私 が 見 た 未来 ネタバレ: 2025年7月には何が起こるか?

私 が 見 た 未来 ネタバレ

未来を予測することに興味がありますか? オカルト、ミステリー、ファンタジーは、宇宙に存在する神秘的な物語のほんの一例にすぎません。

そんな中、以前からメディアやYouTubeなどで広く紹介され、人類の未来を予言した漫画として有名な『私が見た未来』をご存知の方もいるかもしれません。

たつき諒の漫画『私が見た未来(完全版)』は、2011年3月の大震災を予言していた。

同作の中で「次の大災害は2025年7月5日に起こる」という主張が注目を集めた。

この記事は私 が 見 た 未来 ネタバレに基づいて、2025年7月に起こると予想されるネタバレを含みます。

『私が見た未来』ってどんな漫画?

『私が見た未来』ってどんな漫画?

「私が見た未来」という予言小説は有名ですが、どんな漫画なのでしょうか? 早速過去を振り返ってみましょう。

『私が見た未来』は1994年から1998年まで雑誌『本当にあった怖い話』『恐怖体験』に掲載され、1999年に漫画化されました。

2011年3月に東日本大震災が起こると予測されて以来、急速に東日本大震災を予見していたという憶測が広まり、「予言できる漫画家」として名声を高めた。

フレディ・マーキュリーやダイアナ妃の創造を含む漫画の物語は、作者が実際に見た夢に基づいています。 正解率は90%にも達すると考えられています。

売り切れ続出の人気号だったので、Amazonでは一時50万円の商品もありました。

2021年1月には重版も刊行され、こちらも人気を博した。 復刻版では表紙が一新されただけでなく、著者のコメントも収録されている。 これが2025年に大災害が起こるという予測の説明です。

作者によると、マンガで描かれている津波は2011年に起こったものではないという。彼は22年間の沈黙を破り、マンガでは描かれなかった自分の夢と形成期の裏話を語った。

2025 年に起こる大災害の話はその一例です。 2025年、著者はどのような大災害を望んでいるでしょうか? 2011年の大惨事とは比べものにならないほど素晴らしい未来を描いています。

私 が 見 た 未来 ネタバレ

漫画家のたつき諒さんは、イラスト入りの夢日記をつける習慣を持っていたと言われています。

数年後、夢日記に記録した出来事が実際に起こり、彼自身も困惑した。

夢日記には、2025 年 7 月に起こった出来事に関するエントリが含まれています。

2025年7月にはどんな大地震が起こる?

たつき諒は夢の中でまさにその続きを見た。

  • 日本列島の南では、太平洋の水面が上昇します。
  • 日本とフィリピンの間で、海底が突然決裂(噴火)しました。
  • 海底では大波が四方八方に広がり、大津波が太平洋に接する国々に押し寄せた。
  • 津波の高さは東日本大震災の3倍と予測されている。
  • 香港、台湾、フィリピンは、地球の押されて膨らんだ結果としてつながっています。

2025年7月に起こる大災害は津波でしょうか? 震源地は何ですか?

私 が 見 た 未来 ネタバレ

進行中のプロジェクトについてTwitterで共有された写真のいくつかを詳しく見てみましょう。

たつき先生の夢は上のツイートの右の画像に描かれていました。

私がこの夢を見たのは2021年7月5日の午前4時18分でした。

画像の下部の注釈によると、ボコンは南海トラフの南側にあるフィリピン海ですが、上の画像には表示されていません。

この夢の中で津波を引き起こしているのは、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの間の緊張である可能性があります。

おそらく西日本南部が津波の震源地となるだろう。

九州、四国、東海地方、さらには関東地方まで幅広い地域が予報対象となります。

津波のメカニズムは次のとおりです。

津波は、プレートが別のプレートの下に沈み込む際に、長期間にわたって蓄積してきたエネルギーを突然放出することで発生します。

最初のツイートの右側の画像では分かりにくいかもしれませんが、以下のような注意書きも含まれています。

「土地がつながっているというか、歩いて渡れるようで、泥を押しのけられるような感じがします。」

報道によれば、これは「日本の西側と中国本土(韓国を含む)が陸続きになる」ことを意味しているのかもしれない。

また、「波自体はまっすぐで美しいですが、波が陸地に当たるとデコボコになります。」

これは、波が非常に大きいため、着地後も速度を維持し、直線距離を進み続けることを意味するのでしょうか?

「日本列島の太平洋側の3分の1から4分の1が大津波に飲み込まれた」ということわざがあります。

あまりにも当たり前の表現なので、九州から東海地方の太平洋側の人は注意が必要かもしれません。

別の慣用句によると、2 頭のドラゴンが震源地に向かって移動しています。

この点に関しては、次のツイート画像の方が理解しやすいようです。

2025年7月に起こる津波の原因はドラゴン?

2025年7月に起こる津波の原因はドラゴン?

作品の見開き2ページを利用して、上記ツイートの右側に画像を掲載しました。

太平洋上で 2 つの巨大な物体が赤十字に向かって移動しているのが見えるかもしれません。

伝説によれば、これは夢に現れた「二匹の龍」だという。

強力な自然エネルギーのように見えますが、その正体は不明です。

津波の後はどんな未来が待っているのでしょうか?

たとえ私たちがなんとか生き残ったとしても、津波の後、地球はどうなるでしょうか? 日本の状況が非常に悪いため、私たちは避難所で生活しなければならない可能性があります。 憂鬱に感じたり、暗い未来を想像したりするのは簡単です。

1 つは、著者が津波後の世界は素晴らしい場所になると驚くべき予測をしていることです。 考えられないことですが、そうなのかなと思います。

著者は、大惨事が起きた後の地球の様子を想像することはできないにもかかわらず、地球上の誰もが豊かな状況と充実した活動的な生活を享受できる時代を思い描くことはできる、と主張しています。

想像するのは難しいですが、心の平静が幸福の鍵であると信じられ、人々が手を貸し合い、隣人同士が助け合う社会が発展すると予言されています。

これは、誰もが心の霊的な成長と魂の変化を経験し、世界が団結して歩みを再開することを意味しているのでしょうか? 本当に想像するのに苦労します。 私は確かにそう願っていますが、あなたはどうですか?

2011 年の津波予測は何でしたか?

この漫画の作者は、2011年3月に起きた東日本大震災の話ではないと述べているが、大規模な津波に襲われる夢を見て悲劇に見舞われた。

原因はいくつかあるようだが、まず夢の中で作者が半袖を着ていたことと、東日本大震災が冬に起きたことから服装が季節にそぐわないことである。

夢の中の巨大地震は東日本大震災をはるかに上回る規模だったという。 2025年7月に起こる大惨事は、夢の中での津波の出現によって予言されていたのかもしれません。

東日本大震災は当初、1999年に発生した災害の縮小版として計画されていたようで、本災害は2011年3月に起こる予定だった。

この本の締め切りは 2011 年 3 月で、著者はその日付に注目し、それが重要であると本能的に信じて、急いで本の表紙にそれを追加したようです。

この物語の作者は 2011 年と 2025 年の両方に悲劇を予見していましたが、彼が 2 つの異なる夢を見ていたと主張するのは適切でしょうか?

たつき諒の夢は未来の同じ日、同じ月に起こるのか?

たつき諒の夢は、未来の同じ月の同じ日に頻繁に起こるようです。

以下は、物語の中で強調されている重要な予知夢です。

  • 私は9月14日の叔父の埋葬に立ち会いました。
  • (11月28日):フレディ・マーキュリーが死去。
  • 8月31日にダイアナ妃が逝去。
    ※この作品には他にも数多くの言及があります。

まず、夢を見た後は数年から十数年が経過します。

すると、私が夢の中で目撃した出来事が、夢の中で描かれた日付と同じ日に起こったように見えました。

「2025年7月」という重要な夢はどうでしょうか?

これを参考に「2021年7月5日午前4時18分に見た夢」とあります。

7月5日という日付は明らかですが、時間が正しいかどうかはわかりません。

その結果、2025年7月5日に津波が起こる可能性があるという話が広まり始めた。

フレディはさまざまな夢を見ているようですが、彼に関する悪夢に関しては数日のギャップがある可能性があります。

そのため、2025 年 7 月 5 日頃は警戒することが賢明かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *