山田くんとlv999の恋をする 最新話 ネタバレのまとめ

山田くんとlv999の恋をする 最新話 ネタバレ

階段から落ちそうになったあかねを山田はなんとか守る。 茜は事情を話して慰めるが、心は決して穏やかではなかった。 以下、Truyenhayjp.comからのネタバレです。

山田くんとlv999の恋をする 最新話 ネタバレのまとめ

山田さんはパスケースを落としてしまったという。 あかねに気を取られて手を離した直後、あかねは階段から落ちそうになる。

それに気づいた山田は慌ててあかねの腕を引き戻そうとするが、落ちていくあかねに引っ張られてしまう。 二人とも転落するかと思われたが、山田の機転と反射神経でなんとかその場に留まった。
山田はあかねを抱き締め、階段に座って安堵のため息をつき、あかねは山田の腕の中で青ざめていた。

あかねの家に立ち寄り、肩を打った山田に応急処置をする一方、あかねは睡眠不足のことを話す。

あかね

山田くんとlv999 の恋をする 最新話 ネタバレ

罪悪感を抱く茜に、山田は「もっと機能的な靴を履いたほうがいいよ」と(冗談で)安全靴を勧める。 冗談を言ったり小さく笑ったりするものの、あかねのことを全く見てくれない山田を茜は心配する。

怒っているのかと問われると、山田は怒っていないと答える。 山田に早く伝えてほしいと頼むと、あかねはなぜ山田に言えなかったのか、そしてそれをどう大切にしているのかを説明する。

アカネ「我慢できる限りは、自分で何とかしてみます……」

山田「何かしたんですか?」

山田はまだ振り向かず、茜に左肩を冷やしてもらいながらそう言った。
あかねは冷やすのをやめ、顔を覆い泣き続けた。 その姿に気づいた山田は茜を抱きしめる。

山田「ごめんなさい、嘘……ごめんなさい」

平謝りする山田に対し、茜は最近の自分の無さを責める。

山田:「日々勉強しています。」

アカネのことも、アカネの振る舞い方もすべてわかったから、これからは大丈夫だとアカネは笑います。 それを見て山田は安堵のため息をついた。 しかし、彼の手は茜をしっかりと抱きしめており、彼女は何かを責めているかのような決意の表情を浮かべていた

問題の隣の部屋。 敷地内から騒音警報の電話が鳴り響く。 大家さんは「はい、はい!大丈夫です!大丈夫です!よく分かります!」と答えましたが。

動画配信もやっているそうで、リスナーも増え始めている配信に頑張っているようです。 ゴールは机の前の壁に掲示されています。

隣の人「気にしないでください」

スマホを捨ててマウスを操作した。考え

今回は山田視点で茜が倒れるシーンから始まりました。

山田くんとlv999 の恋をする 最新話 ネタバレ

山田の側面が詳しく描かれていて、それを見ると山田はほぼ意識を失った状態であかねの手を放した。 パスケースを拾った男の視線を追うように山田は茜の異変に気づく。

…これは山田にとって、というか彼氏としてはかなり大変な仕事だ。 山田さんは特に優しいですね。 確かに時間が止まったかのようでした。

でも気づいたら山田はかっこよかった! ! !
すぐに体を動かしたり、その後自分を見せようとしたり、茜を気遣うという事実がとても好きです。 手すりにつかまって階段を降り続けた体力はすごい。 手すりや壁に激突してかなり痛かったと思いますが、何とか転ばずに済んだので本当にホッとしました。

一番怖かったのはただ見ていたパスケースのお兄さん。 もう顔を覆いました! 一番怖かったし、一番安心した。

そして山田が茜に抱きつく! ! ! 長々と安堵のため息をついてしまい申し訳ありません。 彼の首は彼の首です、あなたの首は長いです! ! !

茜ちゃんは大変な状況だけど、それを守るかっこいい山田を見てちょっと嬉しくなりました。 山田さんはイケメンですね。 いいね。 こんな彼氏欲しい…スパダリだ…ナイスキャッチ…。

さて、茜の家での応急処置について。

山田くんとlv999 の恋をする 最新話 ネタバレ

お互いに多くの後悔の念が見られます。 あかねの不注意により、山田はあかねに怪我をさせてしまいました(大打撲)。 山田は茜ちゃんがここまでひどくなるまで気づかず話しかけなかった。
そしてもしかしたら、茜さんに頼ってほしかったのかもしれない。 安全に歩くための靴のことを冗談にしながら、何もできない自分にイライラしていました。
怒っているわけではないのですが、自分を責めているのか、茜に対して少し怒っているように思います。
冷静な山田にしては珍しい感じだ。
しかもその態度が茜の自責の念に重くのしかかり、ついには茜を泣かせてしまうという。

山田は茜を抱き締めて謝り、慰めた。 あるいは単に隣人に対して怒りを感じることもあります。 鋭い瞳に美しい顔立ち…

最新更新 – 山田くんとLv999の恋をする – 102話ネタバレ

バイク事故

高校2年。

あかねはタカヤのバイクを見て「カッコいい」と言い続けた。

「運転してみませんか?」 彼女は尋ねた。 たかや。

「私は免許を持っていません。」

しかし、ここはタカヤの祖父の私有地だったので、タカヤはそれを軽視していた。

当時の貴也は成績も悪く、日常生活も思い通りにいかず、イライラしやすかった。

でも、アカネと一緒にいると少し楽になりました…。

タカヤはバイクに手を掛けるアカネに指示を出す。

あかねがそれに気づいて右手を回すと、バイクが轟音を立てた。

会わなかったら

病院に到着した楓と大地。

「なぜアカネに危険なことをさせたのですか?」 楓は貴也と対峙する。

アカネが頬にガーゼを当て、左手に松葉杖を持ちながら割って入った。

「乗りたいって言ったんですよ」

それを理解した楓も茜に近づきました。

そのやり取りを見ていた貴也は茜をかばい「無理やり乗せた」と言う。

アカネはタカヤに真実を話すよう促した。

貴也は「放して」と言って茜と握手する。

その瞬間、茜は松葉杖でバランスが取れず、尻餅をついた。

大地は咄嗟にタカヤの胸を掴んだ。

「責任が取れないなら、バカなことはさせないで下さい。」

大地はタカヤを壁に追いやるが、アカネがそれを止める。

あかねに守られるたびに情けない自分が嫌になってしまう。

大学進学で地元を離れる茜の姿を見て、寂しさを感じながらも屈託のない笑顔で安心した。

もう彼女に情けない姿を見せたくない。

会わなかったら忘れられてしまうよ…

山田くんとLv999の恋をする – 102話感想

前回のエピソードでは茜が過去にバイク事故で怪我を負ったことが描かれました。

今回のエピソードはその背後にある歴史についてでした。

茜は貴也のバイクを見て羨ましそうにしている。

貴也は茜に車の運転を軽く誘う。

あかねが立ったまま自転車に手を掛けると、突然右手が振り向いた。

このシーンで描かれているのは効果音とタカヤの驚いた表情、そして倒れたバイクだけだ。

あかねはバイクに引きずられて怪我をしたに違いない。

病院で治療を受けた後、貴也と茜は楓に声をかけられる。

タカヤも地球に滅ぼされた。

その瞬間、大地から「もう茜に近づくな」という言葉が飛び出した。

何気なく書いてありますが、タカヤさんにとってはかなりショックだったのではないでしょうか。

そしてついに夏祭りでタカヤとアカネは再会する。

このシーンはタカヤの独白になっています。

ちょっとしたモノローグからタカヤの心情がよく伝わってくる回でした。

自分にあまり自信のない貴也にとって、唯一の安心感は茜と過ごす時間だったのかもしれない。

今回は高校2年生のあかねの写真がたっぷりと収録されているので、ビジュアルにも注目してみるのもいいかもしれない。

今の大学生より少し年下だったけど、茜は茜だった。

次回は山田がどう登場するか注目される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *