キレ る 私 を やめたい ネタバレ

キレ る 私 を やめたい ネタバレ

漫画「キレる私をやめたい」は、毒親の支配下で育った主人公・田房永子の実体験を基にした実話です。

ネタバレありでストーリーを解説し、今後の展開についても考察していきます。

キレ る 私 を やめたい ネタバレ」の詳細については、以下をお読みください。

キレ る 私 を やめたい ネタバレあらすじ

漫画家の田房永子は、過去に自分を抑圧し支配する毒親とモラハラ彼氏に苦しんできた。 しかし栄子は彼らと別れ、心優しい恋人の夫と新たな家庭を築き始めた。 しかし、夫との生活の中でも、栄子は日常的に些細なことで激怒し、怒り、暴力を振るいます。 そして自己嫌悪に陥り、疲れ果ててしまいます。 イライラする癖をなんとか直そうとするが、参考になる本もなく、適切な治療法もすぐに見つからず、なかなかうまくいかない…。

1話ネタバレ

1話ネタバレ

主人公・英子の鋭さにただただ驚かされる章です。

映子は普段は穏やかな性格で、人間関係の争いを好まない。

しかし、なぜか些細なことで夫や母親、元カレに激怒されてしまう。

思春期の頃、母親に自分の意見を聞いてもらえないストレスから、アパートの廊下を裸足で奇声を上げながら走り回ったり、母親と殴り合いの喧嘩をしたりした。

元彼がコンビニで食べ物を買ってくるのを拒否したとき、私は元彼を部屋の壁に叩きつけて部屋をめちゃくちゃにしました。

この経験から、栄子は夫との上下関係を主張し、付き合い始めると夫よりも優位に立ちたいと考えるようになる。

しかし、夫は前2人と違って栄子を否定せず、その態度に栄子は困惑する。 しかし栄子は夫に激怒する。

英子さんが夫の暴力行為を謝罪すると、夫は「物を投げない限り、自分に暴力を振るっても大丈夫」と英子さんを受け入れた。

しかし、誰もいないのに一人で癇癪を起こし、子供が生まれた後もその怒りはさらに激化することに怒りを感じるようになる。

そんなある日、夫婦喧嘩がエスカレートし警察沙汰にまで発展してしまう。

その原因となった英子は、自分の行動にショックを受け、怒りっぽい性格を治す方法を試行錯誤する。

2話ネタバレ

2話ネタバレ

これは、怒りっぽい性格を治すために努力を始めた栄子が突破口を見つける物語です。

栄子さんが箱庭療法に出会ったのは。

しかし、カウンセラーとの折り合いが悪く、夫婦で治療に挑戦したものの、最初は失敗に終わった。

行動を起こしても失敗に終わったという経験が、英子の自己嫌悪をさらに深め、怒りはさらに激化する。

やがて夫が不満を漏らすようになり、栄子さんは精神科を受診するなどの措置をとったが、自分に合った治療法は見つからなかった。

しかし、英子さんはある本を読んでゲシュタルト療法のことを知り、試してみることにしました。

英子は幼少期からの母親に対する怒りが今も英子自身を苦しめていることが判明。 ついに、私は怒りを治す上で突破口が見え始めました。

ゲシュタルト療法を経験してから、日常生活での怒りが大幅に減ったことに気づきました。

夫の言うことを冷静に受け止められるようになり、夫の性格も客観的に見れるようになりました。

セラピーに加えて、英子さんは心を落ち着かせるエクササイズを日課に取り入れたり、ジョギングなどの自己啓発活動に取り組むようになり、英子さんの鋭さは薄れ始めた。

3話ネタバレ

3話ネタバレ

最終回の第3話では、冷静になった英子がキレるメカニズムについて語る。

栄子さんは「過干渉と鋭さ」の関係について考察する。

英子さんは母親からの心配の影響を受け、パニックになると将来何か悪いことが起こるのではないかと過去の行動を責めてしまう傾向があった。

これは、彼の感情が「今」にないことを意味し、自分自身に過剰に関与していることに気づいたということです。

再びゲシュタルト療法に通い始め、「状況」と「心」の観点から自分を見つめ直す。

栄子さんは、日常生活の中で繰り広げられる「状況」に応じたやりとりではなく、自分自身の「心」に焦点を当てることで自分を癒せることに気づきました。

この気づきを通じて、栄子さんが実践して効果があった、「心」に集中するための3つのアドバイスを紹介します。

まずは休むことです。

自分を大切にして、自分に余裕を与え、回復することが重要です。

2つ目は自分を褒めることです。

機械的にでも自分を褒めることで、自分自身に栄養が与えられます。

3つ目は、今この瞬間に存在することです。

自分の置かれた状況を冷静に判断することで、自分の心が見えやすくなります。

映子の変化を通じて、夫との関係も変化していく。

栄子さんは怒らずに他人と話せるようになり、夫の悪い面が表面化し、夫婦で向き合わなければならなくなった。

栄子さんは、自分自身の癇癪を起こした経験から、夫に自分の弱点を改善できると鼓舞し、夫を受け入れます。

その後何が起こったのか考えてみましょう

栄子さんが今後どのような人生を送るのか考えてみたいと思います。

栄子さんが幼少期のトラウマを克服した夫と子供との絆で、きっとこれからも幸せに暮らしていくでしょう。 そう願わずにはいられない…!

私も同じ母親として、子供の心に寄り添える人でありたいと思いました。

方法が詳しく書かれているので、読者が実践しやすいです! ぜひ読んで試してみてはいかがでしょうか?

栄子の周囲の人物について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

田房永子さんは、たとえキレる癖が治らなくても、告白した本を出版することを決意した。 すばらしい。 『母がつらい』で多くの注目、共感、賞賛などを集めた彼女がこの本を出版するのは、とても勇気のいることだと思います。

そう思うのと同時に、この作品は作者のとんでもない奇行とその恥ずべき行為を、難読化することなく正直に描いている。

また、キレるメカニズムも難しい言葉を使わずにとてもわかりやすく解説しています。 この解決策は理解できるので、多くの人が実際に使用できると思います。

大変なこともたくさんあると思いますが、このご夫婦とご家族が幸せになれることを願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *