって破壊された可能性があります。 私はそのような憂鬱な未来を想像したくありませんが、これまでに起こったことすべてを考慮すると、それを想像しないことは不可能です。 宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 新しい世界への架け橋とは何でしょうか? 過去を語り、それを未来へ繋ぐことで、新たな世界への架け橋となった「元フォスフォフィライト」ですが、歩先生が残した言葉が気になります。 彼女はかつて「橋を燃やせ」と宣言したことがある。 […]

ベルセルク 最新 話: 第375話

ベルセルク 最新 話

ベルセルク 最新 話である第375話「晴夜と霧の朝」のあらすじを考察していきたいと思います。 374話のあらすじ ガッツとその仲間たちが乗っているタツノオトシゴ号に対するクシャン軍の海軍攻撃は、ベルセルク第374話の主題です。彼らは急いで船に乗り込み、セルピコとイシドロは彼らの寝台を見つけるために巧みに抜け出しました。 シールケの儀式は静かに行われるはずなので、セルピコはファルネーゼの安全を心配する。 しかし、クシャーン家は特別な部屋を念頭に置いています。 二人はガッツが瀕死の状態で倒れている部屋にたどり着く。 調子が良ければ間違いなく襲撃チーム全体を壊滅させるだろう。 しかし幸いなことに、彼はそうではなかった。 鎖に繋がれた黒い剣士を見つめる、見慣れたクシャーン族の幼い瞳が見えたからである。 リッケルトが来た! これがどこに行くのかは、現在多くの推測の対象となっています。 おそらくガッツはクシャーン人と協力して共通の敵であるグリフィスと戦うことになるでしょう。 クシャーン人がミッドランドを制圧し、海軍力で拡大していることがほのめかされているが、リッケルトの存在はガッツに深い意味がある可能性を高める。 この再会でガッツの精神は若返った、あるいは少なくともある程度は強化されたのかもしれない。 ベルセルク 最新 話 – 第375話 シラットはスケリッグ島を出航するタツノオトシゴを待ち伏せしたクシャン艦隊を率いていたようだ。 なお、ファルコニア事件後、リッケルトとエリカに同行することを選んだダイバは現在シラットの部下として機能しているようで、タツノオトシゴ攻撃を提案したのもダイバである。 シラットはディバの「空に垂れる月」などのより神聖な予言の影響を受けていたようだが、ガッツがタツノオトシゴに乗っていることをディバに与えたのは「縛られた獣」という言葉だった。 したがって、シラットは移転されたようです。 しかし、シラットにとって「縛獣」という言葉はガッツとは何の関係もない。 むしろ、シーホースは、スパイ活動を目的としてクシャン海域に侵入したファルコニアからの侵略である可能性のある敵対船です。 ただし、一度に 1 隻の船しか存在できないということに彼は納得していないようだ。 シラットとガッツには原因と結果の法則に支配された悪い関係があるように見えますが、彼らはそれをつかみ、なぜこの地域に侵入したのかについて船員に質問するつもりだと思います。 ダイバはガッツの存在を感じながらも、シラットには何も語らず、彼女を捕まえるためにはタツノオトシゴの船を動かす必要があるとだけ告げる。 ガッツの驚異的な力により、魔物が多く生息するクシャーンも危機に瀕していると思いますが、ダイバはガッツとの戦い以来ずっとガッツに対して深い愛情を抱いています。 ファルコニアはクシャーンから敵視されているようで、ダイバはファルコニアの進軍がクシャーンを狙った場合にはガッツを戦闘員として受け入れるのが最善であると考えている可能性が高い。 また、台場はグリフィスをこの世界において神に近い絶対的な存在であると信じていると思います。 しかし、魔法の探求者として、ガッツの力がグリフィスに使用されるかどうか知りたいと思っています。 そうかもしれませんか? クシャーンにしてみれば、タツノオトシゴ捕獲はすぐに終わる簡単な任務だったが、ガッツが普通に行動していたらどれほどの被害が出たかは計り知れない。 ガッツの無力な現状も、最終的にはガッツとクシャーンが協力してファルコニアの進撃を阻止する因果関係の結果だと思う。 しかし、この原因と結果のサイクルは、全世界を征服するというグリフィスの計画でもあるのかもしれません。 さらに、船倉に立てこもっていた鎖獣ガッツをクシャーン兵が引っ張ったようだ。 ベルセルク 最新 話の感想 前回の感想で「リッケルトが最後に登場するキャラクターなのか?」というようなことを言いました。 どう思いますか?』と言うが、和花が出てきたらもう確定! ついにガッツ一行+リッケルト&クシャーンVS鷹の団が現実となる! しかしここでリッケルトはかなり気になることを言います。 クシャーン領海に突如現れた…? え、ちょっと待ってください? どうしてそうなったのですか? とても困惑しています。 ということは、クシャーンの領海は妖精島のすぐ近くにあったということでしょうか? それとも無意識にワープか何かに行ってしまったのでしょうか? 後者なら、なぜですか? […]