ベルセルク 最新 話: 第375話

ベルセルク 最新 話

ベルセルク 最新 話である第375話「晴夜と霧の朝」のあらすじを考察していきたいと思います。

374話のあらすじ

374話のあらすじ

ガッツとその仲間たちが乗っているタツノオトシゴ号に対するクシャン軍の海軍攻撃は、ベルセルク第374話の主題です。彼らは急いで船に乗り込み、セルピコとイシドロは彼らの寝台を見つけるために巧みに抜け出しました。

シールケの儀式は静かに行われるはずなので、セルピコはファルネーゼの安全を心配する。 しかし、クシャーン家は特別な部屋を念頭に置いています。

二人はガッツが瀕死の状態で倒れている部屋にたどり着く。 調子が良ければ間違いなく襲撃チーム全体を壊滅させるだろう。 しかし幸いなことに、彼はそうではなかった。

鎖に繋がれた黒い剣士を見つめる、見慣れたクシャーン族の幼い瞳が見えたからである。 リッケルトが来た!

これがどこに行くのかは、現在多くの推測の対象となっています。 おそらくガッツはクシャーン人と協力して共通の敵であるグリフィスと戦うことになるでしょう。

クシャーン人がミッドランドを制圧し、海軍力で拡大していることがほのめかされているが、リッケルトの存在はガッツに深い意味がある可能性を高める。

この再会でガッツの精神は若返った、あるいは少なくともある程度は強化されたのかもしれない。

ベルセルク 最新 話 – 第375話

ベルセルク 最新 話 - 第375話

シラットはスケリッグ島を出航するタツノオトシゴを待ち伏せしたクシャン艦隊を率いていたようだ。

なお、ファルコニア事件後、リッケルトとエリカに同行することを選んだダイバは現在シラットの部下として機能しているようで、タツノオトシゴ攻撃を提案したのもダイバである。

シラットはディバの「空に垂れる月」などのより神聖な予言の影響を受けていたようだが、ガッツがタツノオトシゴに乗っていることをディバに与えたのは「縛られた獣」という言葉だった。 したがって、シラットは移転されたようです。

しかし、シラットにとって「縛獣」という言葉はガッツとは何の関係もない。 むしろ、シーホースは、スパイ活動を目的としてクシャン海域に侵入したファルコニアからの侵略である可能性のある敵対船です。 ただし、一度に 1 隻の船しか存在できないということに彼は納得していないようだ。

シラットとガッツには原因と結果の法則に支配された悪い関係があるように見えますが、彼らはそれをつかみ、なぜこの地域に侵入したのかについて船員に質問するつもりだと思います。

ダイバはガッツの存在を感じながらも、シラットには何も語らず、彼女を捕まえるためにはタツノオトシゴの船を動かす必要があるとだけ告げる。

ガッツの驚異的な力により、魔物が多く生息するクシャーンも危機に瀕していると思いますが、ダイバはガッツとの戦い以来ずっとガッツに対して深い愛情を抱いています。

ファルコニアはクシャーンから敵視されているようで、ダイバはファルコニアの進軍がクシャーンを狙った場合にはガッツを戦闘員として受け入れるのが最善であると考えている可能性が高い。

また、台場はグリフィスをこの世界において神に近い絶対的な存在であると信じていると思います。 しかし、魔法の探求者として、ガッツの力がグリフィスに使用されるかどうか知りたいと思っています。 そうかもしれませんか?

クシャーンにしてみれば、タツノオトシゴ捕獲はすぐに終わる簡単な任務だったが、ガッツが普通に行動していたらどれほどの被害が出たかは計り知れない。

ガッツの無力な現状も、最終的にはガッツとクシャーンが協力してファルコニアの進撃を阻止する因果関係の結果だと思う。

しかし、この原因と結果のサイクルは、全世界を征服するというグリフィスの計画でもあるのかもしれません。

さらに、船倉に立てこもっていた鎖獣ガッツをクシャーン兵が引っ張ったようだ。

ベルセルク 最新 話の感想

ベルセルク 最新 話の感想

前回の感想で「リッケルトが最後に登場するキャラクターなのか?」というようなことを言いました。 どう思いますか?』と言うが、和花が出てきたらもう確定!

ついにガッツ一行+リッケルト&クシャーンVS鷹の団が現実となる!

しかしここでリッケルトはかなり気になることを言います。

クシャーン領海に突如現れた…?

え、ちょっと待ってください? どうしてそうなったのですか? とても困惑しています。

ということは、クシャーンの領海は妖精島のすぐ近くにあったということでしょうか? それとも無意識にワープか何かに行ってしまったのでしょうか?

後者なら、なぜですか? 一体誰がガッツの船を操縦したのか?

そうですね、クシャーン帝国は私の記憶が正しければ、ミッドランド王国の東に位置します。

リッケルトとワカが追放した【バキラカ村】の位置は明らかではないが、今回リッケルト自身が「クシャーンの領海」と言っているので東にあるというのも誤りである。 おそらくそうではありません。

しかしその一方で、西海の孤島スケリッグ島にはフェアリーランド(妖精島)が存在する。

ちょうど向かい側にあるのでしょうか?

間違っていたら申し訳ありませんが、間違いでなければ、誰かに飛ばされたか、地球を一周したということしか思いつきません。
(西の端まで行けばミッドランドの東の端に着きます)

もちろん、地球の周りを一周している可能性もありますが、もし誰かが地球を吹き飛ばしてしまったらどうなるかを考えてみましょう。

誰が? まあ、グリフィスだけだけどね。

なぜ? ガッツとリッケルトとシラット(若い頃)を合わせるくらいしか思いつきません。

なぜガッツをリッケルト達に紹介したのですか?

ガッツに兵力を整えて戦わせるとは…? ? ?

今、リアルタイムで考えながら書いているんですが、鳥肌が立っています。

その可能性はゼロではないような気がします。

もちろんグリフィスがゴッド・ハンドになった動機は「自分の国を手に入れる」ということですが、そもそも彼が闇に落ちた理由はガッツに捨てられたからです。

ガッツは僕の手から滑り落ち、僕を一人の人間(大人)として去ってしまった…

そこからグリフィスは自暴自棄になり、ついに紅蓮のベヘリット(覇王の卵)と再会する。

つまり、そもそもグリフィスの行動の優先順位は何なのか?

国を手に入れる<<<根性を自分のものにするのです。

ちなみにグリフィス自身は転生(インカーネーション)直後にこれを否定している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *