食糧 人類 ネタバレ – 最終回

ゾンビホラー漫画『アポカリプスの砦』シリーズの作者が贈る、新たなホラーストーリー。 食物連鎖を題材に、「食糧人類」が人間を食糧として利用する社会を描いたホラー映画『食糧人類』。この記事では「食糧 人類 ネタバレ」とさせていただきます。

『食糧人類』のあらすじ

非人道的な食物連鎖を描いたサスペンスホラー映画『スタービング・アノニマス』。 平凡な高校生の伊江と友人のカズは、冬が存在しないかのような酷暑の日本で学校からバスで帰宅中。

意識を失った伊江が目を覚ますと、冷凍人間の遺体を解体する人々と、完全に肥満化した人間が目の前にいた。 そこは人類の繁殖地であることが判明した。

人間が何者かに食料として利用され、自分も喰われるかもしれないと知った伊江は、施設で出会った山引、ナツネとともに逃亡を図る。

伊江は脱出を目指して奮闘する中、この施設の本当の目的と、世間が知らない恐るべき事実を知る。

主要キャラ

伊江

高校生の頃の目標は画家になること。 瞬間的な記憶能力のおかげで、彼は連れ去られるまでの短い時間しか見ていなかった施設の内部を正確にスケッチすることができました。

養殖液のせいでアイデンティティを失いかけた相棒のカズを決して諦めない心優しい人物。 超人的な才能を持つ他の二人とは対照的に、彼はごく普通の青年である。

内気で自己主張が強い性格だが、瞬時に情報を思い出せる能力を活かして悪知恵を働かせることもある。

山引

山引は最初ちょっと変態っぽいし貞操観念が低い。

当初、彼は遺伝学の天才でした。 彼は学生時代、道徳を無視した人造人間を作って大人気だった。

彼が他人に脅威を与えていると考えた教授は、彼を致死量の放射線に曝露させ、危うく死にそうにした。

しかし、山引は自分自身にさまざまな生き物の遺伝子を挿入することで治癒することができました。 彼の優れた再生能力とプラナリアの DNA は、彼をほぼ永遠にします。 ナツネの遺伝子を体内に組み込むことで、他のナツネと子孫を残すことも可能。

ナツネ

ナツネは増殖種と呼ばれる実験の結果生まれた個体であり、施設を管理する動物たちに異常な敵意を抱いている。

増殖する動物は、中枢神経系が損なわれない限り、失われた体の構成要素を再生することができます。そのため、安定した食料の供給を保証するために動物が作られました。

ナツネは唯一の完全な品種です。 彼は6年前、研究所から逃げ出した女性被験者から生まれました。

5巻で所長がナツネを呼び出し、その後所長によって首を切断され吹き飛ばされて死亡した。 しかし6巻では山引によって死から蘇生させられます。

最初は共感力がなく、暴力的な対応をするが、伊江と知り合ううちに、徐々に友情とは何かを理解し始める。 彼は、最初の友人である伊江とともに、より人間らしく自分を表現し始めます。

食糧 人類 ネタバレ – 最終回

「ゆりかご」の怪物の正体

「ゆりかご」を支配する巨大な存在たちは、かつては人類を超える知性を持った別の惑星から来た知的生命体であった。 彼らは地球資源を貪欲に利用した結果、共食いが原因で絶滅の危機に瀕しています。

彼らはそこで宇宙を探索し、地球に遭遇します。 人間がこの惑星に送り込まれた理由は、自分たちを養うために他の生き物を繁殖させるためでした。

「Starving Anonymous」は「飢えた人」を意味するサブタイトルです。 別の言い方をすれば、人間は飢えた宇宙人がお腹を満たすために創造したということです。

人類は十分に繁殖した後、「収穫」するために故郷の惑星を離れます。 彼らは故郷の星で人類がほぼ絶滅したため、地球上で人類を食料として利用しながら共存していくことを考えていた。 その結果、繁殖を集中化し、産卵を女王バチだけに限定します。

しかし、所長の策略により、彼らは餓死したが、再び子孫を残すことができるようになった。 共生を諦めたクイーンが施設を開放し、巨大な動物たちは世界中に散らばった。

ナツネを育てる山引

生き返ったナツネは、山引からのプロポーズを受け入れた。 ナツネは、永遠とも思える苦しみに耐えることができれば、彼らを滅ぼせると主張する。

ナツネが同意すると、山引は噛んでナツネの体の一部を抽出し、その結果、一連のナツネの同一のクローンが生まれます。 山引の上半身が消滅したのはナツネが過剰な細胞で作られたせいかもしれない。

部屋はすぐにナツネのクローンでいっぱいになります。 すくすく成長したクローン・ナツネは、やがて青年として女王の間へたどり着く。

地球上に分散していた彼らは、食べても再生する完全増殖種・ナツネの姿に女王が歓喜する中、「ゆりかご」に一斉に集まる。

食料として食べられた大量のクローンナッツは、施設の地下深くで半永久的に再生されたままである。 施設の外にはナツネを喰らおうと地球中から大量の動物たちが集まっていた。

モンスターの共食いが始まる

施設に入ることができなくなった大量の動物たちが共食いを始める。 クイーンもこれを戦略の一環としていた。 人間の人口を補充するには、女王が人口過多の個体を共食いすることが望ましいと彼は考えた。

これを終わらせるには、ナツネを彼らと一緒に地下に閉じ込めればいい。 ナツネがついに画面に現れたとき、伊江が彼に与えた友人同士の挨拶を使って「また会いましょう」と言いました。

それを見た伊江は、また会えると思い、地下に閉じ込めてしまう。 結局、伊江、カズ、小倉は脱出に成功する。

怪物たちの運命は数年後に明らかになる

逃亡から3年後、家族を亡くし同居していた伊江とカズ。 下で喰われているナツネのことも忘れ、一人で施設の場所へ向かう。

伊江は土を掘ったまま倒れてしまうが、目を覚ますとナツネと山引の姿があった。 ナツネは「私が奴らを滅ぼした」と宣言する。 山引は巨大な怪物に狂牛病を与えるつもりだった。

ナツネのクローンは極度のストレスに直面しても再生できるため、狂牛病を引き起こす異常プリオンを発症しやすい。 彼らは長年にわたって牛に餌を与え、狂牛病で絶滅に追いやったのです。

伊江は二人に同棲を提案するが、二人とも断る。 伊江の意識は唐突に現実に戻る。 見上げるとカズが見えた。 伊江さんは「また会いましょう、伊江さん」という文字が書かれたベンチに座っている。 最初、伊江はナツネたちと合流する夢を見ているのかと思いました。

二人がまだ生きていることに満足した伊江は、カズとの日常に戻る。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *