凪 の お 暇 最新 話 – 11巻65話

凪 の お 暇 最新 話

凪 の お 暇 最新 話」11巻65話のネタバレです。

前回の話でマサルがサッカー部を退部になった本当の理由が明らかになりました。 マサルは小学校ではいつも一人だったが、時折、生徒のグループが彼に叫び声を上げた。 気づけばサッカーに誘ってくれた蓮と親友のように楽しく過ごしていた。 しかし、実は蓮が学生の頃、マサルの父親にいじめられていたことが分かりました。 マサルの傷みを見かねたパン屋の伏瀬が凪に協力を求めてくる。

凪のお暇: 11巻 64話のあらすじ

凪のお暇: 11巻 64話のあらすじ

マサルは小学生の頃、誰とも一緒に過ごしたことがなかった。 クラスメートの一人であるレンがサッカーに誘ってくれた。 初心者にしてはめずらしいマサルの能力の高さに、蓮やクラスメイトたちは興奮する。

その時レンとハイタッチをしたことで、マサルはサッカーを始めるきっかけとなった。

マサルは部員たちの執拗ないじめのせいでサッカー部を辞めてしまい、楽しい思い出も無駄になってしまった。

マサルのサッカー好きにもかかわらず、レンや他の部員たちはマサルに同情したが、処分は適切だったと主張し、後悔している様子はなかった。

帰って来たおばあちゃんに、マサルが部活をやめてしまったことを伝えるレン。 この言葉を聞いた祖母は「ついに?」と言いました。 ベッドにひざまずきながら。 彼は今、週に一度は我が家に来ていないでしょうか? 彼女は信じられないほど安心したようでした。

小学生の頃、レンの部屋でマサルとゲームをしていた。 レンのゲームの才能は父親譲りだと言われており、彼はしばらく隠遁生活を送り、一人でビデオゲームに熱中していた。 マサルの父親とは同級生だったらしい。

当時はパリピとガリ勉という人種が違うように見えた2人だが、今ではすっかり意気投合し、毎週のように飲みに行っているようだ。

私たちは、「時代を超えた親友」であると宣言する父親とは親友であると宣言します。 その言葉に屈辱を感じながらも、マサルは喜びを抑えることができなかった。

サッカーを諦めたマサルが部のOBたちと一緒に倉庫で朽ち果てているという話を聞いたレンは、楽観的な気持ちで倉庫へ急ぐ。

彼は倒れたマサルを見て、心から笑い返しようとしていた。

何らかの理由で彼の注意を引いたものは、キラキラと輝く手作りのミラーボールでした。 腐っているはずなのに、マサルと引退した部員たちは満足そうに自分の仕事に磨きをかけている。

マサルは「もういらない」と答え、破れたCDを愛用のサッカーボールにコピーしてミラーボールを作る。

レンは思わず「一緒にサッカーをしたいと言うのに何の意味があるの?」と叫ばずにはいられなかった。 この予期せぬ事態を目の当たりにして。 マサルは驚いて「なぜここにいるの?」と言いました。 レンは「あなたにはそんなことをして楽しむ権利はない」と答えた。

一切関わらずに行きたいというマサルの要求に蓮は反対し、「自分がハブられた理由を考えたことがあるのか?」と問う。

マサルは知らなかったのに、ずっと考え続けて激怒した。 レンはマサルの理解力の無さに腹を立てたのか、マサルに自分をいじめていた本当の理由を説明し始める。 マサルはそんなこと想像できなかったのに…?

凪 の お 暇 最新 話: 11巻 65話

凪のクラスメイトの伏くんがマサルの悩みを解決してほしいと相談してくる。 マサルが「彼女は家にも学校にもいたくない」と言うと、タロウも他の人たちと一緒にバブルに加わります。

マサルとその婚約者は布施くんに迎えに来て別荘まで車で連れて行かれ、そこでバブルメンバー達が両手を広げて迎えてくれます。 しかし、いくら私が大声で叫んでも、マサルは「ふーん、そんなことないよ」と冷淡な嫌味を返すだけだ。

大好きなウニを食べさせられても目を真っ黒にしてうつむくマサル。 布施くんも凪の耳元で「ごめんね、一人で抱えきれなくて」とつぶやく。

布施くんとその婚約者がバブルのメンバーたちにナギとの交流について語る中、マサルは辛辣な口調でそこに座っている。

マサルは現実にハッと気づき、黒い目にいつもの表情が戻った。 今すぐ故郷に連れて帰ってほしいと布施に懇願する。 マサルは、完全に前かがみになって他人と会話に参加できないとき、自分自身を軽蔑します。 「故郷に連れて行けないなら、ここではないどこかに隔離してくれ」と泣き言を言い始めた。

そんな言葉を聞いた太郎さんは「隔離してもいいよ」とつぶやく。 はい、タロウズ ヴィラには、2 人用のスペースと自動ローリング システムを備えた完全に機能するプライベート サウナ ブースが備わっています。

「ここで限られた時間を過ごしてみませんか?」 太郎が提案すると、心配したナギは同行を申し出る。

誤解のないように言っておきますが、凪は個室で女性と二人きりのときは分厚いサウナスーツを着ています。 “なんかあったの?” 彼女は尋ねますが、マサルは「特に何もありません」と答えるだけでした。

凪は、日常生活の即興シーンで、元カノの同級生たちと過去を大切にできたことを語り、「だから、うまくいかなくても大丈夫だよ」と明るく語る。

しかしマサルにとって、それは逆効果だった。

「かなり乱暴で残酷だけど、今は辛くても我慢するしかないし、それ以上によく知らない凪の友達にも心を開かなければいけない」 と付け加えます。 彼は、「凪寧々はいつも一人で喋っていて、一人で快適だと感じている」と、まるでとどめを刺すかのように述べています。

自分を心配してくれるマサルに、内心そう思っていたことを告げた罪悪感で、凪の顔は真っ赤に染まった。 凪はその批判を真に受けて、「サウナスーツの着すぎかも!? 熱くなるから先に出ます」と早々にサウナ室から出ていく。

一人になったマサルは「ごめんなさい」とつぶやくが、マサルが本当に父親と同じくらい狡猾で姑息な人間であることに気づき、落ち込んでしまう。 すると、突然誰かがサウナブースに入ってきました。 彼は須三田勝を自分の考え方に納得させることができるだろうか?

凪 の お 暇 最新 話: 11巻 65話

11巻 65話の考え

素直さ、明るさ、楽しさをにじませていたマー君が、もやもやとした暗い感情に飲み込まれていくのを見るのは耐え難いものだった。

あなたの父親がクラスメートを虐待していたことを知るだけでも驚くべきことであり、それはあなたのせいではないような気がします。 確かにこの時点では布施くんも愛子も無力です。

マサルはタロウやバブルのメンバーからとても親切に扱われ、返事は二つしかありません。 それは結局、凪の友達はまともな人だという思い込みに尽きるのですが、それはスナックで知り合ったという事実と関係があると思います。 ナギ:お二人は本当に素晴らしい絆を築いていますね。

凪が連れてきた10代の青年マサルに対して、たとえ悪さをしていたとしても、大人たちが温かく思いやりを持って接してくれるのがすばらしかった。 マサルがサウナブースから出たいという意思を表明したとき、タロウは彼を最も効果的に案内する人です。

怖がって一緒に行こうとしたナギにはバブルメンバー以上に驚いたが、ナギの方が上手だった。 予想通り、マサルの純真さはともかく、ナギの自己中心的な肉体は十代の少女には刺激が強すぎる。 サウナスーツを着ても良いと思います。

ちなみに、凪が運転するため車酔いで居眠りしていたシンジは、凪とマサルがサウナに入ってくる音が聞こえたらしく、少しだけ気になっていた。 しかし、凪が服を着ていることに気づくとすぐに寝てしまいました。 その起源を観察するのは興味深いものでした。

学生時代、周囲に溶け込めずにいた凪は、マサルの境遇を理解して励まそうとするが、「自分勝手すぎる」と一蹴されてしまう。

凪の人生を垣間見るようなストレートな寓話でありながら、意外性と共感性の高さを評価していたので、マサルさんのコメントには驚きました(笑)。

しかし、それは正確です。 まるで自分が誰かのおじさんになったかのように、少しイライラしてしまうかもしれません。

強烈な発言で凪は満身創痍となるが、凪の代わりにシンジがサウナへ!

なんだか、ナギの部屋で裸でビデオチャットしているところを目撃されたマサルの姿がどんな感じだったのか気になって仕方がなかった。

彼女は、微妙なところで自分と同じような感情を抱いていて、傷ついた青年を無視できなかったのかもしれない。 意外にもシンジは優しい。

マサル「誰?」 戸惑うシンジだったが、シンジの視点は彼女よりもはるかにひねくれていて驚く(笑)。 シンジは「最近、ことわざが偉くなって困るんです」と笑いながら言うと、マサルは少し遠慮がちに「そうは思わないけど…」と可愛らしく返した。 。

シンジがそう思うように。 私は家族、教室、地域社会における人間関係に精通しています。 「頭の中で無法地帯を推奨しているわけではない」とマサルが心の中で恐ろしいことを考えていると告白すると、シンジは明るく笑う。

彼は無理して彼女に近づき、「話してもいいですか?」と尋ねたりはしません。 または「何が起こったのですか?」 まるで傷口を撫でるかのように。

シンジが自分の経験を肯定も反論もせずに受け入れてくれたのが本当にすごいと思いました。 彼はただそれらについて話し始めたわけではありません。 こんなに尽くしてくれる大人がいると知って、気持ちが楽になりました。

円のせいで友人も職場もバラバラになってしまうほど深刻な立場にあるシンジに対し、マサルが自分の悩みなんて小さいものに思えるほど徐々に心を開いていく姿を見て、10代の頃のような気持ちになって懐かしくなりました。

マサルを救えるのはナギだけ! 先月号の感想でも書きましたが、その正体は凪の元カレ・慎二!

今回、シンジとナギは、恋愛要素がまったくないように見えるプロットのひねりにより際立っています!

ナギがことわざのようなことを言ってトラブルになったとき、シンジはよくそれをからかっていました。 しかしある日、サウナで誰かのアドバイスについて話していると、マサルが「最近…良い方向に変わってきたんです」と言いました。 そう、これはナギの物語。

凪が街を出る時、シンジは「君は変わらないよ」と罵った。 シンジの言葉を聞いた凪は「変わったのはそこだよね?」と尋ねる。 彼の頬が紅潮するにつれて。 シンジとナギが和解する可能性が高まったということでしょうか? 赤飯を用意したほうがいいでしょうか? 凪はシンジを意識し始めるのか? 早く読み終えたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *