ガンニバル 考察: 全体の感想

ガンニバル 考察

人里離れた村で起きたある疑惑の真相を捜査する『ガンニバル』。 ディズニープラスでドラマ化されており、次に何が起こるのか知りたいと思っている視聴者もいるかもしれません。

この記事ではその全貌と「ガンニバル 考察」について解説していきます。

『ガンニバル』のあらすじ

『ガンニバル』のあらすじ

物語の舞台となる古賀村は伝統的な小さな村です。

主人公の阿川大悟は、妻のゆきと娘のましろとともに駐在員としてこの地にやって来る。 しかし、移住して間もなく、彼は年配の女性の死体を発見する。

遺体に残された噛み跡から、大悟はこの村に人食い文化があるのではないかと考え始める。 連れてきた家族を守るため、彼はコクハナ村で究極の力を使い始める。 後藤家について調べてみます。

しかし、大吾は真実を探求する過程で、多くの課題や命の危険に直面します。

『ガンニバル』の主な登場人物

『ガンニバル』の主な登場人物

阿川大悟

警察官が主人公です。 娘の真白の目の前で容疑者を射殺した事件をきっかけに国花村へ駐在員として赴任する。

正義感が強く、家族思いなので、集落内で人食い行為があった可能性を知り、後藤家を調べ始める。

阿川有希

阿川大悟の妻で、主人公。 以前追われていた捜査官・大悟と出会う。

娘のましろを溺愛しており、彼女を傷つける者には容赦しない。 彼女は村の男たちから人気があり、とても美しいです。

阿川ましろ

大吾の一人っ子で小学3年生。 彼女の父親は彼女の目の前で知り合いの男を射殺し、彼女は無表情で蒼白になった。

トーカ村に引っ越して以来、彼女は笑顔を見せるようになり、学校でも元気に過ごしているようです。

後藤銀

後藤家の先代当主。 物語に登場した時点ではすでに亡くなっていた。 彼女の死体は物語の冒頭シーンで食べられたように示されています。

彼は当初後藤家の一員ではありませんでした。 代わりに、彼は有力者に近づき、彼を絡め取り、後藤家の支配を引き継ぎました。

彼は生前、後藤家の誰もが認める君主であり、その息子である「あの人」はその優位性の象徴であった。

後藤恵介

後藤銀の死後、後藤家の次期当主となった男。 一見恐ろしい外見にもかかわらず、彼は後藤家のことを心から気にかけており、大悟と協力して大惨事を防ぐようになる。

後藤岩男

圭介の幼馴染で、いつもそばにいた。 自分を守ってくれるのは圭介だと思っており、圭介を信頼している。 身長は2メートルくらいある大男で、物静かな感じの人です。

あの人

本作のラスボスのはずだったが、謎の多い男だ。

後藤銀の息子で、本名はしろがね。 彼は新生児の頃から人肉を食べて育ち、老人になってもそれを続けている。

彼は優れた身体能力を持っており、物語では、彼の素早い動きにより、巨体にもかかわらず、大悟や警察を打ち破ることができました。

『ガンニバル』の見どころ

『ガンニバル』はサスペンスとホラーが最大のポイントです。 主人公の家族は外国人としてここに来たため、誰も信じることができません。

そのため、次に何が起こるかわからない、非常にサスペンスフルなスリラーを体験することができます。

見知らぬ人である主人公たちは、村について何も知りません。 小説は数々の秘密から始まりますが、本筋が進むにつれて徐々に謎が明らかになっていく面白さも見どころのひとつです。

実写ドラマ化されたということは、閉鎖的な村社会で起こる出来事のドラマ化も見どころだ。

“人食い”というタブーなテーマを題材にしているだけに、人間とは何かということに迫る人間ドラマにも注目だ。

ガンニバル 考察

ガンニバル 考察

まず、完成した本についての私の分析を書きます。

二人の主人公である大悟と真白は結末にニヤニヤしているようだ。 作者のちょっとよくわからない文体が、笑っているかどうかはともかく、作者の嫌悪感を表しているように感じた。

逆に言うと、大悟と真白は狂気を患っていませんか? おそらく読者にこの問いについて考えてもらうことが目的だったと思います。

小さな田舎のコミュニティにのみ住む PTSD 患者のマシロは、すぐに再び笑顔を取り戻すことができるでしょうか? 半信半疑ではあったが、何らかの形で人間を喰らい狂ってしまったのなら納得だ。

躁状態は1~2年続くが、人を食べ続けて克服し、しろがねのような現人神にならない限り、長くは生きられないだろう。 今でも治療法が発見されたという話はありません。

私はましろが躁病の可能性が高いと思っていましたが、大悟も最後に笑っていたので躁病の可能性もあります。 結末では彼が笑いながら自分の指から血を飲む姿が映された。

マシロはコミュニティに住んで、自分と大悟のために問題解決者として働く必要があると思います。 マシロは人間にある程度の餌を与え続けなければならないかもしれない。

このサスペンス漫画の主人公は先史時代の村に拠点を置き、地元の人々が人肉を食べていると信じています。

カニバリズムの異様さが醸し出す不穏な緊張感と、「谷津墓村」の閉鎖的なキャラクターが醸し出す不安のダブルパンチで一気に読みたくなる作品です。

また、グラフィックはドラマチックでテキストと適切に調和しており、グラフィックノベルのヒントを感じさせます。

特にキャラクターたちの絶妙な表情が際立っています。 破壊的で、ダーティで、そして繊細な要素が同時に詰まっています。

主人公の娘の言語障害、布を着た謎の大男(横溝正史の『犬神家の一族』からの引用かもしれない)、そして村の諺「後藤家には関わるな」の意味の説明。 物語にはまったく穴がなく、興味深い人工物がそこら中に散りばめられています。

それはドラマティックであると同時にサスペンスフルでもあり、特に主人公が妻と娘を先に村から出させて村に残ることを選択する部分はそうだ。

普段なら、こういう場面では「いえ、逃げても大丈夫ですよ」と答えるところですが、そんな「お約束」を超えた仕事の崇高さに涙が出ました。

この物語の最も重要な点は、誰もが「人間」であるという考えが作品にどのように組み込まれているかでした。

この手の作品では、怪異の正体としてゾンビなどの怪物が登場することが多いのは否定しませんが、正直途中までは「どうせ村人がゾンビになるんだろうな」と思っていました。 「そうだっけ?」と思いながら読みました。 しかし、良い意味で、私はそれを完全に間違って読んでいました。

人間が食べられるコミュニティという基本的な設定からこれを発展させた方法は賞賛に値します。

さらに、住民の姿がただ奇妙であるだけではない。 時の経過によって放棄され、特定の伝統と世襲に縛られたこの小さなコミュニティで、村人一人一人が必死に何かを守ろうとする姿に、私の心は感動しました。

主人公、その家族、町の人々、捜査員、その他の人々の思いや感情を正確に描写しようとする作者の姿勢が素敵です。

完璧。 サスペンス漫画にこれ以上望むものはない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *