キメラアント 編 何 話まとめ: 135話と136話

キメラアント 編 何 話

TVアニメ『HUNTER×HUNTER』は、冨樫義博による漫画を原作とした第2作目のTVアニメ作品です(TVアニメ化は2作目)。 プロのハンターを目指す少年ゴンと個性豊かな仲間たちの冒険をお楽しみいただけます。Truyenhayjp.com で以下の興味深いストーリーの概要をチェックしてください。

キメラアント 編 何 話まとめ

今回放送される第135「この日×ト×この瞬間」と第136話「キキョウ×ト×本妙」で、いよいよ「キメラアント編」が完結する。 多くの犠牲者を出したこの戦いの結末はどうなるのか…?

「人類の存亡をかけた戦いなら、もう終わっている。」

改良された「サークル」を使ってパームの位置を簡単に特定する君主メルエムは、敗北を認めたと思われるコメントをします。

「私がここに来た理由は複雑ではありません。」 「私は小麦という女性に会いたいだけ。それだけです」

キメラアント 編 何 話

自分の体が「バラ」の毒に侵され、それも長くは続かないことを悟った王は、最後の時間を小麦と共に過ごしたいと願った。 反発するもメルエムの本心に触れたパームはコムギを隠した場所を告げる。

「もうすぐ死ぬとわかったとき、人は何を望むのでしょうか?」 「それは決して答えの出ない命題だと思うが、少なくともこの時のメルエムにとっては明確に決まっていたのだ」 これまで国王の傲慢で傲慢な面が強調されていたので、パームに対する彼の真摯な言葉や態度が印象的でした。

「起きろコムギ!殴るぞ!!」

荒れ果てた宮殿の奥で、コムギとメルエムは二人だけの軍儀の戦いを再開した。 お互いの初手は限られた時間の中で極限まで進化し、新たな新手や逆転の新手を生み出す。

しかし視界は徐々に暗くなり、二人の声だけが聞こえてくる。 ついにそれも…!?

キメラアントの王として生まれたメルエムは、生命と力の頂点に達しました。 しかし、最終的にはどの人間よりも人間らしい結末だったような気がします。 そして戦いを生き残った者たちはそれぞれの道を歩む。

キメラアントのウェルフィンとヒナは、訳あって元首領ビゼフを連れてジャイロを探しに流星都市へ向かう。 レイナとブルーダは、レイナが人間だった頃に住んでいた村に受け入れられる。

孵化寸前の無数の卵が、風船団(ハンター協会のマーク入り)によってどこからともなく送られてきた…!?

一方、ハンターたちはピトーを倒すことに成功したものの、その反動で悲惨な状態に陥ったゴンを救うため、休む間もなく動き始めた。

ノヴを中心に医療チームが結成される中、ゴンを必ず治して謝罪させると宣言したキルアは単身故郷へ旅立つ。 ゴンを治す唯一の手段を求めて…。

今回で「キメラアント編」はクライマックスを迎え、次回からは「ハンター協会会長選挙編」が始まります。 ゴンを救う方法はあるのか? そしてネテロの死後空席となったハンター協会会長の座は誰が引き継ぐのでしょうか? 続きも楽しみにしましょう!

第135話「このひ×と×この瞬間」あらすじキメラアント 編 何 話

ウェルフィンの言葉でメルエムはコムギの存在を思い出した。

宮殿の地下道から地下の家へと歩いた王は、光子に変換されたオーラにより、そこに隠された掌の存在を完全に把握した。

国王の口から戦いが終わったこと、そしてここに来た唯一の驚くべき理由を聞き、パームは動揺する。

しかし、すでに体の一部をキメラアントとして持つパームは、頭を下げてまで王の要請の重要性を痛感し、ついにコムギの居場所を王に伝えることを決意する。

ただし、一つ条件がありますが…

第136話 キキョウ×ト×本妙 あらすじ

キメラアント 編 何 話

王メルエムの死により、人類とキメラアントの戦いは終結した。

人類は多大な犠牲を払いながらも、最終的にはキメラアント軍に勝利しました。

ウェルフィン、ブロヴーダ、ヒナ、シドールらキメラアントたちは、前世の記憶の有無により、それぞれ異なる人生を歩むことになる。

とある村に到着したシドールとブロヴダ。

二匹のキメラアントを見るやいなや、村人たちは彼らを避けた。 しかし、彼はすぐにブロヴダの言葉に耳を傾け始めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *