本当に やっ た 復讐 話

本当に やっ た 復讐 話

すべてがうまくいかないとき、

気分が落ち込んで制御不能になったとき、

驚くべき方法でそれを解決した人たちがいます。

以下のこの記事では、Truyenhayjp.com があなたに 2 つ本当に やっ た 復讐話のを共有したいと考えています。

2 本当に やっ た 復讐 話

1. 男は許されなかった。

私が付き合っていた男性は既婚者でした。

過去がトラウマで不倫は嫌なのに。

毒母(不倫中毒)とその姉(母のコピーだけど太ってて不倫できない)が私を嘲笑しました。

幼少期の修羅場が脳裏を駆け巡り、私は単身赴任中の男性の実家を調査した。

男にバレずに自分なりに色々調べて、顔を伏せていたと思います。

私の実家(というか母屋?)には、これから遊びに行く妻と子供がいました。

子供が来る前に玄関で土下座して謝りました。

私は彼にすべてをしてこう言いました, 「できる限り謝ります、その男性とは別れます、ごめんなさい」

妻は私を許してくれました。

本当に やっ た 復讐 話

男は許されなかった。

彼は顔に打撲傷を負い、むち打ちの首輪をつけられ、指に包帯を巻いた姿で現れた。

「騙してごめんなさい、ごめんなさい」

彼はお金を包みました。

彼は拒否したが、必死に飲み込まれた。 奥さんが言ってたそうです

彼に

「絶対に受け入れます」。 彼はしぶしぶそれを受け取り、後で妻に送りました。 男性の怪我は妻が負ったとみられる。 確かに妻は疲れ切っていて、男はうつむいていた。 そんな妻が怖いのですが、彼は「愛しているから離婚の方がもっと怖い」と言うのです。

「だったら不倫するなよ」と思いました。

結局その男性は離婚していないようですが、

翌年交通事故で亡くなった。

顔を見せてくれる義理の親ではなかったので、お悔やみとお悔やみだけ送りました。

最近、彼女の妹が病気で入院しましたが、毒母の不倫相手の妻がタイミングよく慰謝料請求を持ってきてパニックになっているようです。

直接嘲笑したいけど、もうすぐ転職して引っ越しする予定なので我慢して、

2. “元気です”

途中で吐き出します。

以前は嫁をからかっていた母親が、今では嫁にからかわれている。

怒鳴りつけて追い出した嫁Aは逃げ出し(私もこっそり協力しました)、嫁Aに逃げられた兄は急に感情表現を失ってしまいました。

彼女は私たちの家に来たとき、すでに登録されていました。

奇妙なのはファッションと態度です。

正常なようですが、何かが間違っています。

よく見ると靴下が左右で違う、と突然つぶやく

本当に やっ た 復讐 話

“ハレルヤ!” 低い声で。 当然、母親が「ふしだらだ」「変な女に騙された」と叫ぶと、B妻は激怒した。 嫁B(母)は普通体型なのに身長が倍くらいあるのですが、襖まで吹き飛ばされました。 彼女が何をしたのか分かりませんが、突き飛ばすにはあまりにもまっすぐに飛びました。 私は驚きましたが、兄は全く動じませんでした(お茶をすするだけでした)。 それからは毎日、母親が何かするたびに妻Bに平手打ちされ、腕をひねられるようになった。 1か月後、母親は落ち着いた。 私は一日以内に降伏するでしょう。 (さすが母親)と思いました。 私は彼女の兄に「(妻Aを)逃がしたんですよね?」と尋ねました。

尋ねられたので、私はその夜家を飛び出しました。

正直母もダメでした(毒親でもありました)が、兄夫婦Bよりはマシでしょうか? というか分かりやすかったです。

あの二人はなんだか怖いですね。

最後には母はもうやめてとただ座っていましたが、私もそうなるだろうと思いました。

今は付き合っていた相手(逃げた先)と入籍していて、たまに実家に電話するようにしていますが、基本的に妻Bしか出ません。 出てこない…)。

彼女に母親のことを尋ねると、いつも同じ答えが返ってきます。

“元気です。” (まだ生きてるの?)と思うこともありますが、妻Bが少しだけ母に変わっていきます(エスパー?)。 母の枯れた声を聞くたびに、「妻のAさんは普通のいい人だったんだ…」と思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *