夫 の 扶養 から 抜け出し たい: 著者は夫婦間の誤解に気づいた

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

出産後、専業主婦になり、再就職しようとしたら仕事が見つからなかった。 なんとか仕事を再開したが、家事も仕事も中途半端だった。 彼女の夫に「家事を手伝ってほしい」と伝えたところ、役割分担意識が明確な夫は「仕事は夫、家事は妻、育児は夫婦」と言いました。 戻ってきて沈没…

ゆむいさんは、主人公・ももこが奮闘する4コマ漫画『夫の扶養からぬけだしたい』(KADOKAWA)の著者でありイラストレーター。 前回は実際の就活体験についてお聞きしました。 後編では、イラストの仕事を始めたきっかけや夫婦間のすれ違いについてお話します。詳細については、Truyenhayjp.com で読み続けてください:

夫 の 扶養 から 抜け出し たい: 著者は夫婦間の誤解に気づいた

1. これまでの経験を活かすにはイラストしかありませんでした

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

転勤族の夫とともに茨城に移住し、第一子を出産した。

しかし、第二子を妊娠し、和菓子屋で1年ほど働いた後、長野に転勤し、そこで第二子を出産しました。

そして下の子が3ヶ月になったら子育てブログを始めます。

「実家の年賀状用に子どものイラストを描いていたら、義妹に『育児ブログを始めてみたら?』と言われ、すぐに就職活動はできないので始めました」 ブログで。」

育児漫画ブログの登竜門と言われるコンテストに応募し、参加賞と敢闘賞に名前が載ったところ、アクセス数が少しずつ増えて1件ほどになり、公式ブロガーになりました。月々の広告収入は和菓子屋さんのパートと同じくらいだそうです。

しかし、この頃から夫婦仲が悪くなったとゆむいさんは言います。

「もともと家事が苦手だったのですが、リビングが汚くていつも怒られてました」とのこと。

しかし、心療内科の看護師さんに「家事を外注できるくらい稼いだほうがいいよ」と言われ、ハッと気づき、2週間に1回、2時間の家事コースをお願いしました。 初日から部屋がとてもきれいになり、リビング、お風呂、キッチンもどんどんきれいになっていきました。 3、4年悩んでいた問題が、お金を払ったら一瞬で解決しました。」

家事を外注することに罪悪感を感じる人は多いと言われています。 しかし、ユムイさんは「確かに大きな出費ではあるが、お金の問題ではない。私が必要としていたものだ」と言う。

ようやく自分の目指す道に光が見え始めたのが長野時代だった。 子育てをしながら育児ブログを書き続け、3年後に長野から東京へ転勤となりました。

2. また転校してきましたが、どうなったのでしょうか…

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

東京でも少しずつ仕事が増え、収入も順調に上がっていたのですが、ある事故が起きてしまいました。

「夫がバイクを運転中に交通事故に遭いました。漫画の勉と全く同じ状態でした。バイクに乗っていて、ぼんやり運転していたようです。夫は仕事が忙しく、私は 押し下げられた。”

ゆむいさんはその時初めて、「夫は責任ある仕事を任されていて、その上で家族を養わなければいけないというプレッシャーも大きかった」と理解した。 頭では分かっていたが、今回の事故でそれを悟ったのかもしれない。

「いくら稼いでいたとしても、夫がいなければ家族は生きていけません。 そうだったみたいだね」とユムイは言った。

3. 再就職する際には、夫婦でお互いの価値観を確認し合う必要があります。

「結婚しないと見えないものもあると思うんです。 自分のやりたい仕事でお金を稼いでいますが、仕事に対する価値観は人それぞれです。 時間、お金、夢を優先してください。 やりがいのある仕事を優先して…この価値観の違いが私と夫が衝突した主な原因でした」とゆむいさんは振り返る。

「夫は『何でも働いてほしい』とお金を優先したがりましたが、私は『絵を描いてお金を稼ぎたい』という夢を抱きがちでした。 それで、再就職することにしました。物事を考えるとき、自分が何を優先するのかを再確認することが大切だと思います。」 ゆむいさんと奥様はお互いの価値観をしっかり話し合うことで前に進むことができました。

「結婚以来、お互いの思っていることを率直に伝えてきましたが、やはり夫婦間の会話が大切だと実感しました」

。 私は「自分の意見も変わらない」というタイプなんです(笑)。 と思いました」とゆむいさんは言いました。

そうすることで夫婦間のすれ違いが解消され、お互いにストレスの少ない夫婦関係を築くことができるかもしれません。

4 .依存しないことでコンプレックスを解消することができました。

夫 の 扶養 から 抜け出し たい

現在、ゆむいは漫画の主人公と同じように扶養家族ではありません。
「私の場合は扶養から抜けたいというよりも、新卒で就職できないことが大きなコンプレックスだったので、自分で扶養から外れるくらいのお金が稼げるようになったときに、 イラストのおかげで、とても自信がつきました。」 ミスさん。

夫との関係も改善し、今では「後輩芸人を支えてきた妻みたいになりたい。すぐ壊れるから(笑)」と語った。

「今の日本社会では、女性は働きたくても働けず、社会に出られない時期に直面しています」とゆむいさんは言う。
20代後半になり、美大時代の友人たちがデザイン事務所で大きな広告を手掛けたり、独立してSNSで輝いている姿を見て、彼女が子育てをしていることを実感した。 ボロボロの自分と比べて落ち込むこともあった。
「でも、タイミングが合えば、いつか必ず外に出られるようになります。だから、たとえ新しい仕事に就けなかったとしても、すべて自分のせいだと思わないでください。」 あなたの言葉を受け取りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *