帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 最終 回

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 最終 回

「皇帝の娘スベクヒャン」は三国時代の百済を舞台に、4人の男女の愛憎を描いたドラマチックな物語だ。 ここからは帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 最終 回を紹介していきます。

第25代武寧王の娘であった実在の人物をモデルにした長編時代劇で、秀白香(スベクヒャン)の名を与えられた王女の愛憎劇。

三国時代。 カヤの森で貧しいながらも幸せに暮らしていた姉妹たちは何者かに襲われ、両親を失った。

母は命を落とす前に長女ソルランに「あなたは百済王の娘で名前はスベクヒャンだ」と告げるが、その相手は妹だった。 ソルヒさんでした。

彼女は雪蘭を出て百済に到着し、そこでソルヒは姉の地位を引き継いで彼女の王女になりました。

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 最終 回: 父の敵

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 最終 回: 父の敵

ソルランはグチョンと再会し、故郷で一緒に暮らすことを申し出る。

クチョンは、百済の王がキムンにあげる猪を狩るために熊津城の裏山に来ると知り、復讐するために向かう。 剣を交え、クチョンが圧倒的に優勢だったが、「王は母親を殺さなかった」というソルランの言葉が頭をよぎり、剣を捨ててしまう。

クチョンはひざまずいて手紙を渡し、立ち去ります。

「スベクヒャンは王の娘ではありません。しかし、チェファの娘であることは間違いありません。どうか憐れんで命を助けてください。」

王の様子がおかしいことに気づいたスベクヒャンは、高句麗の将軍に、自分の名誉のために王をスパイし、生け捕りにする方法を教えてほしいと頼みます。

自由になるため、クチョンは高句麗のスパイとして最後の任務に向かうが、刺客に襲われる。

チェファを殺した犯人がジンムの差し向けた刺客であることに気づいた彼は、復讐のために複数の人物と戦うが、過労死してしまう。

ソルランは百済に戻り、王に宮中の事件を調査する役職に就いてほしいと願い出る。 交渉の邪魔をした者とクチョンを殺した者を捕まえて復讐するとソルヒに言いました。

悪人

悪人

王から手紙と肖像画を渡されたヘ・サピョンは、それが王女の育ての親であるチェファの夫クチョンであることに気づきました。

サピョンは元高句麗の間者だったクチョンの腕を買い取り、ペクガのもとへ送った。クチョンは決して嘘をつかない人で、手紙の内容は本当だと告げると、王はクチョンを捜すよう命じる。 本当のプリンセス。

ソルランはジンムに、チェファを長く利用できるので刺客を送ったことを知っていると告げる。 案の定、ジンムとヨンダランが送った刺客は金を渡されて逃げたため、ミョンノンとビムンが協力して捕らえた。

母親を殺した犯人は間違いなく彼女であることに気づいているが、その存在を隠しているため怒りを堪える。

王女はマックムを使って原告(民の訴えを王に伝える文書)を提出する場所に送り、また自分の裏切り者であるヘ・サピョンを罰するようにと言いました。 ペク・ガを裏で操っていた人物。 私は控訴した。

ソルヒたちに騙されたと悟ったソルランは、時間をかけて容赦なく王女を追い出すことを決意し、協力する者たちも順番に懲らしめると宣言する。

ソルランは誰が反乱を起こしたのか分からないが、王女の母を殺した犯人はジンムとヨンダラだったのでミョンノンに訴えるが証拠が足りないと言われる。

ソルランは王女も自分の目撃者であることに気づき、サピョンの側近が捕らえられたという噂を流し、チンムが送った刺客を王のもとに連れて行く。

姫は今が平佐平を廃位するチャンスだと考え、王の目の前で必ずそう宣言した。

釈明を命じられたソルランは、捕らえた者は盗賊やヘ・サピョンの私兵ではなく、チンムの使者だと告げる。

姫の母を殺した犯人が神武であることを証明し、佐平の無実を証明した。

(王は自分の息子を罰しなければならず、ソルランは義理の弟の有罪を証明した)。

だって、彼は私の本当の息子ですから…

だって、彼は私の本当の息子ですから…

武寧王はこれが自分の息子神武の仕業だと知り悲しみます。

チンムが自分がやっていないと言えば、王はそれを信じて押し通そうとするが、自分を先王の息子だと思って生きてきたチンムは、父親を殺したチンムを憎んでいる。 そして王になるために彼を放っておくのです。 私は恐れることなく主張しました。

ソルランは死刑に値すると思ったが、ジンムには接近禁止令が出され、王宮から追い出されてしまう。

クチョンを殺害したのは神武であり、二度と国王を騙さないように関係者を徹底的に捜査すべきだと主張するが、国王は神武のことを二度と持ち出すなと言った。

怒ったソルランはジンムに会いに行き、王室が裁かれなければジンムの友人たちを全員地獄に送ると宣言する。

ミョンノンとソルランは、自分たちと王女が崇仁文王の助けで金文との同盟を妨害したヨン・ダランを捜す計画を立てていたと話す。

当時、王女は神武を王にしようとしていたので、ミョンノンの功績を邪魔しようとした。 恋人から知らせを受けた王は王女に電話してこう宣言する、「いつまで騙すつもりだ?」 あなたはスベクヒャンではありません。」

最後の闘い

ソルランとビムンの訓練教官テウンが真実と嘘を混ぜ合わせて王女を王様の前に連れ出すと、ソルヒは冷静さを失い、行方不明のナウンは死んだと告げる。

王は王女を廃し百済を救った花、スベクヒャンと名付け、毎日300回自白するよう彼女に命じる。

王女の犯行が偽物であることを知っていたのは王とヘサピョン、ソルランだけだった。

トリムは、本物の王女を捜すよう命じられたヘ・サヘイから、王女の父親がクチョンであることを告げられる。

トリムは同時に現れたソルランの肩にあるスベクヒャンのタトゥーを思い出し、不可解な出来事からソルランがブヨンの姉である本物のスベクヒャンであることに気づく。 それが起こったのです。

ミョンノンを愛するソルランは、遠くから見ているだけで満足だと言って、王には報告しないでほしいと懇願する。

高句麗軍がトゥジャン城を攻撃した。 王はキムンに、戦いには行かずに砦を守るよう命じる。

ウルミル将軍が先鋒にいては勝ち目はないと考えたサヘイは、戦闘経験の少ない朝陽将軍をビムンで挑発して先陣を張らせるべきだと提案する。

ミョンノンは、王と国のために功績を認められる後継者となるため、陣頭指揮を任せてほしいと頼む。

ミョンノンの無事帰還を祈り続けるソルランのもとに、ミョンノンが高句麗軍を破って追撃しているという知らせが届く。

そんな中、チョヤン将軍に先鋒を奪われたウルミル将軍から手紙が届き、ソルヒは共闘を決意し、脱獄したヨンたちに毒を使ってミョンノンの居場所を探らせようと画策する。 そして高句麗に知らせる。 。

ソルヒはミョンノンの名誉が守られ、チンムを王にして自分が王妃になれると考えていた。

すべてを終わらせるために

ミョンノンが待ち伏せされて行方不明になったと報告が入る。 王は反対を押し切って戦場に行こうとするが、ミョンノンは敵を分散させるために退却するだけで無事帰還した。

ソルランはソルヒの手が黒く汚れていることに気づき、彼女が誰かと手紙のやり取りをしているに違いないと気づき、迷惑を避けるためにソルヒを殺して自分も死ぬことを決意する。

一方、ジンムはヨンダリから話を聞き、計画がバレたら殺されると思って宮殿から逃げるべきだとソルヒに告げる。

ソルヒは王妃になれないなら死んだほうがいいと思い、チンムが持っていた剣を抜くが、止めようとしたチンムを斬ってしまう。 ソルランが到着すると、ジンムが血まみれで倒れており、ソルヒが王妃のふりをしており、精神がおかしくなってしまう。

「もうすべてを終わらせましょう。」

ソルランはソルヒを殺すために落ちた剣を手に取り、振り上げた。

ソルランはミョンノンが無事に戻ってくるのを見て、振り上げていた剣を下ろした。

ミョンノンは意識があり血まみれで地面に横たわっているジンムを急いで侍医のところに連れて行く。

剣の先には獣を捕らえる毒が塗られており、武寧王は解毒剤として自らの血を飲ませて救った。

ソルランが状況を尋ねると、到着するとプヨン(ソルヒ)が血まみれで立っていたと答えた。 ソルランはプヨンに全ての罪を認めた上で死刑を宣告すべきだが、戦時中であるため百済が勝利してから罪を償わせるべきだと提案した。

王の息子

ジンムが王の血を飲んで生き延びたとき、ミョンノンは自分たちが血縁関係にあることに気づく。

ミョンノンは自分が東城王の息子だと知り酒に溺れるが、戦場に兵を残したことを心配し、神武を連れて高句麗軍を倒す。

また、ソルランはミョンノンを心配し、ピムンの一員として戦場へ赴いた。

ミョンノン、ジンム、ピムンの活躍で戦いに勝利し、帰国する。

ミョンノンは漢水以北の支配権を取り戻したと喜ぶ王に神武の功績を語り、王室に戻すよう進言した。

ジンムは囚われのソルヒを訪ね、宮殿の外で一緒に暮らすためにスベクヒャンやプヨンではなく本名を教えてほしいと頼む。

しかし、ソルヒは自分がスベクヒャンであり、王妃になると主張する。

ミョンノンは神武から百済の一角にある上峴城に送るように頼まれたが、戦後王位を譲ることを決意し、王の息子は自分ではなく神武であると真実を告げた。

王への恨みを抱えて生きてきた神武は、王の寝室に侵入して怒りをぶつける。

国王は、実の息子を守るために先王の息子を殺そうとするのではないかと恐れ、ミョンノンと神武を交換して彼らを救ったと涙ながらに語った。

寝室の外で王様の話を聞いていたソルランは、ジンムが血のつながった兄弟であり、愛するミョンノンとは血のつながりがないことを知る。

ミョンノンは爵位も爵位も手放したかったので、神武に返してほしいとお願いしましたが、国王はミョンノンを息子、皇太子として受け入れました。

ヨン・ダリは王の心を理解せず王位から引きずりおろそうとしたことを謝罪した。

スベクヒャン

スベクヒャン

宮を出て一緒に暮らそうと誘えば二人は喜ぶだろうが、これまで百済のために生きてきたミョンノンはいつか後悔するだろうと予想する。

戦後、王がプヨン(ソルヒ)を死刑にするという噂があり、ソルランは妹を助けて一緒に故郷に帰ろうとする。

しかし、父とは知らずに、高句麗の刺客を捕まえて手柄を横取りする方法を教えてくれたのがプヨンだったことを知る。

黙っていようとするが、ソルヒが毒入りの飲み物を飲ませ、ソルランは父親を殺したのはソルヒだと断言する。

王女を捜すよう命じられたヘ・サピョンは、クチョンを治療した医師を見つけ、クチョンと一緒にいた女性の肖像画を描かせたところ、彼女はソルランに似ていた。

王様はソルランの以前の発言を思い出し、彼女が間違いなく本物の王女であり娘であることに気づきました。

一方、父親に刺客を送ったソルヒは毒入りの酒を飲み倒れてしまう。 ソルランは偽王女がソルヒだと知るや、宮殿を出るべきだったと後悔し連れ出そうとするが、王様に見つかってしまう。

「? あんなに一生懸命お姫様を探していたのに、なぜ黙っていたんだろう?」と彼は言いました。

王様はスベクヒャンが死ぬ前に娘に会いたいと泣きながら抱きしめます。 気づかなかったことを謝ると、ソルランは感極まって涙を流す。

エンディング

エンディング

王様はチェファに会うためにスベクヒャンとともにガリムへ行きます。 ソルランは、王様と母親がどのように出会い、愛を育んだのかを聞きます。

一方、行方不明になった神武を捜すミョンノンに、王は自分たちを守るため、そして百済に血の雨が降らないようにするためだったと告げ、深手を負いながらも戻るよう告げる。

ソルヒは大量の鎮痛剤を投与され精神を破壊され、軍医の治療により百済に来る前の状態に戻った。

世子の勝利を祝う祝賀会が開かれ、ソルランはタニョン舞を披露した。 ソルランは、ソルヒが王女になって王宮に留まれば、ミョンノンが王位を放棄するだろうと考え、ソルヒを連れて百済を出た。

王様は以前から体調が悪く、スベクヒャンを見送った後、吐血して倒れてしまいます。

王はヘ・サピョンに百済の救済と再建に尽力した人物として感謝し、スベクヒャンとミョンノンに最後の願いを伝えるよう頼む。

武寧王は神武に助けに来てくれたことに感謝しながら息を引き取った。

故郷で幸せに暮らすソルランのもとにジンムがやってくる。 ソルヒには王宮にいた記憶がなかったが、ソルランは「兄さん、いつでも遊びに来てください」と言いました。

ヘ・サピョンは先王が残した言葉をミョンノン王に伝える。

「聞いてください、ソルランは彼女のもう一人の娘、スベクヒャンです。彼女を見つけて王室に迎え入れ、平和に暮らせてください。」

ミョンノン王は先王からの手紙を受け取り、ソルランが自分を傷つけないように百済を去ったことを知る。

スベクヒャンの花が舞う時、男女は秘めた想いを確かめ合い、過去に縛られていた人たちは解放され、幸せそうに笑い合う。

忠実だった人はこれからも忠実であり、忠実でない人は悔い改めるでしょう。

深い悲しみを抱えた人はその苦しみを和らげ、笑顔を知らなかった人は笑顔になる。

罪を犯した人は罪を悔い改めます。

人を殺す夢を見て怖くなったソルヒは、自分が人を殺したせいだと知り自殺しようとするが、ソルランは死んで逃げるのはダメだと説得する。

ジンムが訪ねてきたとき、私の名前はソルヒだと言うと、ジンムは私を抱きしめてくれました。

ソルランは百済と王の成功を毎日祈った。

「何を祈っているのですか?」

振り返るとソルランを迎えに来たミョンノン王がいた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *