相棒 7 話 キャスト: ゲスト出演者

相棒 7 話 キャスト

ドラマ『相棒 Season22』第7話は、11月29日(水)よる9時よりテレビ朝日系にて放送された。『相棒 Season22』第7話のあらすじを紹介するとともに、今回は『相棒 7 話 キャスト』についてご紹介していきたいと思います。

『相棒 Season22』第7話あらすじ

『相棒 Season22』第7話あらすじ

警視庁「特命係」の刑事・杉下右京(水谷豊)が、鋭い頭脳を駆使し、友人と協力して次々と起こる難事件を解決していく刑事ドラマ『相棒』。

2000年のパートナー設立以来、亀山薫(寺脇康文)、神戸崇(及川光博)、甲斐享(成宮寛貴)、冠城亘(反町隆史)がパートナーとして結成されている。 元相棒のカオルとは『シーズン7』以来、『シーズン21』で“コンビ復活”を果たし、今季は2度目の再会となる。

2023年10月18日(水)、再結成2年目を迎えるにあたり、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)の“伝説コンビ”が新たな挑戦を始める『Season22』が放送される。 。

11月29日水曜日21:00から放送される第7話は、謎の状況下での復帰を宣言した偉大なロックアーティストの死を中心に展開する。 右京と薫は捜査を進めると、関係者全員に動機があり、アリバイがないことが判明する。

本当に誰がロックスターを殺したの? 特命係が明かす憎しみと愛の舞台裏。

4人組ロックバンド、ディープクルーが再加入することになったが、ボーカルの矢崎(金子昇)が路地裏で死体となって発見される。

当局は、この傷害は酒に酔った者同士の口論によって引き起こされたものと考えており、捜査を開始している。 矢崎の妻は元アイドルで時折テレビにも出演するタレントだが、2年の別居を経て離婚していることが知られている。

その様子に興味を持った右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は事務所に立ち寄る。 マネージャー、事務所の社長、バンドメンバーの話を聞いてください。

誰もが信頼できる説明を欠いているだけでなく、いくつかの不安な話を聞きます。 矢崎はうぬぼれ屋で、22年前に一度別れ、再び一緒になることを自分で選んだようだ。

彼とメンバーは最近、練習に関して意見が対立している。 さらに、当時矢崎と恋愛関係にあった女性メンバーもいる。 それにもかかわらず、彼女は物事を円満に終わらせたようで、彼の顔には最近あざができたようです。

さらに、矢崎容疑者は事務所社長から多額の金を借り、メンバーが過去に作った曲をコピーした疑いもある。 言い換えれば、関係者全員が殺人を犯した理由は同じだったということだ。

相棒 7 話 キャスト

相棒 7 話 キャスト

  • 水谷豊 – 杉下右京役
  • 寺脇康文 – 亀山薫役
  • 森口瑤子 – 小出茉梨役
  • 鈴木砂羽 – 亀山美和子役
  • 川原和久 – 伊丹憲一役
  • 山中崇史 – 芹沢慶二役
  • 篠原ゆき子 – 出雲麗音役
  • 山西惇 – 角田六郎役
  • 田中隆三 – 益子桑栄役
  • 神保悟志 – 大河内春樹役
  • 小野了 – 中園照生役
  • 片桐竜次 – 内村完爾役
  • 杉本哲太 – 衣笠藤治役
  • 仲間由紀恵 – 社美彌子役
  • 石坂浩二 – 甲斐峯秋役
  • 栗山千明 – 上原阿佐子役
  • 浅利陽介 – 青木年男役

ゲスト出演者

ここからは『青春の光と影』第7話の主要人物を紹介していきたいと思います。

金子昇

金子昇

ディープ・クルーのボーカル・矢崎浩介を金子昇が演じる。

グループの中心人物であり、自己中心的ながらもロックスターのようなカリスマ性と才能を持っていた。 彼の人間性が原因で、周囲の人々と多くの問題を抱えていました。 ダウンタウンの路地裏で、彼が死体で発見される。

金子昇さんの『相棒』デビュー作です。 相棒であることが彼の望んだ役割だったようだ。 今回はロックスターとしての役に本当に夢中になりました。 彼はいくつかのシーケンスでも歌っています。

残念ながら、ほとんどのエピソードが回想なので、右京さんや亀山くんとの絡みはありません(死体はありますが)。 そのパターンの主要ゲストも同様に珍しい。

前述の通り、今回のメインゲストは金子昇氏。

バンドメンバーの一人、佐光龍吾役を川野直樹が演じる。 もう一人のバンドメンバーとして安本早苗を細野京子が演じる。 もう一人のバンドメンバー、林田耕司役を江頭優也が演じる。 金子昇のほかゲストとして、バンドのマネージャー・沢村花音役を木村葉月が演じる。

細野京子は別の役で2度目の出演(前回S11-5)、川野直樹は別の役で3度目の出演(前回S10-2、S14-18&19)となる。

伝説のロックバンド

伝説のロックバンド

特定のロックバンドの歌手の死がこの事件の発端となった。

「DEEP CREW」は有名なバンドの名前です。

メンバー全員が高校の同級生というロックミュージシャンの4人組。 デビュー後、急速に人気を博したバンドですが、わずか2年で解散してしまいました。 あれは22年前のことだった。

急速に名声を博したにも関わらずすぐに解散し、「日本のロック史に残る伝説のバンド」として記憶されている。

右京さん、亀山くん、伊丹さんは知らなかったようですが、芹沢さんと出雲麗音は気づいていました。

以前ロックグループが『相棒』に出演していたという噂がある。 シーズン6の第6話「この音を」では、バンド「Dee Providence」が物語の中で重要な役割を果たしている。 当時でも歌手は亡くなった人だった。

なお、S8第4話「Murder of Illusions」ではバンド「LUNA CRISIS」がチラリと登場する。

これらはすべてかなり前のことなので、バンドがこのようなものをリリースするのは久しぶりです。

バンド「ディープ・クルー」は一度解散していたが、22年ぶりに再結成することになった。 ボーカルの矢崎が他のメンバーに声をかけたのが再会のきっかけだった。

新曲は「Helpless」。 さらに2曲目「Rainbow Colors」が復活し、3曲目「メメント・モリ ~死を想う~」も収録されている。

ライブチケットとシングルCDリリースはすでにソールドアウトとなっている。

有名ロックバンドのカムバックにファンは興奮しており、大きな話題となっている。

しかし、そうです。

バンドは再開する予定だったが、フロントマンの矢崎がダウンタウンの路地裏で死体となって発見された。

飲み屋が立ち並ぶ路地裏ということもあり、酒に酔った者同士の喧嘩が事件の発端となった可能性があるとみられているが、この事件に興味を持った特別捜査官は独自に捜査を開始した。

その後、故ロックスター矢崎がうぬぼれ屋で、多くの人々と問題を抱えていたことが判明する。

ロックスターの光と影

バンドのボーカルである矢崎はバンドの主要メンバーを務めた。

矢崎は天才的なボーカリストとしてだけでなく、注目を集める人気歌手だった。

矢崎は、自分抜きで他の3人によって結成されたバンドに加入したと伝えられているが、「ディープ・クルー」の名声の流星的な上昇に彼の存在が重要な役割を果たしたことは否定できない。

矢崎さんは歌の上手な方でしたが、自己中心的な印象もありました。

実際のところ、矢崎はバンドの解散を中止し、再結成するという選択をした。

しかし、グループが再集結した後、演奏に手を抜かない矢崎は練習中にドラムのサモと喧嘩してしまう。

さらに、矢崎はソロデビュー後、ギタリストの林田が作った曲を盗むという盗作を犯していた。

唯一の女性メンバーであるベースの安本はバンド時代に矢崎と交際していたが、自ら破局したのではないかとの噂もある。 彼女の顔にも、たった今起こったようなあざがありました。

彼らは高校の同級生だったので、彼らの絆には独特のものがあると思います。 しかし、おそらく矢崎の「ディープ・クルー」の仲間たちは彼にあまり興奮していなかったのだろう。

矢崎氏はディープクルーのメンバーだけでなくマネージャーに対してもパワーハラスメントとも受け取られるような扱いをしていたようで、彼らも気に入らなかったようだ。

さらに、矢崎が所属事務所の社長から5000万円もの多額の借金をしていたとも報じられている。

また、矢崎は元アイドルと結婚しており、現在もタレントとしてテレビに稀に出演している。 しかし、夫婦の関係は悪化しているようだった。 結局のところ、彼らは2年間別居していて、離婚についてさえ話し合っていたのです。

伝説のバンドのリードシンガーとして矢崎は艶やかなイメージを与えるが、人間関係に問題を抱えた自己中心的なロックスターの顔も持っていたことは明らかだ。

彼が死んだら、彼と不仲になった人は誰も責められないでしょう。 言い換えれば、動機もアリバイもないので、全員が矢崎殺害の疑いをかけられているということだ。

犯人特定には矢崎の驚くべき秘密があった。

秘密工作員が真実を発見したことで、これまで認識されてきた矢崎の人物像は反転し、その悲劇的な現実も公にされる。

彼の「ディープクルー」、つまり彼の親友は最終的に彼の人生で最も重要な人々であったため、矢崎は最終的に自分のすべてのエネルギーを彼らに捧げようとしていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *