帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

『王の娘、ス・ベクヒャン』は、百済の武寧王の娘、ス・ベクヒャンの生涯を描いた韓国語の歴史ドラマです。 2013年9月30日から2014年3月14日までMBCテレビで月曜日と金曜日の20時55分(KST)に放送されました。 このシリーズは 120 話になる予定でしたが、2014 年 3 月 4 日に 108 話に減りました。ただし、この記事でTruyenhayjp.comは 帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話の内容に焦点を当てたいと考えています。

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

ソルナンは王妃の館を出て、意識を失うまで宮殿の敷地内を歩き回ります。 サド・ビムーンは彼女を引きずって納屋に閉じ込める。 彼はソルナンのジャーキーバッグが地面に落ちていることに気づきませんでした。

女王の誕生日の晩餐会では、お祭り騒ぎが続きます。 皇太子、国王、王妃が壇上に着席。 ソルヒが到着し、女王は母親をSBHに紹介する。 クイーンの母親は、彼らはお互いを知っていると言います。 クイーンは、それについては後で話すと言いました。 ソルヒは皆に飲み物を注ぐと申し出ます。

ソルヒが飲み物を注いでいる間、王妃はメイドにソルナンがどこにいるかを尋ねます。 それを聞いた世子とソルヒは会話を盗み聞きします。

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

  • 王妃:ソルナンはどこかに行ったの?
  • メイド: 見えません。
  • 女王: 冷たくても冷たくなくても、あなたは彼女にとても厳しかったです。
  • メイド: 捕まるのではないかと心配していました。
  • 女王: 咳が止まらなくて、外は寒いんです。
  • ミョンノン:忘れるところでした。 陛下の誕生日は冬なので、松葉が必要です。 女王陛下の健康と幸福を守る常緑樹。 SBHさん、持ってきましたか?
  • ソルヒ:いいえ、しませんでした。
  • ミョンノン:その場合はそうしなければなりません。 すみません、すぐに戻ります。
  • 女王: 外は寒いですよ、そんな必要はありませんよ。 気にしないでください。
  • キング(皇太子に):いいえ、どうぞ。

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

外では世子とカンボクが常緑樹を摘んでいます。

  • ミョンノン: でも、彼女は病気なんです。 彼女はどこへ行くのでしょうか?
  • ガンボク:殿下、ソルナンのことですか?
  • ミョンノン:はい。
  • カンボク:殿下がご心配でしたら、調べさせていただきます。
  • ミョンノン: 私が心配しているように見えますか? 風邪(ソルナンの病気を指す)は私は気にしませんが、あの子(ソルナンの病気を指します)は私のものを持っています。 それが心配です。 彼女はこっちに来るはずだった。 彼女は近くにいるはずです。

世子はソルナンのビーフジャーキーの袋を見る。 納屋ではソルナンはまだ意識を失っている。 彼女はソルヒとの時間を夢見ています。 自らも皇太子に「私が死んでも妹を忘れないでね」と告げる。 皇太子は彼女に「あなたは私のものです。 私の許可なしに、あなたは私の側を離れてはならず、いかなる危害も受けてはなりません。」

世子とガンボクはソルナンを探し始める。 皇太子はカンボクに何が起こっているのか誰にも言わないようにと言いました。 皇太子は砂の上に引きずられた跡を見つけ、それを追ってソルナンが閉じ込められている納屋へ向かう。 彼はノックして声をかけます。

ソルナンさんはまだ意識を失っているが、世子の声を聞いたに違いない。 ソルナンはクチョン・アボジとの時間を思い出す。

  • ソルナン: 聞いてください、お父さん。 どこに行っても「お父さん」と呼ぶと、そこにはあなたがいます。 今夜のように。 「お父さん」、そしてあなたは来ました。 あなたは史上最高のお父さんです。

皇太子が鍵を壊すと、ソルナンが床で意識を失っているのが見えた。 彼は彼女のところに行き、彼女を腕に抱きしめます。 ソルナンは半分目が覚め、半分意識を失った状態でクチョン・アボジを見る。 この写真には、ソルナンの肩に手を置く皇太子のショットが散りばめられている。 ソルナンの今の状態では、口のきけないクチョンは話せる。

晩餐会でソルヒは優雅な踊りを披露します。 ヨン首相は以前ソルヒと交わした会話を思い出し、ソルヒはネスクがいなければヨン首相の人生はより良くなるだろうとほのめかした。

現代に戻り、佐渡が宴会場の前を通りかかる。 彼がソルナンの飲み物にソルヒが与えた薬を混ぜていないことがわかりました。

  • サド(独り言):殿下、彼女を百済から追い出します。 しかし、彼女の思い出を消すことはできません。 私を許して。 (ああ、ついに良心ができたのか、佐渡?)

納屋に戻ったソルナンはついに完全に目覚め、皇太子を認識します。 世子はソルナンにどうしたのかと尋ねる。 彼女は風邪を引いていると説明する。

  • ソルナン:心配していましたか?

皇太子は彼女の肩にあった手を外す。

  • ミョンノン: 心配ですか? 特にあなたではありません…。
  • ソルナン:はい、分かりました。 百済の家臣のことを心配していただけだ。
  • ミョンノン:その通りです。

ソルナンは王女が舞踏会を踊る姿を見たいがために、宴会に行こうと立ち上がろうとする。 皇太子はけいれんをしたふりをする。 ソルナンは足をマッサージし始める。 皇太子殿下、彼女の手をあなたの足に巻き込んでください!

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

  • ミョンノン: ここにいる間、ちょっとお話したいことがあります。 神武皇子から離れてください。 神武は狼です。 彼はただ美しいだけではありません。 彼は珍しい女の子が好きです。 だから自分自身に注意してください。 ある意味悲しいですね。 彼はワインと女性について不満をぶつけます。
  • ソルナン:そんなこと言わないで。 今では彼に申し訳ないと感じています。
  • ミョンノン:気分が悪い? どうして?
  • ソルナン: わかりますね。 私の愛人は、彼の父親が狩猟中にどのように殺されたかを私に話しました。 神武をこの世に一人残して。 彼がそんなに酒を飲むのも不思議ではない。 私は彼にもっと優しくなるつもりです。
  • ミョンノン:それはあなたが知らないことを示しています。 彼を憐れまないでください。 私のほうがひどいです。
  • ソルナン:失礼ですか?
  • ミョンノン:母に会ったことはありません。 私にとって彼女は唯一無二の母親です。 しかし、王はずっと前に彼女のことを忘れていました。 いいえ、彼は決して他の人、SBH の母親のことを忘れませんでした。 彼が真実の愛を知ってよかったです。 それでも、心にはぽっかり空いた空間が残っています。 母のことを考えるととても悲しいです。 だって、今では彼女はこの世から忘れ去られてしまったのですから。 休むことなく頑張りました。 王様がお母さんのことを忘れたように、私も王様が私のことを忘れてしまうのではないかと心配でした。 だから一日も休みませんでした。 小さい頃は「お母さん、勉強は疲れた。勉強は疲れた」と思っていました。 もうやめます。」 「お母さん、痛いんです。 アーチェリーには飽きた。」 一度だけ、ちょっとだけ弱音を吐けるように。 しかし、この巨大な宮殿では、文句を言う人は誰もいません。」

世子はソルナンが自分を求めて泣いていることに気づく。 彼は彼女の手を握り、涙をぬぐった。 彼は彼女にキスしようと身を乗り出しますが、カンボクが到着します。 気まずい!

彼らは皆、宴会に行くために納屋を出ます。

  • カンボク: 殿下、私には何もできませんが、少なくともあなたを見つけました。
  • 皇太子(怒って):ありがとう。 どうもありがとう!

可哀そうなカンボクは、自分が主人の怒りを買うために何を間違えたのか分かりません。 あはは!

ソルヒがダンスを終えようとしているとき、彼らはついにホールに到着します。 しかし、ソルナンは会場に入ることができなかった。

踊りの終わりにソルヒは、王の側近の一人が高句麗のウルミル将軍と交信していることを知ったと発表する。 彼女はその人物としてネソクを指名する。 女王の母親は意識を失います。

ソルヒを見るソルナン。

その他の注目すべき点:

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話の最後で、ブラットはネスクが高句麗のスパイである証拠を提示したようだ。 そして52話の予告ではネスクは刑務所にいるようです。 ブラットは敵と思われる人々を宮殿から追い出すために旅をしているようだ。

これは、いくつかの理由から、私たちの皇太子が次に彼女のリストに加わるのではないかと疑問にさせます。 (1) ネソクを除けば、が最も信頼しているのは世子である。 (2) ブラットは、ソルナンが高句麗のスパイだったという彼女の主張を皇太子が決して信じなかったことを知っている。 そして最も重要なことは、(3) ブラットは皇太子がソルナンに深い感情を抱いていることを知っています。

ブラットの悪行のせいで百済は近いうちに消滅するかもしれない。 おそらくこれがブラットが本当に望んでいることなのでしょうか? ブラットが百済の王女になれないなら、なぜソルナンは百済の王女になれないのでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *