暁 の ヨナ ネタバレ スウォン

暁 の ヨナ ネタバレ スウォン

「暁のヨナ」に登場するスウォンは、ヨナに想いを寄せる幼なじみとして登場するキャラクターです。 スウォンはイル王を暗殺し、暁のヨナの開始時に次の王になります。 間違いなくスウォンと素晴らしい関係にあったにもかかわらず、スウォンがそのようなことをした動機は何だったのでしょうか? 考えておく。

暁 の ヨナ ネタバレ スウォン」について詳しくは、以下をお読みください。

暁のヨナの概要

『暁のヨナ』は草凪みずほさんによる漫画で、2009年から花とゆめで連載され、2020年2月に刊行予定です。2019年8月現在、30巻まで刊行されている古代アジアをテーマにしたファンタジー作品です。

2014年10月から2015年3月までアニメが放送され、2016年3月には舞台化されるほど好評だった。原作者の草凪みずほさんは、「闇の末裔」で知られる松下洋子さんのアシスタントを務めていた。

暁のヨナの概要

暁のヨナのあらすじ

主人公は高華王国の王女ヨナ。 ヨナは巻き毛の赤い髪を持つ16歳の少女で、父親のいとこで2歳年上のスウォンに恋をしています。

ヨナの18歳のボディガード、ハク、ヨナ、スウォンの3人は幼なじみとして育ち、ヨナの16歳の誕生日の夜、すでに亡くなったヨナの父、イル王と出会うまで静かな生活を楽しんでいた。 。 彼はスウォンが血の飛び散った刃物を持っていることに気づきました。

ヨナも殺害の脅迫を受けるが、ハクとともに逃亡する。 当面はハクの故郷に避難し、その後、自分の存在が土地に悪影響を与えることを恐れて城を追放された神官を探す旅に出る。

無事神官を見つけ、神託を受けたヨナとハクは、“四龍の戦士”を探す旅に出ることに。

暁 の ヨナ ネタバレ スウォンのプロフィール

「暁のヨナ」に登場するスウォンは、イル王の兄ユホンの息子です。 彼はイル王の甥であり、主人公ヨナのいとこです。

身長185cm、体重70kg、下で結んだ金色の長い髪と王族の象徴である紫色の瞳を持っています。

彼はよく微笑み、穏やかな性格を持つ優しい青年のように見えますが、高い知性と穏やかな目をしています。

ヨナを妹、ハクを兄、ハクの父ムンドゥクを師匠と慕うスウォンは、イル王を捕らえた後もヨナやハクを追わず逃亡した。

ヨナに会うと、彼女をコートの下に隠すなど奇妙なことをする。 スウォンがハクに「ヨナを守ってほしい」と頼んだことから分かるように、動機は不明である。

暁 の ヨナ ネタバレ スウォンのプロフィール

スウォンとヨナの関係

前述したように、スウォンとヨナはいとこであり、幼なじみです。 「暁のヨナ」の冒頭でヨナはスウォンに恋心を抱いており、16歳の誕生日にプレゼントされたヘアピンをいつも持ち歩いていた。

スウォンがヨナを妹のように思っている描写もありますが、彼女がヨナと同じように彼を愛していたかどうかは不明です。

イル王殺害現場を発見した際にはヨナと戦うが本気度はなく、ハクと共に逃げるヨナを追わず、彼を慕っている姿勢を示している。 あなたの言っていることはわかります。

スウォンがイル王の命を奪った理由

2020年2月現在、『暁のヨナ』でスウォンの口から出た言葉は「ユホンの敵を討つ」という言葉だけであり、スウォンがイル王の命を奪った本当の理由は不明である。

しかし、スウォンの目的を考えれば、ゴカ王国を再建して再び強い国にすることが最大の目的ではないでしょうか。 それは予測できますね。

イル王がどのような考えで自国の領土を他国に割譲する政治を行ったのかは不明ですが、そのせいで貧困に飢える村民や悪政に屈する港が発生し、国の満足度は劣悪な状況に陥った可能性があります。 高いとは言われない。 スウォンはそれが許せなかったのだろう。

イル王の娘ヨナはスウォンに恋心を抱いており、将来は結婚したいと考えていたが、イル王はスウォンを認めず、ヨナとスウォンの結婚に反対した。

このことから、『暁のヨナ』では描かれていないが、イル王とスウォンの考えが異なり、イル王とスウォンが水面下で対立していた可能性が浮上する。

もしイル王がヨナとスウォンの結婚に反対していなかったら、イル王は殺されなかったかもしれない。 しかし、反対の理由がスウォンの政治が許せないということであれば、高花国の存亡を憂うスウォンがイル王殺害を企てるのも当然ではないでしょうか。

スウォンの目的

ここまで『暁のヨナ』のあらすじなどとスウォンのプロフィールをご紹介してきました。 ここからはスウォンがイル王を倒す目的について考察していきます!

①ユホンおじさんの復讐

まず考えられるのは、ユホンの復讐の目的はそこではないでしょうか? それがポイントです。 ユホンはイル王の兄であり、主人公ヨナの叔父であり、スウォンの父親です。 ユホンとイル王の父である先王ジュナムは、剣の達人である長男ユホンではなく、弟のイル王を次期王に選ぶ。

「暁のヨナ」の物語開始時点でユホンはすでに亡くなっていますが、スウォンによるとユホンはイル王に殺されたそうです。 父ユホンを尊敬していたスウォンはこの事実を知り、仇を討つためにイル王を殺したともヨナに告げた。

② 甲賀を強国にする

二つ目の考察は、高華王国を強国にすることが目的だったということです。 イル王の時代から、領土を他国に割譲するなどの弱腰政策により、国は衰退し始めた。

高華王国には空、風、火、地、水の五つの部族があり、現在は風の部族が王として国を治めています。

しかし、五部族が分裂し、王家を転覆させようとする火の部族により、国は危険な状況にあった。

スウォンは高華国の行く末を心配して自ら王となり、国の滅亡を防いだのではないでしょうか? と考えられます。

実際、イル王の治世中には悪政により荒廃した村や港があったが、スウォンが王位に就いてからは状況は改善されたようだ。

スウォンはヨナを愛し、婚約するのでしょうか? スウォンと飛龍王の意外な関係が明らかに! ?

スウォンはヨナを愛し、婚約するのでしょうか? スウォンと飛龍王の意外な関係が明らかに! ?

スウォンとヨナが婚約! ? 物語の舞台は再び飛龍城!

四龍を従える赤髪の少女の噂が広がり、人々は飛龍王と四龍の帰還に歓喜する。

その影響力は隣国にも及び、超人的な力を持つ四龍は国内外から狙われている。

高華でも無視できなくなったヨナたちに参謀・ケイシュクは同盟を持ちかけ、ヨナは仲間の命を守るためそれを受け入れる。

かつて父を殺され城を追われたヨナだったが、今度は人々に歓迎され、飛龍城に華々しく帰還する。

そして四龍のお披露目でヨナの席は王妃の席であるスウォン陛下の隣に。

スウォンとヨナがその気がなくても、その席に座る意味は明らかだ。

ヨナはテーブルに座らされ、ケイシュク将軍の思惑通り、高賀の人々が婚約したと誤解し、二人を祝福する。

飛龍王と四龍に対する嫌悪感

スウォンに必要なのは人の力であり、四龍はいらない、と言い放つ。

奇跡や神の力に頼らない教義だと思っていましたが、もしかしたら違う側面があるのかもしれません。

冷静に考えれば、ケイシュク将軍と同じく伝説の四龍を従えたヨナ姫が妻になれば、民の求心力はさらに高まり、四龍の力は大いに役立つだろう。 戦闘中。

スウォンは実際に戦場で四龍の強大な力を目の当たりにしており、その有用性を認めながらもその力を頑なに避けるのはスウォンらしくないと思います。

つまり、飛龍王と四龍の伝説に対する全くの無関心は、強い否定的な反応と言えるでしょう。

これは、ヨナの父であるイル王がヒドラゴン王の伝説に熱中していたことと関係があるのかもしれません。

もう一つ気になるのは、スウォンが伝説の飛龍王にそっくりだということだ。

赤い髪を除けば、作中で最も飛龍王に似ており、黄龍ゼノがスウォンに会ったとき、彼を真剣に見つめずにはいられませんでした。

スウォンと飛龍王にはどのような関係があるのでしょうか?

明らかになる悲劇の舞台裏

ヨナは偶然オフィスでスウォンの母親の手帳を見つけ、スウォンと両親の過去を知る。

スウォンの母ヨニの家は飛龍王の子孫。

スウォンの父ユホンは血筋に関係なくヨンヒを気に入り、出自を秘密にしたまま妻として迎え入れる。

しかし、飛龍王の血筋であることは神官たちからの弾圧など、様々な悲劇を生むことになる。

ヨナはヨニのメモを読み、母親の死の真相を知る。

表向きは山賊に襲われたという母親の死は、実はユホンの仕業だった。

彼女への憎しみから、イルは彼女の剣を掴み、ユホンを殺しました。

ユホンの死は崖からの転落事故と断定されたが、スウォンは父親の墓を暴き真実を知る。

スウォンはまだ9歳だが、感情に任せて復讐するのではなく、冷静に物事を見て、イル王が国を守れる人物かどうかを見極める時間が必要だと言う。

もしイル王が王としてふさわしくないとして非難されたとしても、もちろんヨナを放っておくわけにはいかないでしょう。

スウォンは個人的な感情を邪魔せず、目的のためには可能な限り冷酷でもあります。

「神は必要ない。すべて自分で解決する。」

大人に匹敵する冷静さとクールさは、現在のスウォンとの計り知れないつながりを感じます。

スウォンが不治の病で死亡? 緋色の病気とは何ですか? ?

ヨンヒの手記により、スウォンの正体は代々受け継がれる飛龍王の子孫であることが判明する。

飛龍王の血筋は「緋病」と呼ばれる不治の病と短命であり、 彼は特別な能力を持たない普通の人間です。

常に自分に続く飛龍王の血筋に翻弄されて両親を亡くしたスウォンは、飛龍王をこの世で一番不要な人間だと思っている。

ついにはスウォン自身も「緋の病」を患ってしまう。

スウォンが妻との結婚をためらうのは、自分の血筋を残したくないという彼女の願望によるものかもしれない。

以前、後継者は自分の息子である必要はなく、その子が王にふさわしいとは限らないので、王になれる才能を持った者を見つけた方が早い、と語っていた。

もし彼が自分の短い人生をずっと前から覚悟していたのなら、それは悲しいことだろう。

スウォンにはまだやるべきことがたくさんあるし、何よりも生きていてほしいです。

何とか緋病に対処する方法を見つけられることを願っています。

まとめ

どう思いました。

『暁のヨナ』の中で最も謎に満ちたキャラクターだったスウォンだが、その真相が明らかになった。

スウォンは本当にいろんな面を持っていて、それがとても魅力的なキャラクターだと思います。

掴みどころがなくて、それでいて冷酷で、時折見せる人間味がとても印象的です。

ストーリーとしては、飛龍王の血を引く王(スウォン)と王女(ヨナ)の出会いがどんな意味を持つのか、今後の展開が楽しみです。 長い時を経て魂が生まれ変わる。

『暁のヨナ』の謎多きスウォンについて徹底解説しました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *