六本木 クラス ネタバレ – 最終回

六本木 クラス ネタバレ

「梨泰院クラス」は2020年にNetflixで配信され、すぐに日本でもヒットしました。 この人気韓国ドラマがリメイクされ、『六本木クラス』として2022年夏に日本でも上映されました。

この記事ではドラマ六本木 クラス ネタバレを更新していきます。

『六本木クラス』あらすじ

『六本木クラス』あらすじ

主人公の宮部新は、ある日、日本最大の外食産業・長屋ホールディングスの跡取りである長屋龍我の事件により、唯一の家族である父親を亡くしてしまう。 それだけでなく、龍我の父で長屋ホールディングス会長の茂もこの事件を隠蔽した。

絶望した新は、自分のすべてを奪った父子への復讐を誓う。 そのために、まず六本木に「居酒屋 みやべ」をオープンし、飲食業界でステップアップしていきました。

アラタの真っ直ぐで情熱的な態度を気に入った友人たちは、やがてアラタの周りに集まります。 自分の信念を大切に前に進み続けるアラタ。 果たして彼と仲間たちは任務を遂行できるのか?

六本木 クラス ネタバレ – 最終回

六本木 クラス ネタバレ - 最終回

分岐点

病院で意識を取り戻したアラタ。 すると龍我からメールが届く。 長屋(茂)は葵の居場所を知っている。 龍我は長屋に葵と龍二を連れて行ったこと、そして二人の居場所を告げた。 新はユカが止める前に病室から飛び出した。

新は長屋に近づき、葵の行方を尋ねた。 「私の人生を狂わせたのは新の責任だ」と長屋は怒りを露わにする。

「何言ってるの、おじいさん?」 リョウタは言った。 「あなたの息子さんは誰かを誘拐したんですか?」

新は、長屋で地べたに座るのは死ぬよりも悪いことだとずっと思っていた。 彼は今、何万回とは言わないまでも、何千回土下座できると信じている。

予想していたよりあっさりと土下座をする新を見て、長屋は拍子抜けした様子だった。 それが人生最後の楽しみになると思っていた。

葵も前回同様の経験をした。 龍我は葵が苦しむ姿を思う存分見せて欲しいと願う。 この長屋家が何を言おうと、彼らは誰かが苦しんでいるのを見ると有利になろうとする洗練された人々にすぎません。

本当に「立派な人間」であれば、こんなことはしません。 何が恥ずかしいのか全く分かっていないので恥ずかしいのです。

長屋は新の現在の心境を尋ねる。 「情けないですね」とアラタは答えた。 私は長屋をずっと尊敬してきましたが、息子の犯罪を装って次男に土下座を強要したこのひどい男を超えようと何年も必死に努力してきた長屋が悲しくて仕方ありません。 。

救援

新は長屋を残し、涼太とともに葵を救いに向かう。 そこで彼は、涼太と新よりも葵の方が好きだと涼太に伝えます。 涼太もまた、大切な友達である葵を同じように優先すると誓った。

葵はその時点ですでに自分と竜二の枷を外していた。 彼女は龍牙の隙を突いて龍二に龍牙を殴らせる。 竜二は一目散に逃げようとしたが、葵は動かなかった。 これで龍我を(正当防衛で)殺せる! それが彼が想定したことだ。

葵はアラタを執拗に追う龍我を暗殺しようとしていた。 しかし、竜二が介入する。 そんなことされても新さんは喜ばないよ!

彼らが逃げると、キノとその手下たちが彼らを待っていました。 葵は戦うふりをして逃走し、竜二は彼女を追いかける。 戦い! 竜二は葵への未練が残り、一人で打ちのめされてしまう。 新と涼太は現場へ急ぐ。

竜二を一人にしないでと新に怒鳴る竜太。 (葵を優先して)社長、優先順位を忘れていませんか? そう言ってアラタを追い払った良太は、キノの手下たちを打ち負かした。 私があなたの相手になります!

やはりキノは「この世界」に相応しいのではないでしょうか? 涼太をからかうが、涼太は「いや、バーテンダーの方が向いてるよ」と笑顔で言う。

一方、新は葵を発見すると即座に“愛の告白”を開始。 それがどこにあるのか、今何をしているのか全く分かりません。 もちろん龍我も攻撃。

龍我はまたしても父親に捨てられたのではないかと不安になる。 当然、その矢面に立たされたのはアラタだった。

新は葵に逃げるようアドバイスする。 “私を信じて!” 葵の拒否にもかかわらず、新は粘りました。 葵は新が死んだら自分も死ぬと主張! そう言って逃げることにしました。

そして卑劣な龍我はアラタの腹部の傷に注意を戻した。 龍我も父親と同じように、自分に起こったことは新のせいだと信じて憤りを感じている。 彼は家畜のせいですべてを失ったのです!

それでもアラタは満足していた。 新にはボロボロになっても、今は愛する人、愛してくれる人がいる。

アラタがリュウガを倒した後、ついに松下が到着した。

優香の復讐

「復讐」という点では、ユカの復讐の方がスリリングでした。 優香さんは前回検察に出向いた際に長屋さんに提出した「不正行為の証拠」をすべて内部告発したとみられる。

その結果、検察による家宅捜索が行われ、長屋の株価は暴落した。

同社はすでに上場廃止に直面しており、取締役会は売却を検討している。 長屋さんは「全責任は自分が負う」と豪語し、売却阻止に精力的に取り組んだ。

竜二はRCから買収の申し出があったことを告げる。 長屋は田辺に援助を要請したが、田辺は予想通り断った。 長屋を建てた目的が家族をお腹いっぱい食べさせることで、家族が自分たちで食べていけるようになったら、誰が買うでしょうか?

長屋は新に会わなければならないとのことで、二代目宮部のところへ行き、新に頭を下げた。 長屋を占拠しないでください。 アラタは冷たく言う。 今土下座しても無駄だ。

そもそも「土下座」に価値を与える価値観が間違っており、時代錯誤と呼ぶのが妥当だろう。

一方、ユカは故郷に戻り、シンジの墓に手を尽くした。 そこで彼女はアラタの番号にダイヤルして「おめでとうございます」と言った。

彼女はシンジに報復するために笛を吹いたとも供述した。 これからは自分のためだけに生きていこうと思います。 ユカはアラタにある「お願い」を告げる。 元気を出してください。

その言葉通り、ユカさんは自分のお店を作る決心をしたそうです。 彼女はユカの無事を心から願っています。

エピローグ

新は、新たに購入した長屋物件の管理を相川に任せることに。 相川さんと松下さんは楽しい雰囲気を作ってくれました。 桐乃も龍牙に会いに行き、以前自分を苦しめた龍牙が「ふしだらな女」であることを確認した。

涼太はリクを映画に誘い、葵はユカに新との繋がりを語った後、新に美味しい酒を飲ませようとする。 アラタの頭の中にシンジの顔が浮かんだ。

考え

お嬢様は本家を知りませんが、この六本木クラスの人たちは皆優秀でした。 オリジナル版であり、全13話と通常よりも長かったものの、限られた話数の中で、出演者の努力によりキャラクターが効果的に際立っており、見ごたえがありました。 。

少数派だと思うが、涼太を演じた中尾明慶は素晴らしかった。 この涼太は彼の個性を反映していて素晴らしいものでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *