夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ: 11章

夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ

夫のモラハラにイライラして話題になった漫画夫の扶養からぬけだしたいのネタバレ感想です。 夫婦を取り巻く問題をリアルに描いた作品で、読んでいて共感せずにはいられません。 この記事では、Truyenhayjp.comが『ふよぬけ』『夫の扶養からぬけだしたい』のストーリーをネタバレを含みながら解説していきます。

夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ: 11章

専業主婦の桃子は、夫・勉のモラハラに日々悩まされていた。 彼も大変な仕事をしているのに、そのストレスを妻だけにぶつけるのは無理があります。 息子はまだ小さく、家事や育児は大変だが、勉は彼女の気持ちを全く理解しようとしない。 それどころか、少しでもできないと責められ、何もしてないのに文句を言われ……やがて、桃子は働いて自立するという夢を抱くようになった。

夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ

第1章

専業主婦の桃子は、2歳の息子・タルトと、仕事熱心な会社員・ツトムと暮らしている。 かつては漫画家を目指していたが、出産を機に家族のために夢を諦めた。 慣れない家事と育児に追われる毎日の桃子。 しかし、勉は少しでも非があると智子を責め、何の役にも立たないのに傲慢なことばかり言う。 時代錯誤をいいことにしているような文言が多くて、読んでいるだけでイライラせずにはいられない。 当然、毎日厳しい言葉を浴びせられる桃子は、次第に夫のことを嫌いになってしまう…。

第2章

視点が変わり、勉の境遇が描かれる。 ブラック企業に勤め、上司の理不尽に耐えながら頑張っていた。 彼が毎日経験しているストレスは信じられないほどです。 勉に対しても言いたいことはあるし、自分が外で頑張っているのにずっと家にいる妻の苦労は理解していないのだろう。 だからといって、ストレス発散のように太ももを叩くのはちょっと違う気がします。 一方、桃子は夫と別居したことで自立したいと考えるようになった。 しかし、自分では部屋を借りることもできず、途方に暮れている。

第3章

桃子は亭主関白として女性を蔑視する父親に育てられた過去を持つ。 一方、勉は父の営む洋食店を手伝いながら、家事と育児に取り組む母の姿を見て育った。 だからこそ、桃子は勉があれほど嫌っていた父親の姿を見て、父親を憎むようになるのです。 勉は桃子を母親と比べ、何もできなさそうな桃子にイライラする。 このように、生まれ育った環境の違いが二人の溝を深めていきます。 付き合っている時には気づかなくても、結婚して初めて価値観の違いに気づくこともあります。 その辺がリアルに描かれていて心が痛くなりました。

夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ

第4章

勉から家族のために働けと言われ、桃子は探し始める。 しかし、2歳の子供を抱えての就職はなかなか難しく、どうすることもできない状況に追い込まれてしまいました。 そんな中、桃子は友人の勧めで本当にやりたかった絵を描くことを再開することを決意する。 しかしもちろん勉さんは彼女の選択を否定しますが… 小さな子供を育てながら働くことの大変さを改めて感じたエピソードでした。 だからこそ、友人の言葉は桃子にとって大きな救いとなったに違いない。

第5章

「イラストの仕事をする」という考えを否定され、うんざりする桃子。 それは単なる思いつきではなく、よく考えた結果の選択だ… 勉は「桃子は生きることに困らないから夢を追いかけられる」と言った。 今回の事件ですが、状況を見ると二人の関係は修復できそうにありません。 その結果、勉は桃子に「好き勝手するな!」と言葉をぶつけ、桃子は言うことを聞くことにする。

第6章

イラストの仕事を再開したももこは、仕事と家事・育児の両立に悩むことになる。 とにかく時間が足りない、家事がいくらやっても追いつかない。 なかなかうまくいかず、頭痛に悩まされました。 さらに勉はイラストの仕事を趣味と捉え、「専業主婦」である桃子の家事ができないことを容赦なく責める。 彼女のモラハラは相変わらず、というか、ますます酷くなっているような気がします。 追い詰められ、一人で悩む負のループに囚われてしまった桃子だったが…。

第7章

ワーキングママとして頑張っている友人から、家事代行サービスを勧められたももこさん。 やはり持つべきは友人であり、現実的なアドバイスをくれる人がいるとありがたいです。 早速サービスを試してみた桃子さんは、家事のストレスから解放され、仕事に集中できるようになったという。 共働き世帯が多い今、利用できるサービスはどんどん利用すべきです。 改めてこの姿を見てそう思いました。 しかし、十夢も「もったいない」と反対する。 全然助けてくれないのに一体何を言っているんだ…と彼女は驚いています。

第8章

桃子はついに目標の年収201万円を達成し、勉に依存することがなくなった。 今は無理でも、彼と別れて独立する覚悟はありました。 しかしその矢先、勉が通勤中に交通事故に遭ってしまう! 不幸中の幸いで命に別状はなかったものの、重傷を負いました。 仕事のストレスに追い詰められた勉は、仕事を辞めたいと言い出す。 桃子は「辞めたいなら辞めていいよ」と答えた。

第9章

夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレ

自宅で療養することにした勉は、一日のほとんどを寝たきりで過ごし、初めて妻の日常を目の当たりにする。 仕事だけでなく、家事や育児もこなす…忙しそうな桃子の姿を見て、彼の心は少しずつ変わり始める。

勉さんはモラハラ発言もなくなり、自ら進んで家事手伝いをするようになった。 しかしモモの心は冷めており、ツトムの態度も上機嫌にしか見えない。 確かに、これまでの仕打ちを考えれば、桃子が「どうしたの?」と思うのも無理はない。

第10章

勉が回復すると、桃子は離婚届を突きつけて自分の気持ちを打ち明ける。 「絶対に許せない」と激怒する彼女を見て、勉はようやく自分のした事の重大さに気づく。 ここに来て、ようやく夫婦は面と向かってきちんと話し合うことができた。 その結果、桃子は息子のためにも離婚しないことを決意した。

正直、最後は離婚するだろうと思っていたので、この展開は驚きです! 入道吐夢が妥協の姿勢を見せただけで、当分は油断できなさそうだ。 桃子、本当に許せますか?

第11章(結末)

怪我から回復した勉は仕事を辞めずに別の部署に異動することになる。 以前ほど忙しくないので、ストレスも少なくなりました。 さらに勉は家事を手伝うようになり、妻に優しく接するなど変化を見せた。 桃子は彼のことをあまり信用できず、油断できないと思っていたが、今の彼の生活が気に入っていた。 勉がこれまでの行動を謝罪していないのが心配ですが、もう解決したということでよろしいでしょうか? 人によっては、あまりスッキリしないと思われるかもしれません。

それから(最終回)ネタバレ感想

時は流れ、息子のタルは幼稚園の中学生になりました。 お金はどんどん高くなり、桃子は無駄遣いをする夫を黙らせるために、一生懸命貯金をしていました。 離婚協議が終わった後も、桃子は仕事を続け、収入をさらに増やそうと懸命に働いている。 彼女はまだ夫に対してイライラしていましたが、夫のサポートを辞めてからはずっとリラックスしていました。

これからもモモ、コトム、タルの人生は続いていきます。 勉さんのモラハラに散々イライラしてきた身としては、本当にこれでいいのかと思わずにはいられません… とりあえずは安全な状況で良かったです。

漫画『夫の扶養からぬけだしたい』の見どころ

残念でならないこれからの女性のあり方

結婚・出産を機に仕事を辞め、夫が家事を一切しない間、専業主婦かパート従業員となって家事と育児をこなしてきた。

よく話題になる家族や夫婦の現状や課題を的確に捉えています。

子育て中は家事をする時間がありませんし、パートで働いていると時間はさらに限られます。 夫はまだ理解も協力もできません。

行き詰まりに直面する桃子の感情と焦りが明白で、彼女に同情せずにはいられません。

各ペアの役割を説明する

桃子は家事と夫のニーズに応えるために一生懸命努力します。 配偶者の勉は桃子を暴言を吐き、理解しようともしない。

勉は第一印象では非常に道徳的に非難され、無能な夫のように見えます。

しかし、作品の構造は、配偶者の周囲の状況や感情を正確に捉えることで、配偶者に対する理解を徐々に広げていきます。

この作業の助けを借りて、状況を両方の視点から見て、あなた自身が実装するであろう解決策を思いつくかもしれません。

漫画夫 の 扶養 から 抜け出し たい ネタバレの続編は?

本作の続編は『ママはパパが怖いの?』です。 夫の扶養からぬけだしたい~優香の場合~』は、電子書籍サービスでも配信されています。 続編では、出産を機に専業主婦になった優香が主人公。 子育てには協力的で頼りになるが、どこか自分を見下すような夫に息苦しさを感じている。 そして夫の言葉を聞き続けた由香さんは自信を失ってしまった。 このままでいいのかと強く不安になり始める。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *