生 者 の 行進 ネタバレ: 1 ~ 3巻

生 者 の 行進 ネタバレ

ホラーサスペンス漫画『生者の行進』は、幽霊が見える能力を持つ高校生の主人公が、ある悲劇をきっかけに凄惨な状況に巻き込まれていく。

ここからはあらすじと「生 者 の 行進 ネタバレ」について解説していきます。

『生者の行進』あらすじ

『生者の行進』あらすじ

主人公の吉川哲也は交通事故で弟を亡くし、その影響で幽霊が見えるようになる。

ある日、バイト先のコンビニで女子高生が悪霊に取り憑かれているのを目撃したことで、彼女の人生は一変する。

ナギは、悪魔に支配されていた高校生が殺害されたことを知る。 高校生の娘の死に悪霊が関係しているのではないかと彼女の目は恐怖に震えた。

彼は恋人の幼馴染である高岡まどかを救うために悪霊と戦うことを選択する。 彼はまどかが悪霊に取り憑かれているのを目撃する。

生 者 の 行進 ネタバレ

1巻あらすじ

生 者 の 行進 ネタバレ

弟を亡くした高校生の吉川寧は幽霊が見える能力を持った。

ある日、コンビニでアルバイトをしていた彼女は、客として入ってきた女子高生に今まで見たこともないほど忌まわしい霊が取り憑いているのを目撃する。

翌日、女子高生刺殺事件を知る。 さらに、女子高生の幼馴染である高岡まどかにも同じ幽霊が取り憑いていた。 幽霊が彼女の死をカウントダウンしている中、まどかの余命は6日であることが判明する。

捜査官・東雲アキと協力するうちに、まどかは精神状態を悪化させてしまう。 そこでナイは恐るべき除霊師・神原省吾に除霊を依頼する。

2巻あらすじ

生 者 の 行進 ネタバレ

寧は省吾の能力を使い、まどかに取り憑いた幽霊を追い出すことに成功する。 しかし省吾は、凪が実は弟の霊に取り憑かれた自分自身の生き霊であることを告げる。

まどかは東雲の勧めで一夜を過ごすことに同意する。 しかし、まどかがうなずくと、奇妙な幽霊に襲われます。

翌日、別の女性の遺体が発見された。 被害者はまどかの兄である甲児の妹であることが判明。 コウジからの連絡を受けた凪は、もう一度まどかを守ることを選択する。

その間、まどかは再び幽霊に襲われますが、ナギが間一髪で彼女を救います。

事態が進む中、康司は友人の鮫島瞬に問い詰め、彼が連続殺人事件の犯人であることを知る。

3巻 – 最終回ネタバレ

生 者 の 行進 ネタバレ

まどかの携帯にメールが届いた

難を逃れて眠りについたまどかとナオミのもとを、祓魔師の省吾が訪ねると、すぐに人に似た悪魔を追い出す。

一方、まどかの携帯電話に公園へのメールが届き、そこには投獄されている兄の写真が含まれていた。

その後、鮫島はまどかの携帯電話に電話し、15分後に公園でなぎじと会うように要求する。

省吾は問題を広めるために東雲に行き、まどかとネギは兄を助けるために公園に行きます。

弟の霊的指導の本当の意味

公園に行くと、鮫島が渚を襲い、即失神させ、まどかを拉致してしまう。 まどかは鮫島の運転を止めようと懸命に努力するも、間違った場所で渓谷に転落してしまう。

目覚めた凪はまどかを捜す。 彼女は目的もなく移動していたところ、自分が歩いている道が以前案内されていた崖のふもとに通じていることに気づきました。

彼女は、トモキの事前のアドバイスが、自分の車の事故やその他のことではなく、まどかに与えられたものであることを理解しています。 彼女は車が落ちたガードレールに到達したとき、谷の高さに入った。

最後の賭け

東雲とその部下の笹塚、省吾が呼び出された公園に着くと、そこには誰もいなかった。 一方、妹の霊と会話する東雲を目撃した省吾は、東雲を疑い始め、凪の本当の才能を知る。

その後、東雲から被害者の詳細を聞き出し、省吾はその能力を使って鮫島が殺した人物を呼び戻した。

そして、彼らは霊に導いてもらい、鮫島に近づくことを決意する。 ナギの可能性に気づいた省吾の最後のリスクは、この一歩を踏み出すことでした。

鮫島との一騎打ち

ナギは渓谷のふもとで大破した車を発見する。 彼女は山全体を調査しましたが、中には誰もいませんでした。 鮫島が殺した女性たちの霊が練り歩くのを目撃した彼女は、省吾が霊を解放したことを知る。

その後、彼らは霊の導きに従って鮫島に行き、そこでまどかを襲撃しようとしています。

凪は鮫島に出会ったが、年上の元ラグビー部員には敵わないと知り、戦うことを余儀なくされる。

そこで渚は鮫島に自分の霊について語り、かつてトモキに言われた言葉を思い出す。 その後、鮫島は自分が殺したはずの女性の幽霊を知覚し始め、その幽霊が彼を攻撃する。

その後、鮫島は精神に異常をきたし、東雲が駆けつけて逮捕した。

2年半後

鮫島逮捕から2年半が経った高校卒業式の翌日、渚はまどかをトモキの墓参に誘う。 しかし、まどかは鮫島への攻撃にショックを受け、男性不信になってしまう。

まどかと幼なじみのナイは、男性恐怖症を共有しており、少しでも触れられると体が拒否してしまうほど。

そんなまどかの姿を見たナギは、生涯の友人でありたいと決意し、徐々にまどかの改善を手助けすると約束する。 トモキの墓を訪れた二人は、幸せそうに自分達を見守ってくれているトモキに出会う。

『生者の行進』のみどころ

単なる恐怖ではありません! 骨の髄まで凍りつく驚異のサスペンス。

サスペンスとホラーを巧みに融合させたストーリーがこの作品の見所です!

幽霊に取り憑かれた高校生の殺人事件をきっかけに、ナギは謎めいた事件に巻き込まれていく。 最初は幽霊の仕業だと思われていたが、小説の中盤で人間のエゴと闇が悲劇に関与していることがすぐに明らかになる。

裏切り者が彼が想像していた人物ではなかったという事実も、この物語の興味深い側面です。 この作品は「死んだ人の怖さ」と「生きている人の怖さ」を同時に描いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *