人 の 話 を 聞く 仕事: あなたが興味を持ちそうな仕事トップ 5

人 の 話 を 聞く 仕事

この記事では、Truyenhayjp.com が人の話を聞く仕事を 5 つ挙げ、それらの仕事の詳細を説明しています。 さらに、人の話を聞く仕事に必要なスキルや就職するためのポイント、人の話を聞くのが好きな人の長所・短所もまとめています。

どれも人の話を聞くことが好きな人に向いているので、業界や職場を選ぶ際の参考になるでしょう。

人の話を聞くのが好きで転職を考えている人は、ぜひ自分と重ね合わせながら転職の自己PRにつなげてみてください。

人の話を聞く仕事とは何でしょうか?

仕事として人の話を聞くとき、ただ相手の話を聞くだけではないと言われます。

例えば、言葉にならなくても相手が何を考えているのかを理解し、話を聞きながら相手の悩みや問題点、希望を見つけ出すことが必要です。

また、よく聞くことで、聞き手は話し手が気づかなかったことに気づくこともあります。

そのため、傾聴の仕事は「人の話を聞くことで、問題や悩みを解決に導くこと」であると言えます。

人 の 話 を 聞く 仕事: あなたが興味を持ちそうな仕事トップ 5

1. 販売

人 の 話 を 聞く 仕事

営業マンの仕事は、企業などの商品やサービスを販売し、お客様に商品の説明やプレゼンをすることで売上につなげることです。

営業職は、お客様の悩みや課題を深く掘り下げ、最適な商品や使用方法を提案することが求められるため、人の話を聞くことが好きな人に向いている仕事といえるでしょう。

2. カスタマーサポート

人 の 話 を 聞く 仕事

カスタマーサポートは、顧客からのお問い合わせに対応する企業の窓口です。

問い合わせツールにはメール、電話、チャットなどさまざまな形式があり、問い合わせ以外にも顧客からの相談や苦情に対応する場合もあります。

基本的には顔が見えない状況で多くのお客様の話を聞くことになるので、ただ聞くだけでなく柔軟で冷静さも求められます。

3. コンサルティング

コンサルティング業務は、企業や公的機関が抱えている問題や課題を聞き、解決策を提案することです。

多くのコンサルタントは「コンサルティング会社」と呼ばれる会社に在籍し、チームとして顧客の悩みや課題の解決に取り組んでいます。

大手や外資系のコンサルティングファームは比較的年収が高いと言われており、転職先としても人気があると言われています。

4. 記者・ライター

人 の 話 を 聞く 仕事

記者やライターは一般的に出版社やWebメディア運営会社に所属し、記事を書くのが仕事です。 記事によっては、専門家へのインタビューやインタビューをさせていただく場合がございます。

また、記者やライターは多くの人にインタビューした結果をひとつの記事にまとめることがありますが、人の話を聞くだけでなく、話をまとめるのが得意な人に向いている仕事といえるでしょう。

5. ファイナンシャルプランナー(FP)

「ファイナンシャル・プランナー」とは、お客さまの収入や支出を客観的にアドバイスし、生命保険や投資信託、ローンなどのアレンジ方法を提案するお金の専門家です。

お客様のお金やライフプランなどのプライベートな部分を詳しく知るために、人の話を聞くのが得意な人に向いている仕事と言えるでしょう。

ファイナンシャル・プランナーになるには、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能士)」を取得するのが良いと言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *