ベクヒャン 71あらすじ

ベクヒャン 71

今回は「ベクヒャン 71」と「ベクヒャン 70」のあらすじを紹介していきたいと思います。

ベクヒャン 71あらすじ

ベクヒャン 71あらすじ

プヨンが飲んだ薬は鎮痛剤だったが、飲みすぎると子供のように意識を失い、最悪の場合死に至る。

女官たちはまた死刑について話している。

ソルランは見つからないようにブヨンを夜中に連れ出すが、ヘ・サピョンに見つかってしまう。

王様はソルランを待ちます。

王様はソルランになぜプヨンを連れ出したのか尋ねます。

ソルランは必死にブヨンに助けを求める。

彼女はプヨンが王様の娘だと言っています。

王は彼女がなぜ黙っていたのかと尋ねます。

ソルランは突然顔を上げて王様を見つめます。

彼は、夜も眠れないほど娘がいなくて寂しかったことを彼女に語り、彼女は娘がこんなに近くにいたことに気づかなかったことを謝る。

王様はソルランを抱きしめながら泣きます。

ソルランとミョンノンのいる場所へ行きます。

そこでソルランはミョンノンを愛していると告白する。

ソルランは明日王様と一緒にガリムへ行き、戻ってきたら自分が妹になると決意していました。

私が王子を女性として見るのはこの瞬間が最後になるだろう。

ソランは王子の唇に唇を重ねます。

ソランさんはこの夜を一生心に留めておくつもりだった。

泣いてる…

ソルランは呆然と眠り続けるブヨンに昔の恋人との思い出を語る。

彼はソルヒを守ることが自分の役割だと常に思っていた。

私はあなたの妹です。

たとえ他のすべてを忘れたとしても、これだけは覚えておいてください。

ソルランは王とともにガリムへ向かう。

ホン大臣は国王の体調が悪いため外出を心配している。

母と王が出会ったカリン。

ソルランは思い出の道を歩き、母親の話を聞きます。

ミョンノンは神武様がよく行く狩場へ行き、姿が見えない神武様に自分の思いを叫びます。

神武大君は王を憎んだように、東城王を憎んで生涯を送りました。

東條王のせいで国王の悪口を言われて悔しかった。

しかし、王様のおかげで彼らは救われました。

それは国王にとって非常にトラウマ的な決断だったに違いない。

王様が待っていますので、また来てください。

その言葉を聞いたチンム様。

王様が戻ってくると、ソルランに王女の称号を与え、盛大な宴を開くことになります。

しかし、ソルランは虚ろな表情を浮かべた。

王女になったら世子の妹として生きると言うソルランの言葉を国王は苦々しく聞く。

ソルランとミョンノンの深い想いを知った王様は悩む。

ソルランは宮殿に戻り、プヨンが目を覚ましたことを知る。

ブヨンは様子がおかしいが、ソルランのことを姉としてよく覚えていた。

国王は皇太子の勝利を祝うために晩餐会を開きたいと考えています。

王宮では晩餐会で誰がタンヨンダンスを踊るかという噂が持ち上がる。

王女がいないので、王宮で一番高貴なお嬢様が踊るようです。

いよいよパーティーが始まりました。

ダンサーはもちろんソランです。

彼女は本物のスベクヒャンです。

彼女の実在の人物を知っている人も知らない人も、彼女の美しいダンスに魅了されます。

ソルランは王女にならないことを決意し、王宮を出ることにした。

もし彼が宮殿に留まれば、ミョンノンはソルランのために王位を譲ることになる。

妹として生きるのは辛すぎる。

ソランに対する彼女の気持ちを理解した王はそれを受け入れ、やっと会えた大切な大切な娘を手放した。

ソルヒを連れて宮殿を出た直後、王は倒れてしまう。

ミョンノンは急いで神武様を探します。

王の危篤を知らせるが、チンム公は「関係ない」と言って立ち去ってしまう。

国王は戸佐平を伴って東條王の肖像の前に立つ。

百済は王によって繁栄させられた王の国だとヘ・サピョンは言う。

しかし、王は違うと言います。

百済は佐平の国と言われています。

自らの賞賛と栄光の裏で、狡猾な謀略家として侮辱されながらも、百済のために自らを犠牲にした。

おそらくペク・ガに東城王暗殺をそそのかしたのはモヘ・サヘイだったのだろう。

百済のためなら王さえも利用する男。

しかしそのおかげで百済は救われました。

王様は、いつも自分を守り、王子を守ってくれた佐平に感謝します。

そして、若くて美しい王妃を残したことを謝罪する。

ヒ・サヒはスベクヒャンとミョンノンが自分を求めているのを聞いて泣き崩れる。

王様に促されてミョンノンは王様の椅子に座ります。

王様は、その席はあなたのものだと言います。

王に残された時間はわずかだ…

さて、次回はいよいよ最終話です。

ソルランとミョンノンはどうなるのか?

ベクヒャン 70あらすじ

ベクヒャン 70あらすじ

チンム様が王の部屋から出てきて、

「あの人は私の父親ではありません。私の父は東条の大王です」と彼は言います。

ミョンノンは神武様の胸を掴み、口を閉ざすように言いました。

チンム様はそれを振り払おうとしますが、それを受け入れません。

ソルランはジンム卿が自分と血を分けた兄であることを知る。

ミョンノンは散乱した神武公の写真を拾う。

ミョンノンの目から流れる涙を見た王は心が痛む。

ミョンノンは「世子の称号を返してください」と頭を下げる。 チンム皇子に私の名前を返してください。」

ソルランはマサドクにミョンノンは王の子ではないと告げる。

「王子と私は兄妹じゃないんだから、憧れてもいいんじゃないですか?」と言う。

ソルランは王も世子も苦しんでいるのに幸せになってしまった自分を責めて涙を流す。

ヨン・ダリンはこれが本当かどうかを確認するためにヘ・サヘイのところにやって来ます。

ヘサヘイはまだ知らない。

ホン大臣はヨン・ダルリに「黙っていて下さい、そうすれば先王の息子が無事に王位に就きます」と優しく言います。

これまで武寧王が東城王を殺し、世子の邪魔をしてきたと信じていたヨン・ダルビは、王が東城王の息子のために自分の息子を追い出したことを知り動揺する。 隠すことはできません。

二人の会話を聞いて佐平は驚く。

ミョンノンは宮殿を出る準備をし、必要なものを買うためにソルランを市場に連れて行きます。

兄ではないことを知ったソルランは、自分の気持ちを隠す必要がなくなり、表情も明るくなった。

彼はミョンノンに腕を回し、ミョンノンは「二度と手を離さないで」と言います。

ソルランは手放したくない。

しかしその一方で、民の命を常に気にかけていたミョンノンが王宮の外で暮らすことは不可能だと感じていた。

ミョンノンはここ数日神武様の姿が見えないと報告する。

彼はそれを探しに行くと言います。

武寧王は彼女の言葉を遮り、東城王の肖像画を見るように言いました。

彼はミョンノンに東城大王の偉大さを語る。

そして私はその肖像画に声をかけます。

「東城国王。私はあなたの息子です。あなたに似たとても立派な王子様に成長されました。ついに王子様がお迎えに来ました。」

王様はこの日を長い間待っていたと言います。

王様は続けます。

「しかし、東城王、今日が私の最後の日です。この世では世子が私の息子です。私には息子が二人いますが、百済の王子は一人だけです。」

つまり、国王はミョンノンを世子にするつもりだけだ。

ソルランは考える。

もし彼が自分が自分の娘であることを王様に告げれば、王様はとても喜ぶでしょう。

しかしそうなるとミョンノンとは兄妹として暮らさなければならない。

私たちは彼がさまざまな妻や夫を受け入れるのを見るでしょう。

それは好きではありません。

二人で王宮を出たとします。

ソルランがそうしたいなら王子は断らないだろう。

最初は、彼らはその後も幸せに暮らすだろうと確信しています。

しかし、やがてミョンノンは後悔することになる。

ミョンノンは王になるために生まれてきた。

百済の願いが叶わず、自分自身を恨む日が来ると思うと辛いです。

ソルランはミョンノンとの将来に絶望し泣き叫ぶ。

ブヨンはジンム様が行方不明であることを知る。

そしてソランの仕業だと誤解する。

ソルランは、戦争が終わったため、プヨンが間もなく死刑判決を受けるという噂があることを知る。

ソルランは妹を一緒にキムンに帰ろうと誘う。

ブヨンも同意する。

ソルランは喜びの涙を流す。

しかし、ブヨンは心の中でソルランに薬物を投与しようと画策していた。

テウンはグチョンを治療した医師を見つけたとショドクに報告する。

彼はまだクチョンが何者なのか知りません。

チンム様は一人旅に出て、自分の気持ちを整理しました。

ヨン・ダルリはソルランに世子に会わせてほしいと頼む。

ヨン・ダレンはひざまずいて謝罪した。

それから彼は王にすべての罪を告白し、どんな罰も受け入れると言いました。

高句麗の刺客を捕らえるために敵と通信し、キムンを妨害し、戦場で皇太子を殺そうとする…。

ソルランは高句麗の暗殺事件についてヨン・ダルランを訪ねる。

彼は誰からそれを聞いたのですか?

ユンたちは口ごもる。

ソルランはそれがブヨンの仕業ではないと信じたいが、その願いも長くは続かない。

最後にソルランは吉楽殿に行きたいというプヨンを連れて行きます。

ブヨンは国王の誕生日に自分が埋めた筍酒をプレゼントとして飲もうと申し出る。

酒に薬を入れたブヨンは何も考えずソルランに薬を差し出す。

しかし、酒を飲む直前にソルランはあることに気づいた。

彼は「私に毒を盛ったのですか?」と尋ねます。

それから彼は父親について話します。

プヨンは父親が生きていると思っている。

ソルヒを守って死んだと思っていたが、実は生きていた。

はい、彼は生きていました。

しかし彼は亡くなりました。

ブヨンがチンム王子に高句麗の暗殺者を捕まえるように言ったからだ。

彼の父親は暗殺者だった。

彼の父親は、王が母親を殺したと誤解しました。

そこで彼は暗殺者となって国王を狙ったが、君を見て諦めた。

父親は体中が傷だらけで重傷を負ったものの、なんとか一命を取り留めた。

ソルランはあなたが彼を死なせたと叫ぶ。

「そんなことはありえない」と慌てるブヨン。

ソルランさんは黙秘するつもりだったという。

プヨンも知らずにやってた。

しかし、再びソランを騙して殺そうとした。

ソルランはいつまでこんなことを続けるのか、感情が爆発して叫びます。

ブヨンはソルランの言葉を信じたくない。

彼は最愛の父親を殺しました。

彼は認識されません。

彼は現実を自分の都合の良いように操作し、それが本当に現実であると自分に納得させようとします。

しかし、彼はその痛みから逃れることができなかった。

追い詰められたブヨンはソルランに飲ませようとした薬を飲んでしまう。

テウンは医師に相談して描いた娘のスケッチをヘサピョンに渡す。

その写真を見て佐平はショックを受ける。

そこに描かれていたのは紛れもなくソルランだった。

佐平はその絵を王様に渡します。

王様は突然信じられなくなりました。

目の前にいる彼の本当の娘に気付かなかったなんて信じられない。

やがて、ソルランが自分の年齢と故郷について話した日のことを思い出す。

意外な王様。

ソルランが気づいてほしくてその言葉を言ったのだと理解したのだろう。

しかし、彼は気づきませんでした。

王様が苦しんでいる姿が想像できます。

王はミョンノンとの別離の意味を理解すべきだ。

ところで、ソルヒさん。

彼は死んではいませんよね?

以前サドを使ってソルランに飲ませようとした記憶喪失の薬だと思うのですがどう思いますか?

熱が出て咳が出て、子供時代以外の記憶をすべて失うだろうと言いましたね。

そうだとしたらソルヒにとっては幸せな選択だったかもしれない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *