不思議 な 話 実話 まとめ

不思議 な 話 実話 まとめ

現実の領域には、説明を無視する瞬間や、私たちの理解の限界に挑戦する出来事が存在します。 これらは私たちの心の片隅に残り、私たちの好奇心の隅を引っ張り、完全には理解できないかもしれない答えを要求する物語です。 これらの謎めいた物語の中で、ひときわ目立っているのは、私たちが知っていることと理解できることの間の影で展開される真実の物語です。 Truyenhayjp.com は、ベンチャー ロジックが踏み込む勇気のない不可解な世界を解明する探求に乗り出すので、神秘的な世界への旅に備えてください。

不思議 な 話 実話 まとめ

もう20年以上前、私がまだ中学生だった頃のことです。 夏休みが数日後に迫っていたある日、母が私と弟を車で近所のプールに連れて行ってくれました。

はっきりとは覚えていないのですが、私と兄は残りの夏休みを有意義に過ごすように母にせがんだと思います。

そしてプールに到着。 彼女の母親はプールのそばにいて、プールで遊んでいたのは私と弟だけでした。

しばらく遊んでいると、名前を呼ばれたので声のする方に振り向くと、そこには中学の同級生が立っていた。

私はその子(N君としましょう)と特に仲が良かったわけでもありませんし、同じクラスになったこともありませんでした。 私の友人はNさんと同じ小学校に通っており、何度か話したこともありました。

不思議 な 話 実話 まとめ

「偶然ですよ。」 Nさんに声をかけると、

「私も一緒に遊んでもいいですか?」 それを聞いたことがあります。

もちろん断る理由はなく、逆に兄弟二人よりNさんの方が楽しいに決まっています。 それからはずっと3人で遊んでました。

ようやく夕方も近づいてきたので、家に帰ることにしました。

Nさんは一人でプールに来ていたので、車で一緒に帰ることにした。

途中、母がNさんの家はどこなのかと尋ねました。

「この道を右に曲がってください」

「ここを出て」

「あの道をまっすぐ行ってください」

などなど、丁寧に指導してくれます。

母はその道を車で走っていましたが、しばらくして異変に気づきました。 どう考えても、彼女はしばらく同じ道をぐるぐる走り続けている。

そのことを母親に指摘されると、Nさんは「でも、私にはこの道が合っているんだよ」と言いました。 彼女が言います。 そこでNさんの言う通りにまた走りましたが、やはり前と同じ道になってしまいました。

“やめて!” 声を張り上げるNさん

不思議 な 話 実話 まとめ

「ごめんね、お父さんとお母さんがこの道だけ通って家に帰るって言ったのに…」 そう言うんです。 「この道の終わりにあるトンネルで降りて。」と彼は母親につぶやいた。

結局Nさんはトンネルの手前で降りてしまい、この日は終了となった。 Nさんが車から降りた直後、母親が「トンネルの先に家はなかったの?」と言いました。 私は彼女が首をひねっているのではないかと心配した。

夏休みも終わり、いよいよ始業式の日。 ちょっと気になった私は、Nさんと同じ小学校に通う友人にプールでの出来事を話しました。 すると友人は、Nさんは幼い頃に両親を亡くし、祖母に育てられたと言いました。

さらに驚いたのは、そのおばあさんが夏休み中に亡くなったことだ。 いつ亡くなったか聞いたら、Nさんと出会った日の少し前だった。

常識では、愛する人が亡くなった直後にプールに遊びに行くことはありません。 介護してくれていた祖母が亡くなり、Nさんは私たちと一緒に新学期を迎えることなく、別の親戚に引き取られることになりました。

もちろん、夏休み明けの始業式の日、N君はすでに親戚に引き取られており、学校には来ていませんでした。 Nさんにもプールの日以来会っていません。 結局、あの日何が起こったのかは未だに分かりません。

おばあちゃんが亡くなったとき、なぜ彼女は一人でプールに来たのですか? とうの昔に死んだはずの両親が「この道しか行けない」と言ってくれた意味とは? そして、同じ道を何度もぐるぐる回るとはどういう意味でしょうか?

Nさんの不可解な行動と祖母の死に因果関係があったのかどうかも分かりません。 いや、そもそもプールで会ったのは本当にNさんだったのか?

そういえば当時すでに親戚の家に引き取られていたはずだ。 でも、確かにNさんに似ていましたが、私のことも知っていました。

全く理解できないことだらけですが、私が体験した不思議な話でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *