テラフォー マーズ 最新 話: 最終結果の予測

テラフォー マーズ 最新 話

今回は、『テラフォーマーズ』の最終回の結末予想と回収されていない伏線を一挙公開します。「テラフォー マーズ 最新 話」について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

テラフォーマーズの概要

テラフォーマーズの概要

ある日、地球の人口急増をきっかけに火星への移住戦略「テラフォーミング計画」が策定される。

火星を居住可能な惑星にするためには温暖化する必要があり、そのために「コケ」と「ゴキブリ」が利用された。

そして500年後、より徹底的な分析を行ってゴキブリを調べるために、選ばれた数名が研究者として火星に行くことになる。

しかし、科学者たちが火星で観察したものは本当に驚くべきものでした。

ゴキブリはテラフォーマーに変態し、完全に人の姿となった。

テラフォーマーの恐るべき力と残虐性が人類を圧倒する。

無力な私たちをよそに、人類は昆虫の能力を利用して反撃する「昆虫手術」を開発。

この物語は、悲惨な状況の中で生き残る人類と、発達したゴキブリ、またはテラフォーマーとの間の闘いを描いています。

『テラフォーマーズ』は完結しましたか?

原作は完結しているのでしょうか?テラフォー マーズ 最新 話

結論から言うと『テラフォーマーズ』はまだ完結していません。

2023年4月現在漫画は休載中です。

現在地球編の中盤にある作品のため、大幅なストーリーの変更が予想される。

テラフォー マーズ 最新 話とは何ですか?

現時点での最新刊は22巻です。

著者:たかし先生の体調不良のため、お休みさせていただきます。 本も漫画も再出版されない。

迫力ある戦闘シーンと緻密な人物描写のため、22巻を読むのは時間がかかりそうだ。

タカシ先生の体調が良くなるまで、1巻から22巻まで準備しておきましょう。

完結まであと何巻かかるでしょうか?

私の意見では、30巻以内で終わるはずです。

物語は徐々に伏線を回収する段階に入っていますが、入手可能な最新巻には伏線はありません。

ゴキブリとの戦いは地球編に移り、これが最終章であることは明らかです。

人類の存在と運命、そして未解決の謎についての物語がどのように展開するのか興味があります。

現在の未回収の予言の解説

現在の未回収の予言の解説

デザイナーベイビー燈の父親は誰?

火星編の中盤でトオルが遺伝子組み換えされたデザイナーベイビーであることが判明する。

しかし、徹の父親の正体は未だに謎に包まれている。

本書の主人公アキラは、道場「膝丸心眼流」がある児童養護施設の軒下に捨てられ、師である草間志宇に育てられた。

ライトの出生は不明で捨てられていたが、マーズ編の途中で本田明医師に昆虫の手術をさせた両親から生まれたデザイナーベイビーであることが判明する。

この状況で最も重要なことは、これまでに公開されている資料に基づいて、トウの親が 4 人いるということです。

4人の母親は、張明明さんと秋田奈々緒さんであることも判明した。

では、父親候補を検討してみましょう。

ティン

タイ語で錫は「光」を意味します。

これだけを見ても彼は父親の有力候補ですが、私はティンの主力の蹴り攻撃とトウの回し蹴りの使い方にも満足していました。

小町小吉

小吉との関係でトウと頻繁に交流があり、火星編ではミッシェルとトウの安全を守るために自らの命を危険にさらした。

母親の秋田七緒と小町小吉の名前にちなんで「あきたこまち」として知られる秋田米の影響もある。

同様に、「膝丸燈」とお米を結びつけるのが青森県産米「ゆめあかり」です。

「ゆめあかり」というお米の品種は、実は「あきたこまち」を母として育種されたものです。

作者の高家氏も名前を決める際にこの縛りを意識していたのではないかと思います。

単純に現在登場しているキャラクターだけを考慮すると、上記の点からこの2人が妥当と思われます。

致死率100%のAEウイルスに感染して生き残った少年は誰でしょうか?

致死率100%と言われるA.E.ウイルスは、マーズ編の最後に登場する少年と互換性がある。

火星から飛来した致死率100%のA.E.ウイルスは、トウの幼馴染みのユリコとアシモフの娘ジーナにも感染した。

ワクチン接種を受けずに臓器移植を受けた小さな子供は、この致命的な感染症が治癒した後、健康であると宣言され、退院しました。

AE ウイルスに対する抗体を持つ利点はまだ不明ですが、それを説明する努力をすることには何らかの意味があると私は信じています。

少年が退院した後、入院した患者は女性と子供だけだったという事実が、さらに謎を深めている。

少年は明らかな伏線として描かれていたので、伏線が修正されるとわかっているので、漫画が再び始まるのを楽しみにしています。

発動者の脳は何を見たのでしょうか?

テラフォーマーのリーダーとして、インヴォーカーは地球を攻撃します。 しかし、地球版ではイワンが彼を捕らえ、彼の遺体はロシアで検査される。

研究室では彼の頭と体が切断され、主に脳の研究が行われていたが、発動者の体の一部が生き返り、頭を取り戻して走ることが可能となった。

発動者の脳の分析は失敗したと思われていたが、イワンの発言により発動者の視覚認識はすべてデータとして記録されていたことが明らかになった。

発動者が観察したものを解析するのにはまだ時間がかかりそうだが、全体像がわかれば物語は大きく進むと思う。

スニーカーの目的は何ですか?

テラフォーマーと中国軍、ニュートン家が連合した組織「スニーカーズ」は、地球編で日本を守る一護ら対ゴキブリ派を迫害した。

私たちがスニーカーを結成したのには理由があります。3 つの組織のいずれも、感情的に動かされる組織ではありません。

これは、最初の目標と最終的な目標が同じであることを示します。

他のグループの目的は現時点では不明です。 ニュートン家の世界的支配が公にされた唯一の目的である。

インヴォーカーは密かに追加研究を行って中国首相を暗殺していたため、スニーカーを元に戻すことはないだろう。

そのため、私はニュートン家以外のグループの最終的な目的が何なのかを知りたいと非常に興味があります。

ラハブの本当の正体と目的を考える

作品内で議論されている理論はこのトピックの下にまとめられています。

ラハブはかつて第 5 惑星でしたが、彗星の衝突により消滅し、それなりに発達した文明を持っていました。

したがって、文明の発展に先立って地球と火星に大きな影響を与えたと主張されています。

神話ではラハブがゴキブリの成長の功績とされていますが、これは進化の概念に反しています。 ラハブの存在は間違いなく物語にとって重要です。

では、ラハブの本当の使命とは何だったのでしょうか? 私は、A.E. ウイルスのかなりの部分が火星のピラミッドの下に埋め込まれたという事実に関係していると考えています。

苔や虫を撒くだけではなく、資金があれば地下住居空間を開発するつもりだったでしょう。

ラハブが人類を絶滅させるために火星の地下に罠を仕掛けたのは、人々が人類の概念を超えて人類と同等の存在になることを望まなかったのかもしれません。

この時点で、発動者が見ていたものと、地球編における混合モンスターと呼ばれる人々の出現について推測することが不可欠となり、謎はさらに大きくなります。

最終結果の予測

最終結果の予測

本編で描かれるラハブの動機とは別に、最終回の予想をする際に私なりの解釈を述べたいと思います。

最後に、「ラハブの文明を再び再建する」というラハブの目標を検討してみましょう。

たとえ時間はかかるとしても、数千年前に蒔かれた種は、ラハブが生きている間に去ってしまったとしても、生き返らせる可能性を秘めています。

人間、ゴキブリ、A.E. ウイルスがその 3 種である可能性が最も高いです。

ゴキブリは火星の過酷な環境に耐えられるように進化したと言われていますが、突然人間に変身するというのは奇妙に感じます。

さらに、「ゴキブリが人間と同じ体で、いや神々と同じ体で近づいている」という一文によって、ラハブ人も人型の生命体であったことが明らかにされる。

ウイルスは通常ではありえない進化を引き起こした。

別の言い方をすれば、A.E.ウイルスはラハビテスと似たDNAを持っており、ゴキブリが進化した際にラハビテス(人型生物)がこのDNAを獲得した可能性が高い。

さらに、フィクションでは、A.E. ウイルスは火星への人間の入植者を一掃する目的で導入されたと主張されています。 しかし、このウイルスの唯一知られている影響は、臓器の変化を引き起こして犠牲者を殺すことです。

これを整理すると、地球には人間とゴキブリが住み、火星にはかなりの数のA.E.ウイルスが生息することになる。

ラハバイトが最終的にゴキブリから発展して絶滅するように、ラハバイト計画では人間にゴキブリを分散させる任務を与え、ゴキブリには火星のA.E.ウイルスに適応する任務を割り当てた。 あるかどうか議論中です。

結論としては、人間とゴキブリの子孫であるラハブテ族が本格的に戦闘を行うことになると思います。

そうすることで、ゴキブリの伏線や新たに発見された人間の能力など、物語の謎が明らかになるのではないかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *