ブンゴ 最新 話: 31巻~36巻

ブンゴ 最新 話

リトルシニアは、中学球児を主人公にした二宮裕次の中編小説『BUNGO』の舞台。 このスポーツ漫画は、ライバルたちと出会い、最終的にチームに加わるまでの 3 年間、一人で壁に向かってプレーしてきた文吾の才能ある成長を熱烈に描いています。

この記事では「ブンゴ 最新 話」のネタバレと見どころを解説していきます。

1巻から6巻までのあらすじ

1巻から6巻までのあらすじ

文吾、本名は石浜文吾は、人生にただ一つの情熱を持った少年です。 過去 3 年間、彼は庭の壁に絵を描いています。

彼が出会ったのは全国レベルの天才バッター、野田幸雄だった。 この出会いをきっかけに文吾は静雄先輩に加わる。

生涯右投手だった文吾は、実は左利きであることが判明し、左投手の練習をすればするほど野球への準備が整う。

文吾が大量の三振を記録し、初めての公式戦で勝利を収めるのを目撃するのは爽快だった。

5巻からは強豪・上本牧先輩との対戦になります。 静雄のエース・吉見は、馴染みの上本牧先輩と対戦し、怪我をしながらも気迫の投球をします。

7巻から12巻までのあらすじ

7巻から12巻までのあらすじ

全ての投球時間を使い果たした吉見監督は、同点の8回に文吾を登板させることにした。 文吾はエースを三振に打ち取り、驚異的な投手力を見せて勝利した。

静雄は全国大会への出場権を獲得したにもかかわらず、2回戦で敗退した。

文吾たちは中学3年生になり、付き合って2年になります。 文吾と同学年の鮎川鋭太はその後絶対的エースとなり、実際、文吾の成績は上がらなかった。

文吾は背番号1を獲得するため、捕手の袴田洋とともに変化球の習得に励む。

ついに、豊後と鮎川のエースの座を巡る争いが始まった。 文吾はBチームの投手となる。

13巻から18巻までのあらすじ

13巻から18巻までのあらすじ

過去2年間で、野田は徐々に日本トップのスラッガーの一人に成長した。 そんな選手を相手に文吾は野田を真ん中の本気のストレートで三振。

久しぶりに野田と文吾が意味深な対立をしているのが愛おしかった。

文吾と鮎川の直接対話の結果、文吾は紅白戦で敗れたものの、背番号1を賭けた試合が関東大会に延期された。

静雄は3回戦で親友の上本牧と対戦する。 文吾が好投する中、頼れる4番・野田が苦戦。

野田の低迷は、紅白戦後、文吾の実力を見て自分の欠点に気づいたことも一因だった。

19巻から24巻までのあらすじ

19巻から24巻までのあらすじ

上本牧をノーヒットノーランで破った豊後は4回戦で藤が丘と対戦する。 エース・鮎川の前に、攻守に優れた巨漢・川村が立ちはだかる。

川村に逆転ホームランを打たれたことで、鮎川は文吾にマウンドを譲る決断を下した。 文吾が投げるとチームの力関係は完全に変わり、静雄は再び形勢を逆転させた。

文吾は鮎川の武器であるジャイロスライダーを使い、最終ラウンドで川村を倒し勝利を収めた。

ついに文吾にスターティングジャージが与えられた。 当然、各機関のスカウトも彼をマークし始める。

文吾に劣等感を抱いた野田は、文吾にふさわしい4番の座に上がるためにU-15代表で渡米する。

25巻から30巻までのあらすじ

25巻から30巻までのあらすじ

野田は成長を遂げ、リトルシニア全国選手権MVPに輝いた。 豊後と野田はともに絶好調で日本選手権に臨む。

エースナンバーを背負い、文吾は自信を漂わせ、もう限界に近づいている様子だ。

無事3回戦まで進むが、2回戦では文吾の妻役の袴田が怪我をしてしまい緊張する。

さらに、日本代表で4番を背負う知田翔大先輩・伴野選手が対戦相手となる。

ひょんなことから野田が捕手の代わりを務めた文吾は、斬新な速球テクニックで伴野に勝負を挑み、静雄は準決勝に進出する。 文吾はまたしてもノーヒットノーラン記録を破った。

ブンゴ 最新 話: 31巻~36巻

ブンゴ 最新 話: 31巻~36巻

準決勝の相手は宮松シニアです。 先発の鮎川は1回3失点。

静雄は鮎川の意地安打と野田の2打席連続ホームランで同点に追いついた。

鮎川の投球に触発された文吾は、3ランホームランを放ち、チームを優勝決定戦に送り出す。

決勝の相手は優勝した流山シニア。 流山と全日本最高の投手である稲永太陽の両選手に触発され、文吾は試合前夜に100球以上を投げた。

文吾は不安を抱えながら決勝戦をスタートした。

家長は両投で1回表に静雄打線を破った。 36巻は投手戦予想で終わります。

『BUNGO―ブンゴ―』の見どころ

高校生やプロ野球漫画が主流であるのに対し、『BUNGO』は甲子園以上を目指す中学球児が主人公。

近所のチームに所属していなかった文吾の姿を見て、才能や環境、友人たちとの関わりを痛感する。

本当に中学生ってこんな感じなのでしょうか? とツッコミを入れたいと思うことも多いが、プロのスモールシニア時代の成績を見ると意外と現実的だ。 新たな才能が開花するのを見ると、心が高鳴ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *