離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

これまでは2ページずつ掲載されていたが、最終回では96ページ一挙掲載となった。 この記事では、Truyenhayjp.com が離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合を紹介します。

キャラクター

  • 翔子:専業主婦。 彼女は夫を憎んでいますが、それを見せずにいつも笑顔です。
  • 翔子の夫は…ちょっと緊張している。 彼は翔子をからかっている(実際、翔子は職場のストレスを解消している)。

最終回前のあらすじ

日本の物語 . 夫の心無い言動に徐々に追い詰められた祥子は、ついに心療内科へ行くことを決意する。 そこで医師は彼に仕事を始めるよう勧めました。 また、夫に文句を言えないのは、幼少期に父親が怖かった経験が原因であることにも気づきました。

離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

1. 翔子がアルバイトを始めました

翔子は介護士のパートとして働き始める。 褒められたのは初日だけで、その後は怒られるだけだったが、「絶対に離婚する」と決意は崩さなかった。

この職場にはバツイチやシングルマザーが多いことを知り、先輩たちのアドバイスもあり資格取得を決意しました。 しかし、私はまだ夫に対する不満を言い表すことができません。

2. 母親のようになりたくない!

資格を取得し、仕事にやりがいを感じている翔子。 家に帰って子どもたちを遊ばせていると、かつては自分に厳しかった父親が、今では孫たちに優しくなっていることに気づきました。 母に「離婚しようと思ったことはある?」と聞くと、「色々あったけど、今は幸せだよ」と答えました。

翔子は「そんなの嘘だ」「自分は不幸じゃないと言い聞かせている」「母親みたいにはなりたくない!」と幼い頃思っていた。 すぐに手に負えなくなり機嫌が悪くなる父に振り回されていました。 母親はただ微笑みながら、「お父さんが嫌な思いをするようなことはしないでね」と言うだけだった。

翔子は、夫に気持ちを伝えられなかった幼少期のせいで今の自分があることに気づく。 夢の中で、父親に怯える幼い翔子に代わって、成長した翔子が「お父さんなんて大嫌い!」と叫ぶ。

3. 翔子が家を出る

ある日の帰宅途中、翔子はマンションの駐車場に夫の車が停まっているのを発見する。 翔子は子供たちを弟に残してアパートになだれ込む。 離婚されたらまた困る! そんな気持ちで。

夫が玄関から出てきて、エプロンを着て皿を洗っていました。 「あなたはいらない!離婚だ!」 翔子の口から出た言葉は、私にとっても予想外だった。

翔子は夫が他家で今までやったことのない皿洗いをしている姿を見て離婚を決意する。 そして、彼女は荷物をまとめて家を出ました。

4. 父親に心を告白する

翔子は兄の家にしばらく滞在することにする。 誰かが訪ねてきました。 もしかして夫? 私は父が私を訪ねてきたのだと思いました。

翔子の家出を責める父親。 そこで翔子は初めて父親に自分の心を叫びました。 「良い子は父親の言うことを聞く子だ!」 「私がこんなに笑顔で空虚な人間になったのは父のせいだ!」

それを聞いた父親は「ごめんなさい」と謝った。 予想外の反応に翔子の心は不安になり始める。 翔子は「私がこうやって怒りや苦しみを夫にぶつけていたら、こんなことにはならなかったかもしれない」と思い、「もう遅い」と翔子はつぶやいた。

5. 翔子の怒りに驚く夫

一方、彼女の夫は、祥子が初めて自分に対して怒りを表明したことに驚き、そして面白がっていた。 いつもの翔子の誤魔化したような笑顔を浮かべていた。 そこへ彼の姉が訪ねてくる(彼女も翔子と同じく家族に不満を抱いて家出してきたらしい)。

妹の話から「翔子が家を出たのはマンションの問題ではないか?」と考え、家の掃除を始める。

離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

6.翔子の離婚宣言

翔子が荷物を取りに久しぶりに家に戻ると、家はシミ一つなくきれいになっていた。 そこに夫が現れた。 「あのアパートはシングルマザーの女友達の家なんですけど、その日たまたま指を怪我した彼女の代わりに私が皿洗いをしたんです」。

しかし翔子は「それは始まりに過ぎなかった」「いつも私を見下していた」「食事で採点されるのが嫌だった」「もう限界だった」と言い放つ。 「そんな生活してるの」「だから離婚したい」 夫は「離婚したくない」「悪かったところは私が直す」と謝りましたが、 翔子は父親とは違い、それを聞いても動揺しなかった。

というのも、夫の「子供には(友人のシングルマザーのような)生き方はさせたくない」という言葉に、シングルマザーのシングルマザーを馬鹿にしているという心の浅さが透けて見えたからです。 彼らのベスト。 私はもう夫のことは何も知りません、私は自分のために生きています。

7. 翔子は結局離婚しなかった

住む場所もなかなか見つからず、正社員になると夜勤も増えて、子どもを預ける場所がないことに気づきました。

翔子の弟は「お母さんは昔家出して帰ってきた」と告げる。 あの時から、お父さんは完全な人間になったんだよ」翔子は思い直して家に帰る。

家に帰ってきましたが、以前と同じ人間ではありません。 彼女は働き始め、夫に怒りをぶつけました。

「頑張ったね」と寝る前に布団の中で泣いていると、今度は年下の祥子が頭を撫でてくれた。

8. 翔子は正社員になりました。

今までは、不満があっても笑顔でいる自分が嫌いでしたが、そうすることが介護の仕事に役立っていることに気づきました。

夫は今では家事や育児を手伝ってくれます。 翔子は時折「今日のおかずはこれだけで…」などと昔と同じような偉そうなことを言っても、「文句があるならあなたが言ってください」と気軽に言えるようになった。 食べなくてもいいよ。」

翔子は仕事と子育てで忙しく、夫にイライラしている暇はありません。

9. 愛はないけど、これで幸せ

家族4人で公園に行きます。 家族とソフトクリームを分け合うのですが、夫の後には食べたくないのです。 私には夫に対する愛情がありません。 生活のために家族を持つのは問題ありません。

夫と子供たちが一緒に遊んでいるのを見ると、「私も幸せだけど、ここに愛があればもっと幸せだろうな」と思ったり、明るくて仲の良い隣の家族が羨ましくなったりします。 。

「でも、もしかしたらあの奥さんも私たちを見てそう思っているんじゃないでしょうか?」 翔子はそう思った。

『離婚してもいいですか?』の感想 翔子の場合」 完璧な幸せなど存在しないのかもしれない…読み終わった後、涙が溢れてきました。

この物語のテーマは夫婦関係ですが、夫婦に限らず人生は100%幸せということはなく、どこかで少し諦めて自分を納得させなければいけないこともあるかもしれません。

翔子の苦労は知っているので悲しいです。

10.徹底的にリアルな展開

離婚 し て も いい です か 翔子 の 場合

最終話まで読んでいて、「仕事をすれば自分に自信が持てるし、そうすれば夫も認めてくれる」と思いました。 しかし、それは簡単な展開ではありませんでした。

それまで徹底的にリアルな結婚生活を描いてきましたが、最終回はお花畑ファンタジーで終わるのかなと思っていました。 心配しましたが、いや、野原広子です。

仕事をしていて嫌なことはたくさんあります。 夫への愛は決して戻ることはありません。 夜勤中に子供を見てくれる人がいなかったため、家出をして戻ってきました。 愛情はないけど、離婚はしないくらい和です。 とてもリアルに描かれているのが気に入りました。

ほのぼのとした絵柄の中に隠されたリアルすぎる描写
特に印象に残ったのは、「子供の頃、父親に叱られて我慢していた自分が嫌いだったのに、大人になった翔子の代わりに『自分が嫌いだ!』と叫んだ」というシーンです。 若い頃の自分が笑う。

背景が真っ黒で反転していて、とても心に響きます。

ほのぼのとした可愛い絵柄のこの漫画ですが、実は羊をかぶった狼が心臓をえぐり出しているんです。

翔子のめんどくさい性格や夫のモラハラ、親子関係などがとてもリアルです。

この記事では割愛しましたが、伏線が細かく張られていて(特に夫の妹の訪問時)、セリフの一つ一つが無駄になっていないので、この作者は天才なのでしょうか? 私は思う。

夫の本当の気持ちは…?

で、こうしてあらすじを書きながら、結局夫の本当の気持ちは何だったのか気になりました。 そして。

この漫画の面白さの一つは、主人公の翔子の内面と夫の内面が交互に表れていくところです。 翔子が夫に家事の責任を責められていたその日、実は夫は職場でのミスを責められていたことが判明する(そのストレスを翔子にぶつけていただけだったことが判明)。

翔子が改めて夫に離婚を宣言するところからは、夫の心情は全く描かれない。

これはおそらく意図的なものでしょう。

夫は「悪かったところは直すから離婚しないで」と謝りましたが、その真意は何だったのでしょうか?

その時、あなたは「自分の子供たちには(女友達のシングルマザーのような)生き方はさせたくない」と口走っていましたが、それは本心でしたか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *