Be Blues 最新 話

Be Blues 最新 話

正直、どこから始めればいいのか分かりません。 「Be blues」は私が期待していたものではなく、完全に衝撃的でした。 本当に信じられないほどです。 そうですね、私はスポーツのアニメや漫画が大好きですが、「be blues」は私にとってそれをまったく別のレベルに引き上げました。 率直に言って、これは完璧に近いスポーツ漫画です。 読んだほうがいいですか? 絶対に。 Truyenhayjp.com は、スポーツが好きかどうかにかかわらず、この本をすべての人たちとその猫たちに読んでもらいたいと考えています。 真剣に。

Be Blues 最新 話

ここ数週間、マンガデックスがまだメンテナンス中のため、更新情報を読んだり、新しいストーリーを発見したりすることができず、言うまでもなく、私は腐っていました。 私が折れて、MD を待つのではなく、しばらくリストにあった本を読むことに決めたまでは。 それはすごかった!!! 私は良質な少年スポーツが本当に大好きで、『青になれ』は久しぶりにシーンに戻ってきて良かったです。

『DAYS』、『ダイヤのエース』、『文豪』など、ずっと追いかけているスポーツ漫画の章を積み上げています。 3 日間で 436 章すべてを読み終えた後は、他の 3 章の更新情報も読みたくてうずうずしています。 ああ、そしていくつか考えがある。 その思いがここにあります。 これはネタバレのないものではなく、実際のレビューでもありません。 どちらかというと、私はこの物語を読んで私の心に浮かんだことを共有しているだけです。

Be Blues 最新 話

不人気な意見: 少年漫画にロマンスは存在しない。 皆さん、ロマンスを読みたければ少女漫画を読みます。 なぜ少年たちはいつもファンサービス的なロマンスをしなければならないのですか? 高校生活の物語においてロマンスが避けられないことがあるのはわかりますが、実際には必要がないのにファンサービスパネルを強制的に挿入する必要がありますか? 『青になれ』は大好きだけど、たまにあるファンサービスパネルって本当に必要だったんだろうか? それらは確かに珍しいものですが、そもそもなぜそこに存在する必要があるのでしょうか? さらに、ロマンスは一触即発であり、これは彼らがファンサービスのためだけにあることを決定的に証明しています。 少年にロマンスはありません、お願いします*泣き*。

桜庭拓海は、私がこれまで見た中で、あるいは少なくともここしばらく見た中で最高のキャラクター展開の一つを持っています。 物語の序盤から中盤にかけて、私は彼の根性を徹底的に軽蔑しました。 単にそのように書かれているだけなので、彼の性格が卑劣であることは否定できませんでした。 しかし、彼の人格形成は非常にタイムリーであったため非常に優れており、それは奇跡的な変化ではありませんでした。 彼の成長に向けての積み重ねは非常に緊張しており、彼の変化に対する期待は信じられないほどでした。 彼の成長が満開に視聴者に見せられる章は、とても満足のいくものでした。 キャラクターの成長が素晴らしいシリーズをたくさん読んできましたが、これはとても満足のいくものでした。 久しぶりに感じました。 とても良い!

Be Blues 最新 話

Be Blues! 『青になれ』は、ストーリー全体に展開が豊富で、非常に予測不可能な物語だと思います。 通常、少年は非常に予測可能であり、特にスポーツでは、プロットの流れやタイミングに基づいて、チームがいつ勝つか負けるかがある程度わかります。 もちろん、『青になれ』もタイミングを読むことはできますが、理解する必要を感じず、ただ読んで、展開される展開を見つけるのが楽しかったところが気に入っています。 それは理にかなっていますか? 私は物事のペースが本当に好きでした。 それか、pftt を読むたびに頭のスイッチをオフにしていたかのどちらかです

主人公の一条龍のパワーアップは早すぎず遅すぎず、他のキャラクターの成長も見られてとても楽しかったです! 特に、主人公が常に最前列に座るのではなく、さまざまな章でさまざまなキャラクターに焦点を当てているところがとても気に入りました。 しかし、もちろん、Ryu はすべてのキャラクターの物語に深く関わっており、彼が主導権を握るときは、本当に驚かされます。 リュウは私のお気に入りの少年スポーツ主人公の一人かもしれません。 「友情の力で戦う」タイプでありながら、目的のためにはすべてを犠牲にする現実主義者でもあります。 彼のキャラクター全般は、10点満点中10点だ。彼の決意、壁に直面した瞬間、困難を乗り越えたとき、人生観、他の登場人物への接し方(ほとんどの役で嫌な奴を演じた桜庭も含む)。 これまでのストーリー) – どれもとても楽しく読めました。 実に魅力的なキャラクター。

Be Blues 最新 話

やあ、リュウとタツヒコが基本的に入れ替わった経緯はとても興味深いですね。 龍はOPではないけど、たまにOPモードで見かけるのがとても楽しいです! やあ、昔の龍ちゃんが戻ってきたことでユウトとユキが泣いている最新章はとても感動的だった。 堕落した天才の覚醒、素晴らしいテーマですね! 最新章は大まかなところで止まってしまいました。 このナショナルズの試合で桜庭選手が大活躍する予感がとても楽しみです。 これがスポーツ漫画を追いかける際の問題点で、読んでいる試合の流れに影響を与えないよう、積み上げたり、むしゃむしゃ読んだりするしかないのです。 ぶぅ、これまで400何章も読んできて本当に感謝してます。 他のスポーツ漫画の更新情報をキャッチアップする時間です~

男、私は本当にマンガが大好きです。 10年ほど読者を続けていますが、いまだに飽きることがありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *