下剋上 球児 9 話のあらすじとネタバレ

下剋上 球児 9 話

下剋上 球児 9 話(12月10日放送)では、準決勝の舞台となる。 恐るべきセイハとの出会いは、南雲監督の独創的な設定によって幕を開ける。

チームメンバーはスター翔を控えに控えて、根室での先発出場を決意した。

しかし、試合直前に山住が思わぬ体調を崩し、チームは危機に陥る。

南雲と越山高校が勝つのか?

試合の結果と丹羽校長(小泉孝太郎)の深刻な懸念が強調される。

それでは、「下剋上の球児」第9話のあらすじとネタバレを見ていきましょう。

下剋上 球児 9 話あらすじ

いよいよ大事な準決勝の日がやって来た。 南雲(鈴木亮平)が根室(兵頭功海)と控えエースの翔(中澤元則)を先発に起用したことに部員たちは戸惑いながらも、負けられない戦いに向けて黙々と準備を進める。

しかしそのさなか、山住(黒木華)のせいで脇腹の違和感が悪化してしまい、ついには病院に連れて行かなければならなくなってしまう。

嘉門(松平健)率いる聖葉高校は、試合が始まると新メンバーで挑む。

予想外の事態が相次いだため、越山高校の欠点は消えない。 激怒するメンバーに南雲はどう反応するのか? 越山高校は優勝戦に進むことができるのか?

そんな中、悩んだ様子の丹羽(小泉孝太郎)が犬塚(小日向文世)たちにアドバイスを求める。

下剋上 球児 9 話あらすじ

「下剋上球児」第9話ネタバレ

準決勝の重要なラウンド

いよいよ大事な準決勝の日を迎え、34年ぶりの甲子園出場を目指す越山高校野球部。

南雲は果敢に南雲の影の存在だった根室を先発させ、エースの翔をベンチに下げる決断をした。

戸惑いながらも南雲の命令に黙々と準備を進める部員たち。

さらに南雲は師匠であるセイハの嘉門監督と全力で戦うことを誓う。

山住の予期せぬ病気が越山高校を震撼させる

しかし、山住は試合前に右脇腹の痛みを訴え病院に搬送されるアクシデントに見舞われた。

先日日沖選手が山住選手の右サイドからボールを打ちました。

日置は山住を無視することはできないと感じています。

チームは山住に大きく依存しており、彼の予想外の衰えが大きな障害となっている。

予期せぬ出来事や部員間の争い

嘉門率いる強敵・聖馬高校は、試合が始まると新たなメンバーで越山高校と対戦する。

越山高校はミスを重ね、不測の事態に翻弄される!

南雲はチームの立て直しに奔走し、緊張する部員たちに冷静な指示を与える。

苦難を乗り越えるか、それとも…

障害に見舞われながらも、南雲の的確なリーダーシップと部員たちの活躍で、越山高校は試合を勝ち進んでいく。

準決勝を勝ち進み、理想の甲子園フィナーレに辿り着くことができるだろうか。

丹波校長の悩み

試合が進むにつれて丹羽の悩みも明らかになる。

甲子園に出場するのは嬉しいですが、多額の予算も欲しいです。

助けを求めたり、自分の成果をソーシャル メディアで共有したりするとよいでしょう。

「下剋上の球児」これまでのまとめ

第1話

「下剋上の球児」これまでのまとめ

三重県立越山高等学校の社会科教師として人気の南雲修司(鈴木亮平)に、2016年3月から野球部の監督兼顧問を引き受けてほしいとの依頼が入る。

しかし、野球部のほとんどはやる気のない「幽霊部員」で構成されており、南雲は家族との時間を大切にし、顧問とは考えない。

そんな折、南雲野球部は家庭科教師として新しく採用された山住加奈子(黒木華)によって強化されることになる。

山住さんは受験前から優秀な中学生を採用している。 エリートクラブチームのエース・翔(中澤元典)と、地元の名門の孫・犬塚キヨも越山に入学することになる。

山住の熱意に押されて、南雲は夏の間野球部を手伝うことになる。

第2話

夏の大会を前に、南雲(鈴木亮平)はわずか3か月間野球部の監督を務めることになる。 黒木華(山住)の依頼で身体検査が行われた。

他の部員たちがのびのびと野球を楽しむ中、新人の翔(中澤元樹)と優(生田俊平)が腕を振るい、真剣な練習に戸惑う部員たち。

一方、両親が亡くなり、新入生・根室(兵頭功海)の姉・柚希(山下美月)が跡を継ぐ。

彼は、彼女がなぜ野球を続けるのか理解できず、それが姉を怒らせるだろうと考え、彼女の学校を休むことにした。

嘉門(松平健)が監督を務める強豪・聖馬高校と対戦することになり、チームの結束力が低下し始める。

第3話

山住(黒木華)に無免許で高校教師をしていたことを認めた南雲(鈴木亮平)は、今年度末で野球部監督を辞任する意向を表明する。 それは認めます。

強豪校である聖馬高校との練習試合に敗れたものの、山住さんはチームにはまだ希望があると信じており、南雲の入学に非常に悩んでいる。

同じ頃、バッティング施設では越山高校の生徒と地元会社員の絡みがあり、南雲のクラスの生徒で野球部キャプテン日置の弟である相馬(小林虎之助)が相手の挑発に反応してしまう。

その結果、暴力事件が多発するようになった。 南雲家では入社1年目の美香(井川遥)が復帰するのではないかとの憶測が広がる。

しかし、南雲さんは、子供たちを残して東京に行くことができないと主張する美香さんに、自分には教員免許がないことを告げることができない。

第4話

「下剋上の球児」これまでのまとめ

越山高校は開幕戦で負けることしかできなかった。 南雲は心のこもったスピーチで、教職と野球部の両方を辞めることをチームメイトに告げる。

日置は3年生とともに引退を表明するが、弟の相馬は野球部に行くと言う。 一方、南雲の妻・美香(井川遥)は、子供たちを南雲の悪事から守るため、1年間の東京移住を決意する。

息子の青空は東京旅行をやめて家にいる。 南雲さんはその時警察に出頭した。

第5話

検察は南雲の事件を担当する一方、山住と校長は両親の対応に追われている。

南雲さんは、教師になった動機、教授たちへの感謝、そして自分もそのようなレベルの教師になりたいという願望を明らかにすることに加えて、自身の背景を担当する弁護士に対し、自分は両親に捨てられた後、担任教師に育てられたと語った。 。

その最中、無事に保護されたものの、根室は事件により失踪してしまう。 練習とバイトで疲れ果てた根室は、南雲から家に泊まろうと誘われる。

根室後、部員たちは南雲の家に再会する。 新中学1年生のスカウトをはじめ、潜入部員も加わる。

第6話

根室が南雲邸に滞在している間、野球部のメンバーが集まる。 検察庁は南雲の事件を処理する任務を負っている。 起訴は予定されていない。

美香の元夫・春矢は南雲と青空と再会する。 野球部は山住を新監督に選び、夏の予選が近づいている。

初戦の相手は昨年8位の五十鈴高校。 山住の噂に戸惑いながらも、部員たちは一回戦を突破する。

第7話

「下剋上の球児」これまでのまとめ

2017年夏、越山高校野球部は11年ぶりに予選1回戦を突破し、夢の優勝を果たした。

しかし、2回戦で伊賀商業に敗れた部員たちはショックから立ち直れず、山住さんは高熱を出した。

鈴木亮平演じる南雲監督が「1勝して戻ってきてほしい」とのチームへの誓いに応えて復帰。 南雲は部員たちに刺激を与え、美加が戻ってきて強力な援軍を提供してくれた今、他校との練習試合をさせることで部員たちに実社会の経験を積ませる。

しかし、予選で負けて休んでいた鳴には問題があり、犬塚と丹羽は南雲が再び指導することに納得していないようだ。

第8話

南雲が再び監督に就任した年、越山高校野球部は34年ぶりに夏の大会でベスト8に進出した。 近隣の協力を得て準々決勝に進出した。

しかし、緊張感はほとんどなく、山住と南雲は心配している。 準決勝では聖馬高校と対戦し、南雲と嘉門の師弟戦が行われる。

南雲は、甲子園前の大事な試合で先発エースを狙うべく、翔と根室の間で悩んでいた。

山住が練習中に事故を起こし、部員たちは動揺するが、山住は南雲に知らせないよう指示する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *