子供 を 殺し て ください 4 巻 ネタバレ

子供 を 殺し て ください 4 巻 ネタバレ

漫画子供 を 殺し て ください 4 巻 ネタバレを紹介します。仕上がりの概要や感想も紹介します。

「子供を殺してください」あらすじ

「子供を殺してください」あらすじ

OCD、パニック障害、統合失調症、うつ病、強迫的行動。

仕事を休んでいて、学校にも通っておらず、引きこもり、そして夢中になっています。

性犯罪、家庭内暴力、ギャンブル、ストーカー行為。

さまざまな精神疾患に苦しむ子どもたちに適切な医療が提供されていません。

そんな若者の親御さんのために「株式会社ときわメンタルヘルス事務所」。 それが彼らの最後の選択だ。

このプログラムの目的は「子どもたちを医療につなげる」ことです。

当社のサービスの一つに「精神障害者送迎サービス」があります。 それには精神科施設への搬送が含まれます。

漫画の原作者である押川健さんは、「説得」を使って日本初の「精神障害者搬送サービス」を設立した。

鈴木マサカズの実録マンガは、押川剛が現役時代に行った観察に基づいている。

押川剛とスタッフの実吉あかねは、映画を通して家族や社会の闇を照らし出した。

家族:それは何ですか? 社会:それは何ですか? 人間とはどういう意味ですか?

内容の結果として、多くの困難があると考えられます。

3巻のあらすじ

3巻のあらすじ

キヨは20代の頃、薬物を乱用していた。

当時はバブル景気の真っ盛りで、キヨさんは裕福な両親から多額のお小遣いをもらっていた。

その影響もあって、欲しいものを好きなだけ買ったり、頻繁に海外旅行に行ったりして楽しい日々を過ごしていました。

一方、キヨは薬物に手を出し始めて…。

キヨさんは薬物使用後、気分が不安定になり、すぐに怒ったり、落ち込んだりするなど、奇妙な症状が現れるようになった。

両親は彼を精神科医に連れて行き、そこで躁うつ病と診断された。

その後20年間、キヨさんは精神病院への入退院を繰り返した。

キヨさんは50代になり、落ち着いたように見えるが、家族にとっては「存在自体が恐ろしい」という。

家族は毎日キヨさんに怯えながら暮らしていたからだ。

一番被害を受けたのはキヨの弟だった。

バブル崩壊で両親の会社が倒産し、弟がお金を無心していた。

例えば、清さんは深夜でも朝方でも玄関に来て、「金がないなら臓器を売りなさい」などと借金取りのようなことをしていました。 !」

キヨの狂った行動は、弟とその妻、そしてその子供たちにとって恐ろしいものでした。

そして今回の依頼人であるキヨさんの弟は押川にこう言います。

彼は「正直、兄には死んでほしい」と言いました。

押川はキヨの弟から全ての話を聞いた。

それから彼はある点を指摘した。

違うのは、キヨの診断名が「薬物依存症」ではなく「躁うつ病」だということだ。

理由は「障害年金を受け取るため」でした。

薬物中毒と診断されれば年金も受給できなくなる。

その理由を問われると、押川ははっきりと言う。

「だからキヨさんは何十年も入退院を繰り返しているんです」。

障害年金もそうですが、世間体のために薬物を隠していた家族にも問題があります。

こうして押川はキヨを精神病院ではなく薬物治療専門の病院に転院するよう説得した。

そしてキヨさんは精神病院を退院し、押川と再会する。

押川はキヨを薬物治療リハビリ施設に連れて行くよう説得を始める。

しかしキヨは押川の質問をだらりとはぐらかし、更生施設には行きたくない様子だった。

そんなキヨを見かねた押川は優しく声をかけた。

「キヨさんは長生きしたいですか?」

その時、キヨは言った。

「彼は誰よりも長生きしたいと思っています。死ぬのが怖いのです。」

子供 を 殺し て ください 4 巻 ネタバレ

「子供を殺してください」という親たち 第15話

「子供を殺してください」という親たち 第15話

キヨは自分が薬物中毒であることを認めたくなかった。

しかし押川の説得もあり、次に会うときは更生施設に行くことを約束する。

キヨはしぶしぶ同意するが、表情は暗い。

そして、「人生は思い通りにいかないものだ…」とため息をつきます。

みんなは幸せなのに、私だけ入院やリハビリでいつも辛い…。

押川は「それは違うよ」と注意するが、キヨは受け入れざるを得ない。

その会話の後、彼女はキヨと次回の再会を約束して別れた…。

これは1か月後です。

押川たちに緊急連絡が届く。

それは「キヨさんの訃報」だった。

何事もなかったのですが、本当に突然でした。

それを聞いた押川たちはキヨさんの葬儀へ向かうことにする。

そこにキヨの家族が集まった。

弟は押川に頭を下げて「お世話になりました」と感謝した。

そして、棺の中でキヨが目を閉じるのを家族が見守る。

彼女の母親はこれを見てショックを受けました。

“良い…”

このまま続けていきます。

「あなたが死んでよかった。」

「生きていて何もいいことなんてなかった…」

「きっとこの子もそう思ってるはず…」

そして。

押川は煙になったキヨを見て、自分の人生を思い出す。

「やりたいことを何でもできる、本当に迷惑な人生でした。」

「そして、それは孤独な人生でした。」

「子供を殺してください」という親たち 第16話

「子供を殺してください」という親たち 第16話

今回の相談者は、引きこもりの息子を持つ親御さん。

息子の由紀は県庁に勤めていましたが、キャリアアップのため退職しました。

しかし、資格試験も転職もうまくいかず、イライラが募るばかり。

その後、徐々に引きこもりになってしまい、あれから5年以上が経ちました。

やがてユウキは物を壊し「お前のせいだ!」と叫び始めた。 そして両親を攻撃します。

息子の暴行を見た父親は妻とともに逃げ出し、実家に身を寄せる。

父親は両親のもとに一週間ほど滞在していた際、ときわ精神保健センターの存在を知った。

由紀の両親が押川に会いに来て、事情を説明し始めた。

しかし、その話の中でいくつか心に引っかかる部分がありました。

父親は息子とは何も話さず、自分たちの安全だけを考えていました。

最近の家庭内殺人事件と同じように「下手をすると殺される」「何をされるか分からない」などと言っていた。

一方、母親はまだ現実を受け入れていなかった。

「由紀は話せば分かってくれる」と言うが、「県庁にいたくらい優秀な子だ」とプライドが捨てられない。

「私は昔から良い子で、勉強も得意でした…」

「病院に行けば、前みたいにちゃんと仕事に就けるよね?」

それはまさに彼女が言ったことだ。

母親の言葉に対して押川はこう言う。

「今の段階でユウキさんにお願いするのは酷です」

「精神医療も活用しながら、現実を踏まえた対応をとるべきだ」。

押川さんの言葉を聞いた母親は「陽気は本当にかわいい!」と涙を流した。

一方、父親も「もう一度ちゃんとしたところに就職できるよう説得してください!」と主張する。

押川さんは両親の態度に「まだ息子をこの状況に追い込むのか」と愕然とする。

その言葉を聞いた父親は、「だったら入院するしかない!」「すぐにお金を払うから、連れて行ってくれるよう説得してください!」と強引に言いました。

しかし、押川は彼らをなだめて、すぐには難しいから手伝いたいと伝え、今回は別れた。

翌日、スタッフの実吉とゆきちゃんの病院を探す計画を立てていると、電話が鳴った。

ユウキの父親からの電話だった。

少し怒った口調で押川にこう言った。

「昨日、ユウキを追いかけてるって言ってたよね…」

「それだけは許せないんです。」

「妻もショックで寝込んでいます!!」

彼はまた、私に相談料を返せと怒鳴り始めました。

そして電話は切れ、押川はこうつぶやいた。

“私はあなたに同情…”

「うちの息子もこんな風に操られていたんだろうな…」

すると押川は実吉に相談料を返せと言い…。

「子供を殺してください」という親たち 第17話

「子供を殺してください」という親たち 第17話

今回はクリスマスのお話です。

被験者は美佐子さん(37)。

10年前、彼女は「反応性低血糖症」を発症し、突然体重が増加した。

その後、婚約者と別れ、精神を病んで引きこもりになった。

その後、美佐子の両親が押川を訪ね、美佐子を病院に連れて行ってほしいと頼んだ。

美沙子は引きこもりになる前からアパートで一人暮らしをしている。

そこで、押川さんらは母親や保健師とともに美佐子さんの自宅を訪問する計画を立てた。

私たちは、彼女を病院に転院させる前段階として、「保健師と個人的な関係を持っていた方が、彼女の将来にとって良いのではないか」と考えました。

数日後、私はまず彼女の母親と会い、それから保健センターに行きました。

しかし、母親は保健所に行く前に「そこまでする必要があるの?」と疑問を抱いた。

認識の違いを感じた押川さんは、現状をありのままに伝えた。

美沙子は精神のバランスを崩してから10年以上放置されていた。

つまり、彼女の症状は想像よりも深刻である可能性があります。

しかし、それを聞いた母親は「恐怖をあおるのはやめてください!」「大袈裟にしても…」と言い返します。

そこで押川さんはこう言います。

「今まで大した事してなかったのに…」

「だから美佐子さんは今一人で苦しんでいるんじゃないの?」

この言葉に母親は納得し、保健センターへの予約を取ることにした。

しかし、この依頼はときわ精神保健事務所史上最悪の事件となってしまった…。

「子供を殺してください」という親たち 第18話

「子供を殺してください」という親たち 第18話

押川さんらは依頼人の母親とともに保健所を訪れた。

そこで押川は保健師に美沙子の家庭訪問に同行してもらうよう頼む。

保健師は最初は乗り気ではなかったが、押川さんの説得でしぶしぶ同行を承諾した。

翌日、押川たちは母親と保健師とともに美佐子の家に行くことにした。

実吉さんは保健師とのやりとりの中でそう思った。

「家族は私を病院に連れて行ってもらえないので、政府に相談に行きます。」

「でも政府は家族でやれって言うんです…」

「そのため、家族は民間の運送会社に頼るしかありません。」

そこで実吉は押川に質問する。

「もう少し何とかできないものか?」

この質問に押川さんは「この仕事を始めた20年以上前から何も変わっていない」と答えた。

そして家庭訪問当日。

一行は美佐子のアパートへ向かう。

しかし、入り口で呼びかけても応答がなかった。

仕方ないので玄関へ向かいます。

しかし、呼び鈴を鳴らしてもやはり応答はありませんでした。

そこで押川さんはこう言います。

「お母さん、ドアに鍵をかけて中に入ってみませんか?」

しかし母親は「でも勝手に入っちゃダメだよ…」などと言って開けようとはしません。

見かねた押川さんは「おそらく娘の部屋だろう」と言いました。 彼女が死んだらどうしますか?」

しかし母親は「死んでも…そんなことは絶対にない!!」と頑なに主張する。

保健師が介入して「強制はできない」「美佐子さんの同意がなければ何もできない」と言う。

結局、保健師として私にできることは手紙を出すことだけで、美佐子さんが何をしているのか全く分かりませんでした。

すると押川さんは、すぐに立ち去ろうとした保健師たちを呼び止めてこう言いました。

「今日は美佐子さんに会えなかったので、引き渡しの日にも立ち会ってほしいのですが」。

保健師たちは面倒にうんざりしていたようだが、押川さんの再度の説得で同意した。

美佐子の移籍予定日は12月24日。

「最高のイブだ」と押川は皮肉を言う。

しかし、実吉も押川もこの依頼に何か不穏な気配を感じていた…。

「子供を殺してください」という親たち 第19話

「子供を殺してください」という親たち 第19話

そして24日、クリスマスイブがやって来ました。

押川さんらは三佐子さんを搬送するため、作業着や防寒着を着ていた。

私たちも民間の救急車とスタッフ3名など万全の準備を整えて美佐子さん宅に向かった。

しかし、会う約束をしていた保健師はいなかった。

そこに美佐子の父親が現れてこう言いました。

「保健師だったら断ったでしょうね」。

「あまり大げさなことは言われたくないんです」と彼は言った。

すると父親は「時間内にお願いします」とさりげなく押川に部屋の鍵を渡す。

押川が美佐子の家のドアを開けると、そこには鎖が掛けられていた。

しかも、鎖でつながれたドア越しに見えるのは、大量のゴミが散乱しており、異臭が漂っていた。

しかし父親は全く表情を変えず、「鎖を切ってもいいよ」「早く行け」と命令した。

そして、電動ノコギリでチェーンを切って家の中に入って、ゴミの正体に気づきました。

そのゴミはすべてティッシュでした。

それは床全体を覆い尽くすほど恐ろしいものでした。

あまりの光景に実吉はアパートの廊下で倒れ、押川も愕然とした。

そんな2人を無視して、父親は「早くゴミを何とかしなさい」「近所迷惑だよ」と強い口調で命令するばかり。

さすがの押川も「お父さん、あなたは…」と怒りを隠せなかった。

すると家の中から「うっ…」「ああ…」といううめき声が聞こえてきました。

その声はおそらく美佐子の声だ。

すると押川は家にあるティッシュを漁り部屋に入ってきて……。

その奥で、ついに一人の女性を発見した。

それは、色白、髪もボサボサ、かつての面影のない、変わり果てた美沙子の姿だった…。

部屋の異臭に気づいた近所の人たちも美佐子の部屋の前に集まった。

世間体を気にした父親は改めて「早く娘を連れて行け!」と命令する。

押川さんは、かねてから父親の態度にイライラしていたと語る。

「おい、コーラ、自分が何を言っているかわかるか?」

この状況はかなり危険だったが、父親は何も知らなかった。

しかし、父親は娘のことを気にしていないようで、他人が彼女をどう思うかだけを気にしていました。

そこで押川さんは父親を無視し、110番通報し、さらに119番通報するよう頼んだ。

その後、警察が来て母親を尋問した。

彼女は「最後にこの部屋に入ったのはいつですか?」と尋ねました。

彼女の母親は以前、押川さんに週に一度娘の様子を見に行っていると語った。

しかし、母親は警察の前でこう答えた。

「最後に部屋に入ったのは4年ほど前」と話した。

確かに週に一度は来ていましたが、ドアの隙間から食べ物とティッシュを渡すだけでした。

母親は4年間一度も美佐子に会っていなかった。

「子供を殺してください」という親たち 4巻の感想

このようなことが起こったとは信じられません。

精神障害のある子供を10年間も放っておくことを考えるだけでも恐ろしいです。

それにもかかわらず、彼女の父親が他人の言うことを気にするだけで、自分の子供のことさえ気にしないことに私は驚かされます。

答えは決して分からないとは思いますが、これを読んでいると、なぜこれが起こったのかについて多くの疑問が湧きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *