396章: ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

エピソード 396 の魅力的な物語では、象徴的なヒーローであるオールマイトが恐るべき敵対者であるオール フォー ワンに対して戦略を根本的に変更するにつれて、僕のヒーロー アカデミアの世界の緊張が高まります。 物語は予期せぬ展開を迎え、主要な登場人物と彼らのそれぞれの犠牲に焦点を当てながら、彼ら全員を結びつける複雑な関係の網を掘り下げます。 Truyenhayjp.com で詳細をご覧ください:

396章: ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

1. オールマイトが攻勢に出る

396話ではオールマイトがオールフォーワンを攻撃しました。 そこから追求していこうと思います。オールマイトは攻撃を防御できなくなったので、攻撃するしかありません。 なのでオールフォーワンが攻撃されたら大変です。したがって、攻めの手を緩めずに攻めていくことだと思います。

2. オールマイトを支える人々

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

396話ではオールマイトが自身の戦いを放送し、ラブラバも動画を配信。

配信を見ている人はおそらくオールマイトを応援しているでしょう。 塚内さんのように、人々は自分が誰に守られていたのかを理解する必要がある。

改めてオールマイトだということが分かり、無意識に応援してしまうと思います。 そして私たちは常にあなたをサポートします。

3. オールフォーワンは様々な個性を引き出す

396話ではオールマイトがオールフォーワンを攻撃しました。 そしてオール・フォー・ワンは様々な個性を出して反撃していくのだと思います。

オールマイトは鎧を着て生徒たちの技を披露します。 オール・フォー・ワンは他の人が嫌がることをやります。 なので、個性を活かした攻撃をすることになるでしょう。

4. スタインは二人の戦いを見守る

396話ではオールマイトとオール・フォー・ワンが戦います。 ステインは戦いを見守っているんじゃないの? ステインは轟達を見た後、自分が何をしているのか分かりません。

しかし、ステインはオールマイトに執着しているので、おそらく彼の足跡をたどったのでしょう。 そして、両者は戦っていたので、どちらが勝つかを見ていると思います。

5.トガヒミコ死亡

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

395話ではトガヒミコがお茶子に輸血をしました。 彼女は自分の血をすべて使って自分でやったので死ぬことになると思います。

人間は血がなければ生きていけません。 さらに、自分は好き勝手に生きているから捕まらないとも言い、あの世へ旅立つことを示唆した。

したがって、お茶子の血を一滴も残さず捧げることで命を落とすことになると思います。

6. トゥワイスと再会

395話ではトガヒミコがお茶子に輸血をしました。 血を全て捧げてあの世へ旅立つに違いない。 そして、異世界で待つトゥワイスと再会する展開になるかもしれない。

トワイスは最後まで自分のを使ってくれたことに感謝しているかもしれない。 トガヒミコも人生の最後に自分を褒めてくれる人に出会った、と言えるかもしれない。

7. お茶子、戦線離脱

395話ではお茶子が限界を迎え倒れてしまいました。 したがって、彼女は戦場から外れることになります。 トガヒミコから輸血を受けるが、終わってもすぐには動けない。

残るは嘆きとオール・フォー・ワンなので、たとえ万全の状態でも対処するのは難しい相手です。 ということで、私はここで戦場を離れます。

8.ヒーローの新たな可能性を示した。

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

オールマイトとオール・フォー・ワンが激突し、お茶子とトガヒミコが戦うことになる。 しかし、私はオールマイトの終焉を予想しています。

もちろん悪役ばかりではなく、トガヒミコやトウヤ、喪など、家庭の事情で悪役にならざるを得なかった者もいる。

私たちはそれらの人々を倒すだけでなく、彼らの心を救わなければなりません。

9. オールマイト・ダイ

お茶子とトガヒミコが戦っている間、オールマイトとオール・フォー・ワンが戦うことになります。 でもオールマイトは命を落とすと思います。

もちろんオールマイトも善戦すると思いますが、無個性なので劣勢になるはずです。 ナイトアイはオールマイトも最終的には命を落とすだろうと語った。 今もそうなのではないかと思います。

10. 圧縮と警察とヒーローの会話

エピソード387では、アポクリファはコンプレスが警察とヒーローと話していることを知っていました。 彼らの会話についてもっと分かると思います。

警察は私に、コンプレスの個性を利用して追悼を止めるのを手伝ってほしいと頼んだのだと思います。 しかしコンプレスは拒否した。 だからこそ、このように囚われてしまっているのだと思います。

11. 兵蔵家が他人の血を嫌う理由

第387話で外典には兵蔵家は血が濃く、血が濁るのを嫌うと言われていました。

彼がなぜ自分の血が汚れることを嫌うのかが明らかになるかと思います。 兵蔵家は作品の様子からするとかなり古くからある家だと思われます。

名門の雰囲気もあるし、馬の骨も知らない人の血を入れたくなかったのだと思います。 したがって、親戚同士で血を繋いだ結果、滅びの道を辿ったのだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *