ブラッド ハーレー の 馬車 ネタバレ

ブラッド ハーレー の 馬車 ネタバレ

今回は『ブラッドハーレーの馬車』を紹介します。 「ブラッド ハーレー の 馬車 ネタバレ」の詳細については、以下をお読みください。

あらすじ

あらすじ

沙村広明は漫画『ブラッドハーレーの馬車』の作者。

彼女は、孤児院から高名なブラッド・ハーレー家に引き取られた後、年に一度、聖公会オペラ・カンパニーに加入する。

そう思い期待していた女性たちは、恐ろしい悪夢に見舞われることになる。

少女たちの絶望と対人関係の困難を描いたサスペンス作品。

キャラクター

ダイアナ

彼女は14歳の頃から孤児院で育ち、ブラッド・ハーリー家への養子縁組が選ばれた。

ステラ・コーコラン

彼女は前年にプリシラの養女となり、今年もステラを養女に選んだ。

ニコラ・A・ブラッド・ハーリー

ブラッドハーレー家の当主。

ブラッド ハーレー の 馬車 ネタバレと感想

ブラッド ハーレー の 馬車 ネタバレと感想

パスカ羊

孤児院では毎年、ブラッド・ハーレー家に養子として迎えられ、オペラ劇団のメンバーとなる少女を1人選抜することに、少女たちは興奮している。

そのうちの1人は今年選ばれたダイアナさんだったが、彼女は刑務所に移送された。

ダイアナは、自分が差し戻し囚人の生贄として連れてこられたこと、そして養女であることは実は嘘だったことを知り、打ちのめされる。

最初のエピソードの冒頭で述べたように、女性たちは「パスカの羊」として知られていましたが、その物語がどれほど暗いものになったかに私はショックを受けました。

ステラとプリシラ

今回の物語の主人公は、彼女の養女に選ばれたステラです。

ステラはプリシラが前年に賞を受賞したという事実が羨ましかったため、祝福することができませんでした。

当然ですが、ブラッド・ハーレー邸に護送されるわけではありません。

ステラは暴力を受けるが、隣の部屋にプリシラがいるという事実が彼女を勇気づけた。

誰が採用されるのでしょうか?

孤児院の少女たちは、実際に少女が養子縁組に選ばれた場合、刑務所に入れられることを知る由もない。

誰もがブラッドハーレー家に選ばれることを望んでいるのです。

誰が選ばれるか、誰が選ばれないかを自分で決める女の子の集まりを組織すると、問題が発生するのは明らかです。

彼女たちの競い合うやりとりも見どころの一つだ。

ブラッドハーレー家の運命

まず第一に、この残忍なシステムを設計したのはブラッド・ハーレー家でした。

私は刑務所や孤児院、その他の施設で働く人々と話すことを控えてきましたが、これを無期限に続けることはできません。

ブラッドハーレーによれば、この制度は善意で設立されたものだが、結果を伴わずに終わることはあり得ない。

物語の結末で、ブラッドハーレーの代償が明らかになります。

まとめ

エピスコパル・オペラ・カンパニーへの参加を志し、名門ブラッド・ハーレー家に養女として引き取られた少女たち。

しかし、そこでは過酷な運命が彼らを待っていた。

重いものを背負ったブラッドハーレー家の運命も気になります。

哀愁を帯びた作品ではありますが、ストーリーとビジュアルが素晴らしいので、ぜひ読んでみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *