ユニクロ シームレス ダウン 値下げ: おすすめする3つの理由

ユニクロ シームレス ダウン 値下げ

こんにちは、ユニクロのシームレスパーカー愛好家のTruyenhayjp.comです。 毎年、最新情報と価格変換のチェックを欠かしません。

ユニクロ シームレス ダウン 値下げ: おすすめする3つの理由

10月に入っても30度を超える日が続いており、家電フロアでは暖房器具が売れないという悲鳴が上がっていますが、冬物衣料も売れないのでファッションも大変だと思います。 そんな中、皆さんはこの冬アウターを新調するでしょうか?

ユニクロの人気アウター「シーズンダウンパーカー」が今年もアップデートして登場。 詳細については後ほどお話したいと思います。 その前に、シームレスパーカーの基本をおさらいしておきましょう。 ユニクロで販売されているアウターは、その名の通り縫い目がきれいでシームレスな作りで隙間風を防ぎ、暖かさを保ちます。

ユニクロ シームレス ダウン 値下げ

1.しっかり暖かい

ダウンは暖かくて気持ちいいです。 名前が示すように、縫い目が見えないシームレス構造で、隙間風を防ぎ、暖かさを保ちます。 バッグの内側はフリース素材なので、手を入れるだけで暖かさを感じられます。 衿も高めでしっかりしているので、首元に風が吹き込む心配もありません。 ユニクロで試着してみると暖かくて快適です。

2. 優れたデザイン

デザインに好みはありますが、かなり気に入っています。 秋口のユニクロでマネキンが着ていた「シームレス」のシャツがカッコいいと思って心を奪われました。 2015年から販売されているようですが、なぜ昨年販売されなかったのでしょうか?

なんといってもシルエットが素晴らしいです。 重要な点は、襟が正しく立っていることです。 ファスナーを閉めても開けても自立し、シルエットが綺麗なのでおすすめです。 色もマットなのでダウンにありがちな光沢感はありません。

3.価格も安い

価格は12,900円(2018年モデルより14,900円に値上げ)とユニクロのウルトラダウンと比べると高価ですが、このクオリティなら他メーカーの3万円~5万円の範囲内になると思います。 暖かいし、快適だし、何より涼しい。 この羽毛製品はユニクロであることを忘れてしまうほど安いと思います。

購入してみませんか?

ユニクロ シームレス ダウン 値下げ

そんなに気に入ったら今すぐ購入してみてはいかがでしょうか? 「見直してみたら、2015年モデルが12月に値下げされて9,990円になっている。20%以上オフになっているのでは?」と思われているようです。 今買っても実際には12月まで着ないので、値段が下がるのを待って12月に買おうか迷っています。 安くなっても色やサイズがなくなってしまっては意味がありません。 ジャケットのサイズに合わせて着たかったのでサイズ感は重要で、デザインも良いので色にもこだわりたかったです。 私は何度もそうやって泣いてきたので、これは問題です。 ユニクロからのメールを見るたびに、値下げされているのかとワクワクしながらメールを開いてしまうのですが、値段は変わらず、チラシに記載されている価格も変わらないので、とても楽観視しています。 もう売れてしまったのかな。

11月には誕生日祝いがあると思うので、値段が下がらなかったら諦めて購入しようかと思います。 でも12月に値段が下がったら悲しいですね…。

ユニクロ誕生感謝祭とは?

2020年11月末にも開催されることが発表されており、ぜひお探しのシームレススーツがセール品になってほしいです。
裾のシームレス仕様は毎年着実にアップデートされており、今年は肩のラインを立体裁断しより体にフィットする仕様に。 どう思いますか?

1. 3Dカット

私自身、アウターを着て積極的に動くことはないので、フィット感や動きやすさよりもデザインが重要だと考えています。 残念ながら、2020年モデルは肩のラインが少しゴツゴツしていて、洗練さに欠ける感じがします。

2.バッグのデザイン変更

入れやすさはそのままに、よりバッグらしいデザインに仕上げました。 もちろん内側はフリース素材なので中に入れるととても暖かいです。

2020 シームレス パーカーの価格はいくらですか?

ユニクロ シームレス ダウン 値下げ

ユニクロ感謝祭バースデー1はセール対象外で価格は14,900円のままです。 9月5日にネットで発売されましたが、まだ気温が30度を超えていたため店頭には置いておらず、今回店頭に並ぶようになったので、ぜひチェックしてみようと思いました。

1.外装素材をマットな質感に変更

今のところ、継ぎ目のない毛羽立ちは少し光沢感があり、生地が硬いです。 個人的にはしっかりとした質感が好みですが、2019年モデルはマットな質感になっており、より柔らかく履き心地が良くなりました。

ディテール面では、2018年は5針だったスリーウェイブランケットが、2019年は4針になり、よりすっきりとした印象になりました。 マットな仕上がりで、光の下でわずかに光沢があります。

2. ファスナーを上げても帽子が顎に当たらないように変更!

前モデルでは極寒時にファスナーを上まで上げると顎に当たってしまうため、個人的にはファスナーを最後まで引かず、襟をV字に開いたままにしていたのですが、 2019年モデルはデザインを改良しました。 ファスナーを最後まで上げても顎に当たらない仕様に変更し、極寒の時期でもファスナーを上まで上げて着用していただけます。 耐寒性が向上しました。

2018年モデルの方がネックの立ち上がりが良くなりましたが、2019年モデルはネックが少し低めになっていて顎に当たらない作りになっています。

3.バッグを止水ジッパーに変更する

シームレス羽毛で雨風を防ぐ機能がさらに強化! ポケットのジッパーは防水仕様になっており、雨や風に強いです。 バッグ内側は2018年同様フリース素材なのでとても暖かいです。 防水、雨風に強いファスナーに変更しましたが、入手が難しくなりました。

4. ジッパーとフロントアジャスターも変更

フロントファスナーのアジャスターも指にフィットしスムーズな上げ下げを実現するオリジナルデザインを開発するなど、細部までこだわりました。

他にも珍しい点がいくつかあります。

1. フードストッパーをリニューアルしました。

何かのボタンのように見えますが、実はフードのワイヤーストッパーです。 それは毎年明らかな変化点です。 ストッパーの下側に紐が付いております。 ちなみに2018年モデルのストッパーはこんな感じです。

2.また内ポケットのファスナーが欠品しております。

2018年モデルはジッパーが付いていますが、2019年モデルはジッパーが無くベルクロに変更されています。 2018年モデルの内ポケットはファスナー式になりました。

3.左内ポケットも変更されています。 ヘッドホン穴が欠品しています。

完全ワイヤレスヘッドホンの普及により、2018年モデルまで存在したヘッドホン用の穴はなくなりました。 これも時代の流れなのでしょうか? 2018年モデルまでは内ポケットにヘッドフォンジャックが付いていました。

ダウンシステムは毎年定期的に更新・開発が行われ、機能やデザインが向上しています。 基本的な軽さと暖かさはしっかりと保たれているので、寒い冬も暖かく過ごせます。 そしたら安くなったら買えばいいじゃん!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *