ダイヤ の エース ネタバレ

ダイヤ の エース ネタバレ

高校野球を題材にした汗と涙と感動の物語「ダイヤのA」は、子どもから大人まで楽しめる作品です。

主人公の沢村栄純がチームメイトとともに甲子園を目指して成長していく物語です。 沢村栄純は、投手としての才能を見込まれ、一流野球アカデミーに入学した。

この記事では「ダイヤ の エース ネタバレ」を共有していきます。

ダイヤ の エースの概要

ダイヤ の エースの概要

高校野球を題材にした寺嶋裕二によるスポーツ漫画『ダイヤのA』は、アニメなどのメディアミックスプロジェクトにも影響を与えている。

『週刊少年マガジン』にて2006年24号から2015年7号まで第1部が全47巻で連載されました。

同年38号より第2作『ダイヤのA actⅡ』も連載された。 主人公・沢村栄純を中心に、個性豊かな登場人物たちが様々な挑戦や戦いを乗り越えて、それぞれの成長を遂げていく物語です。

魔球のような超人的な描写はなく、描写はリアルで、シリーズ全体を通していわゆる「悪役」キャラも登場しない。 物語の舞台は悪い小学校ではなく、良い高校です。 それがこの作品の強みと言えるだろう。

累計発行部数4,000万部を超え、数々の団体の漫画賞を受賞している有名作品です。

野球の強豪校・青道高校に投手としての才能を認められ、合格した沢村。 そこで彼は、後に最大の敵となる天才投手・降谷暁と出会う。

上級生を無視して3人しかいない1年生のレギュラーに選ばれた栄純は、変わり者だが才能に恵まれた上級生とともに甲子園を目指す。

しかしその年の夏、青道高校は地区優勝戦まで勝ち上がったが、甲子園では残り1アウトでサヨナラ負けを喫した。

夏の大会後には新チームを立ち上げ、その不満を糧に結束を高めて秋の大会へ進む。 苦しみながらも青道高校は勝利し、優勝し、甲子園出場を決めた。

沢村たちは厳しい冬合宿を経て、全国制覇を目指して春の選抜に出場する。

2回戦とベスト8に進出したが、3回戦で敗退した。 春を迎え部員も増え、春の都大会準決勝まで駒を進めた青道高校だったが、またも敗れて関東大会には出場できなかった。

片岡監督は今回の挫折を経て、夏に向けてチームを全面的に立て直す考えを示した。

春から故障がちだった降谷のため、夏の大会は沢村にエースナンバーが与えられ、沢村たちの2度目の夏が始まった。

ダイヤ の エース ネタバレ

沢村が青道高校に入学して一般生徒になるまで

ダイヤ の エース ネタバレ

長野県中学野球部の元選手、沢村栄純さんが東京の高校野球の名門・青道高校を訪問。

沢村はひょんなことから、御幸一也の1学年上の捕手として見習うことになった。 その快感が忘れられず、沢村は青道への入学を決意する。

沢村は青道高校野球部に入部するが、遅刻が続き、練習中にボールに触ることも許されないため、監督の片岡鉄心は腹を立てる。

春の大会に向けて一軍出発の日、試合観戦を拒否し、選手一人で練習していた沢村は、同じく残っていた一年生とキャッチボールをすることになり、その迫力に驚かされた。それを彼はボールを投げた。

ここで彼はライバルである降谷暁と出会い、後にエースと血みどろの決闘を繰り広げることになる。

最近一軍に加わった降谷は御幸とバッテリーを組み、最近二軍に加わった沢村は滝川クリスユウ捕手(3年)と組むことが発表されている。

クリスは練習にも参加せず、一軍入りを諦めた様子で、沢村は激怒せずにはいられない。

クリスは肩の問題を隠し続け、それが致命的な怪我につながり、回復するのがほとんど困難になりました。 実はクリスは素晴らしい捕手だったことが分かり、周囲の期待も大きかったため、捕手として活躍し続けた。

沢村はクリスが競技人生を諦めずリハビリを続ける姿を見て師として尊敬するようになった。 彼は、引退するまでに自分がどこまで到達したかをクリスに証明したいという意欲を持っていました。

沢村と、抜群の打撃センスを持つ1年生の小湊春市の昇格が最終公式戦後に決定した。

沢村が夏の大会に全力を尽くす決意をしたのとほぼ同時期に、クリスを含む数人の3年生選手が引退を決断した。

青道3年生の丹波は、夏合宿の練習試合中に大怪我を負い、途中退場。

丹波が予選に間に合う可能性は極めて低かったが、片岡は丹波にエースナンバーを与え、復帰するまでチーム一丸となって戦うよう命じる。

沢村1年生夏の大会

ダイヤ の エース ネタバレ

西東京大会では青道学園が好スタートを切り、3回戦まで快勝した。 4回戦の相手は明川学園なので外国人投手梁舜臣が必要だ。

台湾出身の楊選手は海外に留学し、日本の野球に夢中になり、その比類のないコントロールの正確さから「精密機械」の異名をとった。

先発の降谷選手の持久力の無さにつけ込まれ、青道が先制点を許してしまいました。 明川の好プレーが相次ぐも、青道は失点が続く中、「最後まで続けてほしい」という降谷の希望にもかかわらず、投手交代を要請された。

一人の走者も出さず、降谷のイライラを引き受けた沢村が明川打線を封じた。 両者譲らずの七回、青道が5点を奪った。

この夏は楊にとって、留学生として甲子園出場という目標を達成する最後の機会となる。 陽選手は秋川選手のホーム復帰を試みたが失敗したが、最終的には青道選手が7-2で勝利した。

明川学園を破り、青道高校は史上初のベスト8進出を果たした。 次節の相手は1年生スラッガー轟雷市を擁する薬師高校。

薬師に影響を与えようとする青道の父、雷蔵五郎監督の策略により、青道は最強の中継ぎ投手で薬師に挑み、積極的な継投が功を奏した結果、試合は青道ペースで進んでいく。

しかし、等々力が沢村からホームランを盗んで青道は窮地に陥る。 盗塁に動揺した沢村は投球中に意識を失い、2年生投手の川上にボールを託した。

あと1安打で同点という大事な場面で、青道エースの丹波投手が登場する。 薬師のエース真田俊平と丹波の試合は丹波が勝利した。

八回の攻撃では青道が得点し、丹波が切り札として隠していたフォークを等々力に打ち取り、青道が勝利を収めた。

地区予選トーナメント準決勝、青道高校の相手に選ばれたのは、名将・鵜飼和嘉率いる仙仙学園。

仙泉の牧洋介投手(2年)は、その高さと変化球の巧みさで「巨人」の異名を持ち、チームのエースだ。 マキは当初青道を打倒することを計画していましたが、スカウトが彼のアドバイスを無視し、彼がそうすることに固執したため、仙泉に行くことになりました。

好調で力投を続ける牧が奮闘し、青道は5回の攻撃をしても無得点に終わった。 データに基づいて賢明な選択をした鵜飼も苦戦した。

後半に青道が逆転するも、その後も差は広がるばかり。 最終的には8-3で青道が勝利し、青道はあと1勝で甲子園へ到達した。

地区予選決勝戦では、前年度王者の稲城実業と青道高校の前に対戦した。

積極的なプレーを貫いた青道は初回に1点を先制するも、その後は両チーム無得点で4回に逆転を許した。

マウンドに上がっていた丹波が足を痛めて降板し、追加点が欲しい稲実とこれ以上点が取れない青道の激しい競り合いの中、勇気を評価された沢村が登板した。ポイント、続き。

沢村が全力投球し、激しい感情を表現し、稲実のスター投手・成宮をわずか3球で三振に仕留め、青道は窮地に陥った。 結局、青道の逆転は8回に終わった。

青道は試合終了間際に最後の守りを固め、2アウトまで稲見を追い詰めて1点リードを保った。

しかし、沢村は冷静さを失って罠にはまり、最後は最悪のデッドボールを投げて失格となった。 沢村はなりふり構わず塁に出たいという欲求に幻滅していた。

代わった川上も稲見打線を止める力はなく、成宮の総攻撃で試合は終わった。

望みの舞台にあと一歩及ばず、青道高校の夏は幕を閉じた。

新チーム始動

ダイヤ の エース ネタバレ

チームが選手権で負けたとき、青道のメンバーは全員落ち込んでいた。 3年生が退部し、新チームが結成される。 結城さんから主将を引き継いだ御幸さんは「貪欲に勝ちたい」と語った。

しかし、片岡選手はこの時点ですでに辞表を提出していたが、甲子園出場資格を失ったことが長引くことに罪悪感を感じていたため、生徒たちはそのことを知らなかった。

青道高校校長の熱烈なラブコールを受け、名門校から新監督・落合が選ばれた。 そんな中、沢村がイップスを患っていることが判明。

沢村は、甲子園予選決勝戦で稲実に対してデッドボールを投げてから、コース内に投げることができなくなってしまった。

引退を控えた片岡選手を少しでも助けたいと、3年生は引退試合の前倒しを要求した。

片岡の計画は引退試合で1、2年生の選手たちに明らかにされた。

彼らはこの情報を知ったことを片岡に告げず、秋大で優勝して甲子園出場権を獲得し、片岡の引退を阻止するつもりだった。

秋の大会

ダイヤ の エース ネタバレ

青道のセンバツ秋季甲子園大会の初戦は東東京の優勝チーム・帝都高校との対戦。

試合の始球式は先発・古屋と完璧な制球力を持ったルーキー・向井太陽が投げた。

しかし、降谷の集中力と持久力は雨の中での試合で徐々に低下していく。 悪天候による試合延期で降谷の勢いは完全に止まり、再開後も不利なプレーが続いて退場を余儀なくされた。

残りは沢村に託され、彼は完璧な型破りなテクニックで打者をコントロールし、帝都有利に動き始めた流れを完全に引き戻した。

帝都が1点リードしたまま試合終盤、これまで安打を打てなかった前園が試合の流れを変えた。 絶妙なタイミングで一撃を放ち、青道は最後まで自らの戦略を貫き帝都を破った。

青道は5回コールドで勝利した第2試合で鵜久森高校と対戦する。 彼らは自らを「挑戦者」と呼び、抵抗の精神を伝えるために戦闘的な姿勢をとった。

青道がリードして試合が進むが、鵜久森高校ベンチはなぜか妙にうれしそうで興奮していた。 最初は白熱したポイント争いのように見えた。

鵜久森という野球高校でしか知られていなかった前回の試合で強敵稲見に勝利した後、同様の事件を予想し始めていた観客は鵜久森を全面的に支持した。

先頭に立ったはずの青道は、いつのまにか各方面から批判の的になっていました。 鵜久森の猛攻が続くと点差は急速に縮まり、青道は1点差となった。

強い心の持ち主だった沢村は、観客全員が反対しているように見える状況で最終回を投げるという任務を与えられた。 沢村はイップスと闘いながら梅宮を力いっぱい叩き込み、青道がベスト8に進出した。

降谷は鵜久森戦で足を負傷しており、次の試合では登板できない可能性もある。

落合は次の試合前から気になる選手の指導を始め、沢村にチェンジアップを教えた。 その結果、沢村は独自の変化球を生み出した。

準々決勝の相手は、甲子園出場に定評のある知的なチーム、都立鬼谷高校。

エースの若林豪は、ほとんどの場面でフォークを繰り出しながら頭を使うことに優れた稀有な投手だった。 降谷の代わりを務めた沢村は鬼邪高校の作戦を完全に読み誤り、直後に2失点を喫してしまう。

この試合に観客席にいた渡辺選手は大谷選手の守備を完全に理解し、青道が同点に追いついた。

大谷は自分のパターンが読まれていることに気づき、それを補う戦略を立てようとしたが、チームメイトからの賞賛にさらに奮起した沢村は見事な投球を披露し、相手を圧倒した。 青道高校が完投でベスト4進出を決めた。

準々決勝の相手である聖光学園は、大型選手が揃うチームで、長時間のパワープレーを得意とする。

序盤は自意識が高かった古谷が完全に相手を圧倒するピッチングを見せた。 しかし成孔のフルスイングバッティングに最後は捕らえられ、悔しさを感じて退場した。

降谷の決意を受けてマウンドに上がった沢村が自分のプレーを続ける中、悩みを抱える1年生・小川も、やがて試合の中で野球の楽しさを知るようになる。

膠着状態の中、9回表に成孔の攻撃。 小川が打席を越えようとしたとき、青道守備陣からのストライク返球が小川の行く手を阻んだ。

勝ちにこだわる小川は立ち止まらず、本塁で待つ御幸にタックルをした。 荒唐無稽な行為であり、ラフプレーともとられかねない行為だったが、御幸が体を張って阻止し、小川の得点を阻止してイニングを終えた。

両者の飽くなき欲望を背負い、延長戦に突入した激闘を止めたのは御幸だった。 「あのステージを歩いた人にしか分からない、その先の世界を見せたい」。

結果、彼の打ったヒットが最後のホームランとなり、青道が見事勝利した。

決勝の相手は薬師高校、因縁の対戦。 降谷は足が完全に回復しておらず、1イニングしか投げられなかった。

さらに、御幸は聖光学園との試合で負傷したことを隠していたため、青道の最後の試合の前にいくつかの疑問が生じた。

異例の指示で青道を翻弄する薬師だったが、中盤、ついにエース真田が登板し、薬師の最善の命令が実行された。

一方、御幸は脇腹の怪我で一撃も打てず、懸命に隠していたにも関わらず、結局全員にバレてしまった。

しかし片岡は御幸に「無理だと思ったらすぐに交代するから」と、頑張ってプレーさせてほしいと促す。

青道は1点ビハインドのまま9回表2死走者なしのピンチ。 しかし、御幸が粘って内野安打を放ち、次の攻撃に期待を抱かせた。

小湊は真田の初球を捉えて二塁に進み、その時点で打順はいよいよ御幸に変わった。

御幸が三塁を回ってホームに戻り、前園のシングル、青道が逆転した後、小湊がホームに戻り試合を正す。 9回裏に守備的エースの古谷がマウンドに上がる。

薬師選手が粘り強く奮闘するも、降谷選手の全力投球の前に得点できず、試合は決まった。 こうして青道はついに悲願のセンバツ甲子園出場を果たした。

新野球部発足

春の甲子園センバツ大会から、青道は順調に1回戦、2回戦を突破し、名声を確立する。

3回戦の相手はエース本郷正宗を擁し、降谷と同世代の北海道育ちの選手が揃う駒藤巻高校。

駒大藤巻の粘り強い守備に、青道は序盤からなかなか打てない。

走者はようやく塁に出て得点圏に進んだが、御幸はボールを持ち込むことができなかった。 3回戦は青道高校の2対0の敗戦に終わり、甲子園は悔しい思いをした。

新設された青道高校野球部は、前主将・結城の弟である結城将司をはじめ、多くの有望な新人選手を加えて新年度を迎えることになる。

春季東京都大会を順調に勝ち進んだ青道は、準決勝で市大三高と対戦する。 市大高3年の天久が才能を発揮し始める一方、両チームの投手陣が制球に苦しみ続け、降谷はひどいスランプに陥っていた。

降谷はエースとしての自覚が芽生え不安定になり登板を余儀なくされたが、沢村がその座を奪い驚異的なピッチングで周囲を驚かせた。

沢村が出塁すると、後続の選手たちが全力を尽くしてチャンスを生かそうとした。 沢村は打席を通して勢いを維持する。

しかし結果は、青道は逆転できず準決勝で敗退し、都大会は幕を閉じた。

片岡監督は夏の大会に向けて「レギュラーは一から選ぶ」とし、1、2軍でプレーする1年生選手は1年生と上級生の紅白戦を経て決めると語った。

一方、沢村は「ナンバーズ」と呼ばれるまったく新しいユニークな投球パターンを生み出しており、それを見た選手たちは驚くほど期待されています。

ゴールデンウイークや夏が近づき、青道のライバル校の野球チームは修正や練習試合の開催に忙しい。

青道はさらなる能力開発を目指し、超機動力を秘密兵器とする強豪校・白龍高校との対戦を企画する。

先発予定だった沢村は意欲的に試合に入り、無失点で試合を進めた。

逆に降谷は身勝手な行動を連発し、片岡監督から「積極性を裏切る傲慢なプレー」と叱責され、最終的にベンチに下がった。

沢村が完投し、青道は3-1で勝利し、最も厳しい相手にも負けずに済んだことに誇りを感じた。

その時から降谷の腰に異変が起こり始め、医師から投球を禁じられた。 沢村は「素晴らしい状態で戻ってきてください」とチームのエースの座を決意した。

青道が練習試合で勝利を続けた場合でも、御幸は日米親善野球東京代表チームに参加するため一時的にチームを離れることが合意された。

片岡監督は御幸の穴を埋めるために1年目から奥村と瀬戸をチームに加えた。 古谷は腰の負傷から完全に回復し、トップチームに復帰した。

エースナンバー奪還を目指し、青道高校と山森学園との練習試合に先発出場した降谷は打者を空振り三振に仕留めた。

その後、山森選手が降谷を追い詰めるが、捕手の小野のアシストで力を振り絞って調子を取り戻す。

御幸を東京代表に送り出せたのは小野さんのおかげです」と片岡は言い、御幸に対する揺るぎない信頼を示している。

試合中に小野選手が手に負傷を負い退場となり、各選手が全力を尽くして奮闘しましたが、結果は敗戦となりました。 これにより、青道の春からの連勝は19で止まった。

夏の大会のベンチ入りが正式に明らかになり、御幸は青道に復帰する。 奥村、由井、結城が1年生でスタートし、選ばれなかった3年生の多くは事実上の引退となった。

選ばれた 20 人の競技者は、夏の大会を通じて自分たちの利益のために戦うことを約束します。 恒例の挑戦的な夏合宿を終えた参加者には背番号が与えられる。

エースナンバーを背負う沢村は強化試合で成長を十分に見せた。

沢村2年夏の大会

ダイヤ の エース ネタバレ

夏の大会が始まり、青道は元青道監督で片岡の師である榊が監督を務める由良総合工業学校と対戦する。

片岡監督は、エースでチャンスをものにできないと分かっていた沢村に代わって、低調な投球を見せた沢村に代わって川上をマウンドに立たせることを選択した。

打線は川上が巧みに操り、マイナスの流れを瞬時に覆した。 御幸のホームランで青道が逆転し、結果は7回コールドで青道が勝利した。

続く4回戦、5回戦も準々決勝7対1で青道が勝利し、準決勝に進出した。 しかし試合後、川上の右腕に異変が起きる。

診断の結果、準決勝への出場は不確実であり、念のため徹底的な調査が必要であるとの判断に至った。

今夏の野球活動を中止する決断をしていた川上は申請書を提出したが、片岡は検査結果が判明するまで参加しないことを決めた。

準決勝1回戦対市大三高は両チーム無得点で終了。 両チームのエース、沢村、天久がそれぞれ相手を封じる好投を見せた。

その後も投手戦は続き、青道が先制点を許した。 市大三高リードの7回以降も両エースが1失点。

しかし、青道が反撃し、8回に2-1で勝利した。

選手たちは大事な稲実戦に向けて、試合後の最終調整に一層のモチベーションを上げて取り組んでいる。

「野球で食べていけるようになりたい、今まで好きなことをやらせてくれた父に感謝したい」と、その夜一緒にバットを振っていた御幸は、同席した降谷にそう言う。 したいと思っています。

別の言い方をすれば、プロフェッショナルとして働きたかったのです。 それを遠くから見ていた沢村は、自分が最初に自分の考えを伝えなかったことに驚きながらも、その決意の強さを認めた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *