離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

さて、付録のマンガはコミックエッセイ第1話から第5話の続きから始まります。まずは、Truyenhayjp.comで簡単なあらすじを紹介しましょう。

翔子は介護の仕事を見つけ、外で働き始める。 祥子漫画は、仕事のなさに落ち込んでおり、人間関係に悩み、仕事を理解してくれない夫にイライラし、パート収入に落ち込んでいます。 独立のために免許を取ることを決意する。

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

1. レタスクラブ「離婚してもいいですか?翔子の場合」ネタバレありあらすじ

日本の物語 – そして同時に、自分の両親との関係も浮き彫りになり、自分の感情を殺して笑顔で物事をうまく進めようとしていたことに気づきます。 。 彼女はまた、自分の周りにいる優しい夫、自分の夫を羨ましく思っています。 一方、夫は彼女の浮気を疑う。 翔子は子供を連れて家を飛び出し、兄の家に逃げ込む。

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

彼女の夫は家に一人で残されました。 夫は妻の存在を改めて考える。

祥子は夫に離婚してほしいと訴えるが、夫は離婚したくない。 翔子と夫が出した結論とは…?
翔子はこの二人の関係に存在するストレスを受け入れます。

夫の一言一言を笑顔で受け止めながらも、心の中には怒りや不満、もどかしさが溜まっている。 でも、よく考えてみると、私も小さい頃からそうだったと翔子は気づきます。

母親は父親の言葉に打ちのめされ、笑顔でその場を乗り切ろうとした。 彼女が母親にしてきたことを、私も夫に対してしているのだと彼女は言いました。

物語後半になると翔子は「言いたいことは全部言う!」と両親や夫に暴言を吐く。

彼女のパートナーは予想外の方法で反応します。

そこで彼女は、翔子が言いたいことを言えることに気づき始めます。 私には自分の意見があり、それを言うことができる、と彼女は言いました。 翔子は、もう夫の一言一言に落ち込む必要はないことを受け入れています。

それでも翔子の離婚の意志は強く、途中で「ああ、旦那さん、結婚生活をよく反省しているみたいだけど、翔子はまだ離婚してるの?」と疑問に思った。

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

場面が変わると…

家出したはずの祥子は家に戻り、夫と二人で暮らす。

その理由は本物で、彼女は非常に生き生きとしていて、笑っていました。

介護士として働き、資格を取得して正社員になる! 翔子は正社員には夜勤があると言われる。 離婚して子育てをしている間は夜勤ができないと悟り、最終的には夫との同居に戻ったという。

2. 名言「ほとんどの愛は長くは続かない」

心が傷ついたとき、疲れたとき、翔子は周りのすべてが輝いていて羨ましかった。

彼女は自分にないものを持っている 私の周りの誰もが幸せそうに見えます。 でも、どうして私が… でも、そうも言ってられない。 私も周りに幸せに思われなければいけないと葛藤する翔子がいた。

でも結局のところ、周りの人が幸せかどうかは分かりません。 憧れていた青い鳥が実は青い鳥ではなかったことが分かり、翔子の心は少し軽くなる。

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

そして「たいていの恋は長続きしない」ことに気づく(汗)。

夫への愛情はまだないものの、平穏に暮らせているので、これで幸せなのかもしれません。

この文章を読んだとき、これが結婚生活なのかなと思いました。

永遠の愛はロマンチックですが、それ以上に夫婦の間には夫婦関係があり、そこで培われた感情があるはずです。 それは言葉の厳密な意味での愛ではないかもしれませんが、愛の代替品かもしれません。

例えば、私にとって夫はパートナーであると同時に同志でもあります。

共に人生を築いていく存在のような気がします。

そして、私の中には夫への愛がまだ残っていると信じたい、私は信じています。 そうしないと一緒に生きていけない…! 夫に料理ができない…! 服も洗えない…! 掃除も出来ないよ!

そのことを改めて認めさせられたと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *