ダイヤ の A Act2 ネタバレ – 第34巻

ダイヤ の A Act2 ネタバレ

ダイヤのA Act2 34巻が発売されました。 この第34巻でダイヤのエースは最終回を迎えます。

2006年から第一部が連載開始され、少しの休載を経て第二部がスタートしました。 そこから2022年まで約17年間続いたシリーズはこれで終了となる。

ダイヤ の A Act2 ネタバレ」については読み進めてください。

ダイヤのエースってどんな漫画?

ダイヤのエースってどんな漫画?

寺嶋裕二は日本の漫画『ダイヤのA』の作者です。 第2部『ダイヤのA actⅡ』(ダイヤのエース アクトツー)は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて2006年24号から2015年7号まで連載された。

ダイヤのエースとは、いわゆる野球漫画の一つで、高校球児を題材とした作品のジャンルです。

この作品のおかげで高校野球をリアルに楽しむことができるでしょう。

魔球や秘技、超人に似たキャラクターなどは一切出てきません。

これは、ひたむきに努力し、ひたむきに練習し、まっすぐな野球をして、甲子園を目指す球児の物語である。

控えめに見えるかもしれませんが、説得力のあるプロットといくつかの感動的なシーケンスを備えた素晴らしい作品です。

あらすじ

主人公の沢村栄純は、どこにでもいる野球少年の一人です。

彼はチームメイトや幼なじみと一緒に最後の中学校野球大会に参加しましたが、負けてしまいました。

東京西部の名門・青道高校野球部スカウトの高島礼子は、偶然にも優勝戦を観戦していた。

一緒に青道高校の練習を見に来た栄純は、そこで運命の出会いをする。

青道高校の正捕手・御幸一也とタッグを組んだことで、栄純の人生は一変し、故郷・長野での学業を辞めて青道高校に入学することを決意する。

そこから彼の熱い高校野球人生が始まる。

ダイヤ の A Act2 ネタバレ – 第34巻

ダイヤのAは主人公の沢村栄純が青道高校に入学するところから始まります。

前編は高校1年生までの物語。

後編は春のセンバツ(春の甲子園)から始まり、2年生になった頃の話です。

最終巻となる34巻では、夏の甲子園出場をかけて栄純が青道高校のエースとして登板する西東京大会決勝戦が描かれる。

34巻の見所はなんといっても因縁の相手・印南との戦いの決着です!

昨夏も同じ西東京大会決勝で対戦し、涙を流しながら戦いました。

この時は試合終了まで青道がリードしていましたが、土壇場で同点に追いつかれ、残念なサヨナラ負けとなりました。

同点を許したのは他ならぬ栄純の投球だった。

当時1年生だった栄純は、自分のせいで尊敬する先輩たちの甲子園出場の夢を壊してしまったのではないかと悩み、イップスを患うまでに苦しんだ。

そんな縁のある人が稲見です。

ついに彼らに復讐する時が来た。

『ダイヤのA actⅡ』34巻について

青道vs稲実の試合結果

34巻では9回裏の最終決戦が描かれます。

スコアは2-1で青道がリードした。 しかし稲見はノーアウト1、3塁で走者を塁に出す。

マウンドに上がったのは主人公、青道のエースとなる沢村栄純。 打者に投じたチェンジアップは、体勢を外されながらも左翼席へ運ばれた。

結果はレフトフライでした。 3走者の成宮はタッチアップを狙ってホームに走るが、左翼を守っていた降谷のレーザー光線が外れてしまう。

一気に2アウトランナー2塁(タッチアップで1塁ランナーが進塁)に形勢が変わりました。

次打者を全力三振に打ち取り、青道高校が2-1で見事勝利した。

稲実はどうしても勝てなかったが、ついに青道が勝利した!

書き下ろし34巻307.5話「僕らの明日」

34巻には本編の間に新規ページが24ページ追加されています。

本編の第307話と第308話の間の第307.5話に位置し、サブタイトルは「僕らの明日」となっている。

第307話は、試合後に栄純が青道高校に戻り、栄純の左腕の違和感が投手と捕手の前で明らかになったところで終わりました。

第308話はそこから一気に甲子園2回戦へ。

それはこの雑誌を追いかけてきた読者全員が思ったことだ。

このタイミングで主人公が負傷? ! えっ…甲子園はどうなの…

いや、すべてをスキップしてすでに 2 ラウンドをプレイすることに何の意味があるのでしょうか? ? ? ! ! ! !

この部分は書き下ろしとして収録されています。

青道対稲実戦の翌日。

青道高校野球部寮の食堂のテレビでは東東京大会決勝戦が放映されていた。

青道野球部の面々はテレビで試合を観戦するが、話題は前日から左腕の違和感に気づいた栄純のことであった。

栄純は大丈夫だというメッセージで会話は終わり、それぞれがそれぞれの会話に戻ります。

中には倉持と春一のコンビの姿も。 春一は倉持の進路について尋ねたが、倉持はきっぱりこう言った。

この二人の信頼関係が本当に大好きです。

栄純と美雪がこれくらい率直に話せたらいいのに!

寺島先生曰く、東東京大会決勝戦は「サイドストーリーとしてどこかで描かれる予定」とのことなので楽しみです。

続編はあるのでしょうか?

続編はあるのでしょうか?

さて、最後に気になるのは続編はあるのかということです。 それが私の言いたいことです。

この作品は一度完結していますが、元々は1年生の物語が第1部、2年生の物語が第2部(第Ⅱ幕)として進行していました。

3年生には第3弾があるのではないかと思いながら読み続けました。

実際、後輩たちにも魅力的なキャラクターが多数登場しており、特に正捕手の御幸一也の次を任されそうな沢村の妻役の由衣や奥村、降谷の妻役などの重要人物が、 卒業生も登場します。 。

同地区のライバルである印南や薬師に入学した印象深い新入生や、全国区でもライバルとなりそうな駒大藤巻など、3年生編を描く準備は十分だ。

物語上はエースとなったが、降谷の不振が目立ったため抜擢され、準決勝の市大三高との試合では栄純の存在感がさらに際立った。

各プレイヤーにはまだまだ改善の余地があるので、ストーリーは続編に向けて良い状態になっていると思います。

もちろん、完結したシリーズなので、続編があるという保証はありません。

可能性はかなり低いとは思いますが、続編が作れない状況ではないので、一縷の望みはあると思います。

最終話後の新規投稿もあります

これはかなり驚きでした! こんな事があるとは言ってませんでしたよね? !

巻末には14ページの大ボリュームで掲載されました。

時はすでにみゆき世代が引退した9月。 御幸はU-18代表に招集され、次世代の青道野球部はすでに始動していた。 (次期キャプテンは間違いなく金丸だ!!)

引退した深雪が野球部に現れると、栄純と降谷が声をかける。

栄純と降谷は、美雪と出会って人生が確実に変わった二人です。

ボールをねだる深雪に付きまとっていた二人が最後に求めたのは、深雪との真剣勝負だった。

すごい、この子供たちはすでに現在のチームメイトとの将来を見据えています。

栄純たちの成長を感じられる、たまらないシーンでした。

バッターボックスに立った深雪はマウンド上の栄純に「待ってるよ…どうぞ」とつぶやいた。

栄純がみゆきに向けて始球式を全力で投げる場面で物語は終わる。

栄純と深雪の真剣勝負はどうなるのか?

みゆきさんの進路はどうなったのでしょうか?

そもそも御幸世代の夏の大会の最終結果すら発表されていなかった。

それでも、物語を終わらせるのにこれ以上良い方法はなかったと思います。

ダイヤのエースという作品をずっと追いかけてきた方にとって、この新刊を読むことができてとても嬉しかったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *