マリン フォード 頂上 戦争 何 話

少年漫画『ワンピース』で起こった大規模な戦争。 マリンフォード頂上決戦とも呼ばれています。Truyenhayjp.com と一緒に詳細をご覧ください

マリン フォード 頂上 戦争 何 話

1. 白ひげ海賊団vs海軍本部! 世界を揺るがす決戦!!

海軍本部のあるマリンフォードにて、白ひげ海賊団2番隊隊長ポートガス・D・エースの公開処刑が決定した。

海軍は“海賊王”ロジャーの息子エースを処刑し、その忌まわしい血を断つ。 仲間を決して死なせない白ひげは、海賊船団を率いてマリンフォードへ突入する。 世界政府の二大勢力、海軍本部と王下七武海が襲来。 どちらが勝っても負けても時代が変わってしまう、史上空前の戦いが勃発した。

マリン フォード 頂上 戦争 何 話

白ひげは「世界を滅ぼす力」と言われる「グラグラ」の能力を持っています。 その力は圧倒的だったが、海軍本部の最大戦力である「三大将」と七武海を擁する海軍も負けず、一進一退の戦いが続く。 そんな中、ルフィたちはインペルダウンからの脱獄囚を連れて突入する。 戦いはますます混迷を極める。 状況を打開するため、海軍は強力な兵器「パシフィスタ」を投入する。 さらに白ひげ傘下の海賊大渦スパイダーのスクワッドを説得し、白ひげに致命傷を与えることに成功した。

一方、ルフィはひたすら処刑台のエースを狙う。 立ちはだかる七武海や海軍精鋭たちに苦戦するも、白ひげやマルコら白ひげ海賊団船長、イワンコフらインペルダウン脱獄グループの支援を受け、ついにエースの解放に成功する。

2. エース死亡…!! 頂上戦争ついに決着!!

マリン フォード 頂上 戦争 何 話

「みんな!!必ず生きて!!無事に新世界へ帰ってね!!!」 自らの死期を悟った白ひげは最後の「船長命令」を出し、仲間たちに残りを託した。 白ひげは残りの命を賭して仲間の逃亡を手助けする。 しかしそんな中、海軍“大将”赤犬の攻撃からエースがルフィをかばい、腹部を貫かれる。 エースは自分を愛してくれた仲間に感謝し、ルフィの腕の中で息を引き取った。 ルフィはショックのあまり意識を失います。

戦場がさらなる混乱に包まれる中、インペルダウンの最下層LV6から解放された世界最悪の犯罪者たちとともに黒ひげが襲いかかる。 白ひげを攻撃する。 黒ひげらの攻撃を受けた白ひげは最後に「『ひとつなぎの大秘宝』は実在する!!!」と言い残して死亡しました。 死んだ白ひげから力を奪い、「ヤミヤミ」と「グラグラ」という2つの強大な力を手に入れた黒ひげは、自らの時代の到来を宣言し、海軍本部を破壊する。

それでも海賊も海軍も武器を捨てず、戦いは泥沼化する。 しかし、そんな不毛な戦いを止めようと海兵隊コビーが声を上げる。 その行為を邪魔と見た赤犬は拳を振り下ろすが、それを止める者は誰もいない。 それは四皇の一人、赤髪のシャンクスでした。 シャンクスは海軍と海賊の両方に剣を与えることを提案し、センゴク元帥もこれに同意する。 こうして、後に「マリンフォード頂上戦争」と呼ばれる『大海賊時代』開幕以来最大の戦いは終結し、歴史に深く刻まれた。

3. 麦わらの一味、しばしの別れ!!

マリン フォード 頂上 戦争 何 話

間一髪、ジンベエに助けられたルフィは、ローによって急行した潜水艦に乗せられ、マリンフォードを脱出し、女ヶ島へ転送される。 治療の甲斐あってルフィは一命をとりとめた。 彼の脳裏に、幼少期のエースともう一人の“兄”サボとの思い出が甦る。

後悔と罪悪感に打ちひしがれるルフィだったが、ジンベエの言葉で自分にはまだ大切な仲間がいることを思い出させる。 仲間に早く会うため、シャボンディ諸島へ向かおうとするルフィの前に、レイリーが現れ、ある提案をする。
その後、ルフィはレイリー、ジンベエとともにマリンフォードを再訪する。 この行為はすぐに世界中に広まったが、そこには散り散りになった友人たちへのメッセージが隠されていた。

「私は力をつけて、二年後にシャボンディ諸島で再会します。」
ルフィからのメッセージを受け、麦わらの一味は2年後の再会を決意する。 ルフィもレイリーのもとで修行を始める。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *