風呂 掃除 の プロの4つのヒント

風呂 掃除 の プロ

「カビや水垢が落ちにくい」「掃除してもすぐに汚れが目立つ」など、お風呂掃除に関するお悩みはありませんか? 正しい知識がないと効率が悪いだけでなく、お風呂の素材を傷めてしまう可能性もあります。 そこで今回、Truyenhayjp.comでは基礎から風呂 掃除 の プロまでをご紹介します。

バスルームの掃除に役立つヒント:

1: 必要なもの:

ゴム手袋、スポンジ、細いブラシ、床ブラシ、お風呂用洗剤、カビ取り剤。

また、カビ取り剤などの強力な塩素系漂白剤を使用する場合は、マスクや安全メガネなどを用意すると良いでしょう。

風呂 掃除 の プロ

2:洗剤の選び方

強力な洗剤を頻繁に使用すると、浴槽やタイルなどの素材自体を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

洗うときは弱めの洗剤から始めて、落ちない場合は強めの洗剤を使うのがポイントです。 具体的には、取れない頑固なカビにはお風呂用中性洗剤と塩素系漂白剤(カビ取り剤)を使うのがベストです。

また、よく聞く「重曹」や「クエン酸」も食品添加物として使用されており、比較的安全です。 ただし洗浄力は穏やかなので、溜まった汚れを一気に落とすよりも定期的な掃除に適しています。

  • クエン酸と塩素系漂白剤は併用すると有毒ガスが発生し危険ですので使用しないでください。

3: 洗浄工程

まずは基本的な掃除の手順をご紹介します。

  • 換気を行ってください。 (窓を開け、換気扇を回す)
  • 浴室全体を水で洗い流します。
  • 浴槽を掃除します。
  • 壁や床をスポンジでこすります。
  • 排水溝を掃除します。壁や浴槽などをこするときは、やり残しがないよう、始めたところから円を描くようにしてください。 この時、一定の方向にこするとムラなくきれいになります。

また、直接洗剤を吹きかけると洗剤が垂れて跡が残る場合がありますので、スポンジに洗剤を含ませて下から上に向かってなじませるのがおすすめです。

浴槽や床、排水溝などの汚れやすい場所は毎日掃除し、壁は週に1回掃除するなど、こまめに掃除をすることで負担を軽減できます。

浴室の「2大汚れ」の原因と対処法。

風呂 掃除 の プロ

浴室で最も多い汚れはカビと水垢です。 頻繁に掃除しているつもりでも、カビや水垢が目立ち始めるとガッカリしてしまいますよね。 ここではカビや水アカの原因とその除去方法をご紹介します。

1: ピンクスライム/カビ

ひとくちにカビといっても、色や生える場所によって多くの種類があります。 トイレにあるピンク色のスライムは主に赤色酵母(ロドトルラ)と呼ばれる酵母の一種です。 カビは「黒川カビ」と呼ばれる黒いカビが多く、湿気の多い環境を好みます。

お風呂場は家の中でも高温多湿で、石鹸カスや皮脂などの栄養分も多くカビが生えやすい場所です。 また、このカビの胞子は、1)定着、2)発芽、3)成長、4)胞子の飛散というプロセスを経て増殖します。 カビは一度生えてしまうと取り除くのが難しい場合が多いので、増殖させないようにすることが重要です。 お風呂上がりにシャワーで石鹸カスなどの汚れを落とし、しっかりと乾燥させることで予防できます。

生えてしまったカビにはカビ取り剤が効果的ですが、まずはお風呂用洗剤をつけてゴシゴシすることをおすすめします。 発生したばかりの黒カビであれば、ここで落ちることが多いです。 それでも落ちない場合はカビ取り剤を使用してください。

2:水汚れ

水アカとは、鏡や浴槽のふち、壁などにできる白いウロコ状の汚れのことで、水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、シリカなどを含む化合物が主成分です。 入浴中に水滴が飛散したまま放置しておくと、水は徐々に蒸発していきますが、水滴に含まれるミネラル成分が残り結晶化して水垢の原因となります。

カルシウムやマグネシウム系の水垢は酸に溶けやすいので、弱酸性の洗剤が効果的です。 一方、シリカは酸に強いため、研磨剤を使用して物理的に除去する必要があります。 ただし、ミラーにコーティングが施されている場合、こすると剥がれてしまうので注意が必要です。

カビや水汚れは放っておくと落ちにくくなりますので、汚れに気づいたら早めに掃除しましょう。

風呂 掃除 の プロの4つのヒント:

ここまでお風呂掃除の基本についてお話してきましたが、ここからはお客様のお悩みを解決するためのアドバイスをさせていただきます。

風呂 掃除 の プロ

1. タイルの目地からカビをきれいに取り除くにはどうすればよいですか?

薬剤を「船」で封印し浸透させよう!

上で述べたように、カビ除去剤は強力でタイルを損傷する可能性があるため、最後の手段としてのみ使用することをお勧めします。 まずはお風呂用洗剤をつけてブラシでこすります。

それでも効果がない場合は、塩素系のカビ取り剤を使用してください。 古い歯ブラシのような細いブラシでカビの生えている部分に塗布し、カビの色が消えるまで5~10分放置します。 その後、シャワーでしっかり洗い流し、落ちにくい場合はブラシでこすり落としてください。

また、カビ取り剤を塗布してもカビ取り剤が垂れてしまう場合は、ティッシュペーパーを薄く折ってスプレーした商品の上に重ね、その上からスプレーしても大丈夫です。

2.バケツや椅子の汚れが落ちにくい…。

「ラップパック」で汚れを吸い取る

浴室の掃除:浴槽や椅子の汚れが落ちにくい。

バケツや椅子の汚れの主な原因は石鹸カスと水垢です。 これには体の皮脂も混入し、思ったよりも落としにくくなります。 石鹸カスや水垢は、長く付着すると固まってしまうためです。

この汚れを落とすには、お風呂用洗剤を付けてスポンジでこすりますが、それでも落ちにくい場合は、洗剤を付けてラップに包んで「パック」してみましょう。 パックをしばらく放置すると汚れが柔らかくなり、落ちやすくなります。 ただし、頑固な汚れはプレートでこすると簡単に落ちます。

プラスチックカードのようなもの。

3. 鏡を拭くとすぐに曇ってしまうのはなぜですか?

ジーンズの端切れを使ってキレイにしましょう!

水垢とは、鏡を触るとザラザラした感じのものや、拭いても取れない白い汚れのことです。

鏡の水垢を取り除くには、鏡を水で濡らし、湿らせた柔らかいスポンジにお風呂用洗剤をスプレーし、一方向に軽くこすります。 それでも汚れが残る場合は、マイクロファイバークロスなどのしっかりと織った布を水で湿らせ、少量のクリームクレンザーを付けて優しくこすってください。

仕上げは水でよく洗い流し、乾いた布で水気を拭き取るだけです。

  • クリームクレンザーをつけてゴシゴシしすぎると、表面に傷がつき光沢がなくなったり、汚れがつきやすくなったりすることがありますのでご注意ください。
  • コーティングや特殊な加工(くもり止め加工等)が施された鏡にはこの方法を行わないでください。

鏡の水垢を防ぐため、入浴後は鏡表面についた水滴を拭き取ることをおすすめします。

4. 浴室の換気が悪くカビが生えやすい…。

できるだけ乾燥しない環境を作ることが効果的です。

浴室の掃除:浴室は通気性が悪く、カビが発生しやすい環境です。

浴室に生える黒カビは湿気を好むので、常に乾燥した状態に保つことが大切です。 24時間換気をするのが理想ですが、それが難しい場合は、入浴後に水分を拭き取るようにしましょう。 スキージーで集めて拭き取るか、吸水性の高い布で拭き取ることをおすすめします。 カビの発生を防ぐスプレーも効果的です。

カビを除去するための洗浄後。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *