ディー グレイマン ネタバレ: 248話

ディー グレイマン ネタバレ

ディー グレイマン ネタバレ!!!

過去は終わり、今、未来が始まります。

物語は、マナがベンチに座って夕日を眺め、夕日の中でジョニーとマスター・ティエドールを待つところから始まります。

ディー グレイマン 247話 あらすじ

ディー グレイマン 247話 あらすじ

アレンとカンダは過去の話を終えた。

アレンはマナが本当に死んだのか疑問に思い、カンダにマナの死因を告げる。

アレンによれば、旅をするうちに魔力がどんどん弱くなり、最後には旅ができなくなり(動けなくなった?)、眠るように亡くなったという。

これまで不明だったマナの死因がついに明らかになった。

マナの死は事故によるものではなく、衰弱していったためらしい…。

彼女の弱さ(最初の死)の原因はマナにイノセンスを適用したためだと考え、マナをAKUMAに変えてイノセンスで彼女を倒しました(2回目の死)。

マナが二度死んだのは自分のせいだと思うと、彼女の絶望は計り知れないものだったと思います。

神田は、おそらくアルマが教団によって生かされていたため、マナが本当に死んでいるのかどうか(墓を掘って)確認できるかどうか尋ねます。

予想通りアレンは拒否反応を示すが、マナもこの聖戦と全く無関係ではないのが現状である。

かつてクロス・マリアンがレッド・アームだった頃、アレンを殺そうとしたのに守ろうとしたマナとは何者なのか? ネアの生まれ変わりであるアレンが、ネアの兄であるマナと出会ったのは偶然だった。 それはアレンが今になって考えてみて、『マナ』の存在が戦争と何の関係もないことに気づいたからかもしれない。

しかも、アレン達はまだ知らないが、アレンと共に旅をしていたマナはミレニアム伯爵であり、かつてクロスとロードが二人の旅を見守ってくれたのである、これは揺るぎない事実である。 。

きっと墓の中には何もないか、マナが千年伯爵である証拠が隠されているのだろうが、いずれにせよ、アレンはこれまで聖戦とは関係がないと思っていたマナのことを徐々に知っていく。 その後、彼は自分が千年伯爵だったという現実に直面することになります。

アレンはジョニー、ティエドール、そしてずっと隠れていたリンクも加わり、アポクリフォスについて知っていることをすべて話します。

教団にはアポクリフォスに関する情報がないため、イノセンスと書かれた立方体も怪しいのではないかと誰もが疑う。

今後の動向についても話し合いました。

呪文の力で記憶を改ざんされたことを(知られると狙われるから)隠したまま、カンダとティエドールは教団に戻り、偽装しているアポクリフォスとマナの墓を調査することにする。 枢機卿になる。

一方、アレンはジョニーとリンクをキャンベル邸に連れて行きます。

神田が問い詰めると、ル・ベリエがリンクの復活に関わっていたことが判明するが、リンクはル・ベリエがアポクリフォスについて知っていることを隠していた。

現時点で教団内でアポクリフォスのことを知っていると思われるのはル・ベリエとレニーだけだ。

なぜ教団の存在を知りながら秘密にしてきたのか、なぜ教団設立のきっかけとなった立方体にアポクリフォスが書かれなかったのか、そこに教団の真実が隠されているのかもしれない。

次回からはいよいよ物語が大きく動きます。

聖戦の真実は隠蔽されブックマンは隠れているのか? キャンベル邸。

長い間謎に包まれていたこの邸宅をついに訪れることができると思うと、今後がとても楽しみです。

このままでは、現在のラビたちがどのような姿をしているのかが分かる日も遠くないだろう…。

キャンベル邸には何が隠されているのでしょうか? ノアに捕らえられたアポクリフォスに何が起こったのか? 教団に拘束されようとするリナリーとマリに何が起こっているのか? ラビは生きていますか? , ティム・キャンピーは復活できるのか? まだまだ謎が多いですね。

ディー グレイマン ネタバレ: 248話

ディー グレイマン 248話 ネタバレ

アレンとネア

アレンは前回、全員に物語を語り終え、いつの間にか眠りに落ちていた。

洗面台で顔を洗うと、鏡に映る彼の姿がネアに変わり、ネアはアレンに話しかける。

実はアレンとネアがコミュニケーションを取るのはこれが初めて。
21巻第198夜では、ネアはアレンに自分の名前と千年伯爵が狂っているとしか話さなかったが、今回でついに二人は会話することになる。

アレンとアポクリフォス

ネアがアレンに言った言葉は衝撃的だった。

もしかしたらアポクリフォスに変身してしまったかもしれません。

この時点で、アレン自身がアポクリフォスによって作り変えられていたことがついに明らかになりました。

35年前にネアが見た「アレン」と比べると、今のアレンは全くの別人(願望、容姿、誓いなど)である。

ネアがアレンに「消える前に(記憶を)思い出してほしい」と言ったのは、35年前の「アレン」がなぜ別人になってしまったのかを知りたいからだ。

35年前、ネアと「アレン」は協力関係にあったようだが、ネアが復活した際(24巻第215夜)、「さようなら、友よ……これからは敵だ」と言い残した。 したがって、この時代、二人は対立関係にあるので、「アレン」が何を考えているのか知りたいのかもしれません。

自分自身に対する不信感

今回、ナイルからアレンへ様々なキーワードが伝えられた。

一つは35年前の言葉。

35年前はネアが亡くなった時期であり、ネアがよく口にしていた言葉である。

しかし、それを知っているのはノア側の人間だけであり、それはネアとアレンの会話で伝わったため、アレン自身も35年前にそのキーワードを知った。

ネアが亡くなった35年前が現時点での物語最大のターニングポイントであり、ネアがホストとして「アレン」を選んだのもこの時だった。

もう一つのキーワードは、会話の最後に35年前の「アレン」がネアのホストになったことだ。

アレンは今まで自分がホストになったのは偶然だと思っていたが、自ら選んでホストになったことが分かる。

彼の姿も考え方も変わった35年前の私は何を思い、なぜ彼のホストになったのか。

この疑問が彼に自分自身への不信感を与え、この物語は終わります。

クロスが最も信頼していた人物

ネアは未来の手がかりが霊界の邸宅と「カテリーナ・イヴ・キャンベル」であることをすでに知っており、クロスが最も信頼していたアレンに自分の過去を思い出してもらいたいとも思っている。 彼はあなたが尋ねるべきだと言います。

この人物が誰を指しているのかは明らかではありません。

しかし、クロスが最も信頼する人物は、マナの死後、アレンを匿ったマザーだった。

箱舟を使って教団から逃げたアレンが最初に向かったのはマザーのいる場所だった。

それで、キャンベル邸に行く前に、まず行くべき場所は母の家です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *