テラフォー マーズ 再開: いつ再開されますか?

テラフォー マーズ 再開

テラフォー マーズ 再開?」 この記事で調べてみましょう。 さらに、休載の理由や作者の急病の背景、死亡説の真偽、作者の現在の病状などもここで解説していきます。

テラフォーマーズのあらすじ

テラフォーマーズのあらすじ

21世紀初頭、地球では火星を人類が住めるようにする「テラフォーミング計画」が進められていた。

「コケ」と「ゴキブリ」は非常に重要で過酷な条件に耐性があり、この実験のために特別に火星に輸送される。

それは500年以上前のことであり、私たちは現在26世紀にいます。

2500年以来火星に存在していたドローンとの交信がある日途絶えたため、火星の故障の原因を調査し、ゴキブリを発見・捕獲するために6人の宇宙飛行士が派遣された。 集めたら有人宇宙船バグズ1号に積み込んで火星へ打ち上げます。

一方、ゴキブリは火星で異常な発達を遂げ、昆虫人間、つまり「テラフォーマ」と呼ばれるようになりました。

テラフォーミングされたバグは容赦なく 6 人の宇宙飛行士を殺害します。

宇宙船バグズ2号で新たな乗組員が結成され、この出来事から22年後の2599年に火星のゴキブリを根絶するという目標を掲げて地球を出発した。

乗組員の中には主人公の小町小吉もいた。

火星に降り立った小吉たちは、テラフォーマーと呼ばれる人型の昆虫に襲われる。

それにも関わらず、小吉と彼の仲間たちは、昆虫のDNAを人間の体に統合し、昆虫の特性と能力、そして昆虫と戦う能力を与える「バグ手術」として知られるユニークな医療処置を経験します。

こうして小吉は、人類の未来を最終的に決定する戦いに身を投じる。

テラフォーマーズが休載になった理由は何ですか?

2018 年に恒久的な休載状態に入る前に、『テラフォーマーズ』は複数の休載期間を経ました。 長らく休載していましたが、2018年12月6日、ヤングジャンプにて「作者急病のため、しばらく休載させていただきます」との発表が掲載された。 それから4年以上が経過しましたが、何の発表もありませんでした。

そのため、ファンからは番組が終わってしまうのではないか、終わらないのではないかとの懸念の声が頻繁に上がっている。

テラフォーマーズが休載になった理由は何ですか?

原作者は病気なのでしょうか?

2018年12月、原作者である貴家悠が病気のため一時的に作品の出版を中止することが正式に発表された。

作品の人気が高かっただけでなく、公式ガイドブックや雑誌のインタビューで原作者の貴家悠さんが笑顔を見せる姿も見られ、長期休載はネット上でも話題となった。

病気の詳細は明らかにされていないものの、治療のため長期の休養が必要なことからファンは心配している。

富樫の病気、頚椎症性神経根症、不安症は漫画家によく見られる病気だ。 しかし、有名作品の連載やアニメ化、映画化などの多忙なスケジュールの影響で、体調を崩したのではないかと考えられる。 性別も別の可能性があります。

作者亡くなったんですか?

原作者の病気による休載が発表されているものの、病状やその他の情報は明らかにされていない。

休憩後、『テラフォーマーズ』にも取り組んでいたイラストレーターの橘賢一氏は、貴家悠のことをほとんど話題にせず、2019年12月20日以来、何も話していない。

さらにグランドジャンプでは2021年に橘賢一の新連載『GIGANTIS』のプレミア公開が決定した。

そのため、ネット上では「原作者・貴家悠さんとの共作を打ち切るほど重篤だったのではないか」「障害者になったのではないか」などと議論されるようになった。 一部の信者の間で、著者が亡くなったのではないかと推測する傾向が強まっていた。

中国からの圧力?

中国が圧力をかけたとの噂もある。 映画の中で、中国の指導者はゴキブリが地球侵略を始めて記者会見を開いた際に彼らと握手をしようとするが、その過程で殺されてしまう。

さらに、中国の広範な裏工作、他国を転覆させようとする試み、中国人乗組員が母国で実際に経験した苦難の描写などにより、中国に圧力がかかったとも考えられている。

テラフォー マーズ 再開されますか?

シリーズはいつ再開されますか?

テラフォーマーズは打ち切りになるという噂がありますが、ヤングジャンプの目次に記載されているように正式に休載となります。

公式予告では休載の原因として原作者の病気療養を挙げているため、体調が回復すれば連載が再開される可能性もある。

最新刊の発売や連載再開はいつ?

いつ再開するかは不明

テラフォーマーズをフォローしている人なら、間違いなくシリーズの次回作に興味があります。 ただし、いつ再開するかはまだ不明です。

原作者の病気治療が休載の原因となっており、体調が良くなったら継続する予定。

過去には『冒険王ビィト』などを担当していた稲田浩司氏が2006年から長期病気休暇をとりましたが、2016年には連載が再開された形跡があり、もしかしたら『テラフォーマーズ』も再開されるかもしれません。 アップも同様に。

23巻はいつ発売されますか?

最新刊である22巻は2023年4月に発売予定なので、23巻の発売を待ち望んでいた方も多いでしょう。 第23巻の発売は当初2019年を予定しておりましたが、延期となりました。

イラストレーターの橘賢一氏が新連載を開始したため、連載が再開されるかは不明。 ただし、23冊目は2024年まで出版されないとの報道もある。

最新刊が出版されるまでにはまだ時間がかかりそうなので、既刊を読み返してストーリーやキャラクターをもう一度見直してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回は、週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画『テラフォーマーズ』の打ち切りと復活の報道について考察しました。 『テラフォーマーズ』は2018年より原作者・貴家悠氏の病気のため休載となっている。

病名も内容も秘密にされ、4年以上復帰の見込みがなかったため、打ち切りの噂が流れ始めた。 しかし、番組は中止にはならず、現在は活動休止中だ。 原作者の体調が回復するまでは再開されないので公式発表をお待ちください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *