宝石 の 国 最新 話: 第105話ネタバレ

宝石 の 国 最新 話

漫画『宝石の国』第105話が10月25日に公開された。

皆さんは間違いなく興奮しており、次に何が起こるかを知りたがっています。

今日は宝石 の 国 最新 話 – 第105話についてネタバレを含みながらお話していきたいと思います。

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 3万年経過

次の物語は、3万年後に石を返すと約束したフォスに関するものです。

3万年後には人間以外の動物が発生して石が消滅している可能性もある。

水星が飲み込まれたようです。

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ:フォスに残った人類が目覚める

宝石 の 国 最新 話

静かな結末のようですが、やはり気になるのは「元フォスフォフィライト」に残っている人間たちです。

おそらく彼はある種の精神的なショックを経験し、それが彼の中の人を目覚めさせたのでしょう。

彼は人間としての後悔と怒りを振りまき、その結果、彼が本当に愛する世界を破壊してしまう。

そんな責任を自らに課した「フォスフォフィライトだった者たち」は、再び自らの滅びを渇望することになると思います。

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 金剛の弟と石が消える

フォスフォフィライトは愛するものをすべて失った。

私が愛し、愛されたいと切望していたダイヤモンドはもうありません。

フォスフォフィライトを加えた後、全員消えた。

金剛の兄であり、今の「元フォスフォフィライト」が慕う石たちも、おそらくは金剛の前から消えることになるだろう。

おそらく宝石たちとの戦い中にフォスフォフィライト自体によって損傷された可能性があります、または他の誰かによって破壊された可能性があります。

私はそのような憂鬱な未来を想像したくありませんが、これまでに起こったことすべてを考慮すると、それを想像しないことは不可能です。

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 新しい世界への架け橋とは何でしょうか?

過去を語り、それを未来へ繋ぐことで、新たな世界への架け橋となった「元フォスフォフィライト」ですが、歩先生が残した言葉が気になります。

彼女はかつて「橋を燃やせ」と宣言したことがある。

「橋」という言葉はどこにでもありますが、その橋となる「元フォスフォフィライト」を待ち受ける不安な運命を暗示しているようです。

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 他の生き物の出現

宝石 の 国 最新 話 - 第105話ネタバレ: 他の生き物の出現

今のところ「元フォスフォフィライト」は金剛の兄妹や石たちと平和に暮らしていますが、今後は他の生物も登場するかもしれません。

「元フォスフォフィライト」に味方はいるのか?

彼らは互いに敵対し、この静かな惑星を爆破するかもしれません。

これらの新種が出現する可能性はありませんか?

宝石 の 国 最新 話 – 第105話ネタバレ: 絶滅

水星は膨張するにつれて太陽に飲み込まれているようで、その結果、惑星の表面温度が劇的に上昇しています。

フォスフォフィライトは太陽に対して何かできることはあるのでしょうか? と聞かれるのですが、選択肢はないようです。

むしろ自分のスキルを活かせなかったために辞退したようだ。

太陽が私を包み込む準備ができていました。

兄はナッツのようなものを見つけた後、持ち歩いています。

石に出会ったらその木の実を割るように指示され、それを実行すると、巨大な宇宙船のような物体が現れた。

フォスフォフィライト曰く、月の技術に匹敵するとのこと。

古い機械は、平均温度が所定のレベルまで上昇したため、宇宙船が起動したことを検出します。

居住可能な惑星のリストから選択した場所に移動するためにオンになりました。

石を集めて移そうとするとフォスフォフィライトが残り、橋を燃やすだろうと警告した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *