スベクヒャン 69話あらすじ

スベクヒャン 69

この記事ではスベクヒャン69話のあらすじを紹介します。

スベクヒャン 69話あらすじ

スベクヒャン 69あらすじ

正則はソルランが来たら追い払わなければならないと告げていた。

テウンは、それは世子がソルランを特別だと思っているからだと自動的に推測した。

それは間違いではありませんが。

王の悲願は韓水を取り戻すこと。

何度も地面に土下座して助けを求めるソルラン。

結局、テウンは折れる。

ソルランは勇敢に戦います。

神武公は得意の弓矢でミョンノンのピンチを救う。

神武様はミョンノンを訪ね、なぜ私を連れてきたのか尋ねます。

私に戦いで死んでほしいですか?

ミョンノンは笑う。

彼は寂しかったので友達が必要だったと答えます。

そうですか?

チンム卿はミョンノンの真意を確かめることができなかった。

神武公はソルランを見つけて声をかけます。

あなたのせいで私はすべてを失いました。

彼はあなたを敵と間違えて殺すと脅しました。

そして、クチョンについて以前聞かれたことを持ち出した。

ソルランは、捕虜があの人(クチョン)を逃がしたと言うが、誰だったのかと尋ねる。

彼が捕らえようとしていたのは高句麗からの刺客だった。

神武卿は、これが彼の狩猟仲間(クチョン)と何の関係があるのかと尋ねます。

とても同一人物とは思えないチンム様です。

高句麗の暗殺者?

ソルランも自分の父親が高句麗の暗殺者だということを知らない。

誰の情報ですか? そしてソルラン。

しかし、ジンム卿はプヨンに関する情報だとは言わず、あなたとは親しくないと言いました。

テウンはソルランの前で「世子を見守る人々も夜中に眠ってしまうようだ」と何気なくつぶやく。

ソルランは静かに忍び込み、眠っている王子の剣にタオルを結び付けます。

以前ミョンノンが言っていた、女性の品物を運んだ者は必ず生きて帰るだろうと言っていたことを思い出した。

戦争は続いています。

ソルランも男性兵士に変装して戦うが、結局発見される。

ヒョプチュクを手に入れた百済兵は無事帰国した。

民は「皇太子万歳、チンム皇子万歳」と喜びました。

王たちは戻ってきたミョンノンを百済の王子として讃えます。

ミョンノンは、たとえ命が危険にさらされても、いつも助けてくれる人がいたと言います。

それがチンム様です。

ミョンノンはチンム大君が兵士たちから尊敬されていたと語り、チンム大君の功績を讃え王室に復帰させたいと申し出る。

ブヨンはジンム様が戻ったら会わせてほしいと泣きながら懇願する。

彼女の声を聞いたソルランは会う約束をする。

神武様は生きて帰ってきたから褒美が欲しいと言う。

彼は彼女に自分の本当の名前を教えてほしいと頼みます。

しかし、この段階でもプヨンは自分をスベクヒャンと名乗っています。

神武卿は王に褒美としてプヨンの釈放を求めるつもりだという。

彼は彼女を宮殿から連れ出し、遠く離れた場所で静かに暮らします。

ブヨンは自分を抱きしめて人生を償って生きたいと言うジンム世子を振り払う。

どうやら、彼が彼女を恋しくて泣いたのは、彼女の愛のためではなく、彼女だけが彼を女王にするチャンスがあったからのようです。

ジンム様は「償い」という言葉を使いますが、彼がプヨンを気遣い続けるのは、哀れみや償いをしたいという気持ちだけではないような気がします。

神武様は王子のおかげで初めて人間らしい事が出来たと嬉しそうです。

ミョンノンは酒を一気に飲み干し、皇太子の座を放棄すると言い出す。

あなたは皇太子です。

スベクヒャン 69

チンム様の笑顔が一変した。

彼は厳しい表情で、私をからかっているのかと尋ねました。

すると、ミョンノンの口から驚くべき言葉が出る。

私は王の息子ではありません。

王の息子は私ではなく、チンム公です。

それから彼は彼女にロザリオのことと、チンム卿が殺されたとき、王が彼に自分の血を飲ませた方法について話します。

混乱する神武公に跪くミョンノン。

「あなたは王の息子です。今こそミョンノンの名を取り戻して世子になってください。お願いします。」

神武公はミョンノンの言葉を受け入れることができず、一人悩み続ける。

それは正しい。

私は今日まで、父を殺した憎い人だと思って生きてきました。

チンム様は王を憎んで生きてきたようですが、死ぬほど憎んでいるのが実の父親だと言われても納得できるわけがありません。

やがて、この漠然とした感情は怒りに変わります。

チンム様が王様に会いに来ました。

異変に気付いたホン大臣は慌ててミョンノンに電話をかける。

鎮武卿は眠っている王に剣を突き立てます。

王は気配に気づき目を覚ます。

チンム卿は王を殺し、自分も死ぬと宣言する。

チンム公は「父ではないと言ってください」と叫び、王は「私を殺してください!」と叫びます。

彼は、国王が自分を守るために先王の息子を殺そうとするのではないかということが何よりも怖かったと言います。

彼は、彼らを外に放っておけば、彼らと先王の息子を救うことができると考えました。

王の口から真実を聞いたチンム公は「殺してやる!」と暴走する。

彼が叩きつけた箱の中からは、何枚かの紙片が散乱した。

それは、鎮武公の幼少期を描いた絵画の数々でした。

王様はいつもチンム王子を陰から見守っていました。

ひれ伏して泣く王を見て、本当に申し訳ないと言いました。

チンム様は「あなたは私の父ではありません!」と叫びます。

王室の外ではホン大臣、ミョンノン、ソルランが様子を聞いていた。

驚くソルラン。

ミョンノンは少し前にソルランに故郷で一緒に暮らそうと誘っていたが、きっとその意味を理解していたはずだ。

しかし、ソルランはミョンノンへの気持ちを否定する必要がなくなりました。

実の兄が父と母を殺したという事実もなかなか受け入れがたいです(TωT)。

チンム王子は気持ちを整理して王子になる決意をするのだろうか。

何が起こるか? 何が起こるか? ? ?

感想

とにかく面白かったです! 面白くて止まらなくなります ソルランと王子が想いを交わすシーンがとても素敵です。 王宮で一人になったソルランは唯一心を許してくれた。

だからこそ、それを避けるのは忍びない。 自信がなくて不安だった、と本当の気持ちを語ります。 だからこそ、ソルランさんは立場が違っても、私を信じて気持ちを伝えてくれたのだと感じました。

この幸せが永遠に続けばいいのにと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *