ガンニバル ネタバレ – 13巻: 最終回

ガンニバル ネタバレ

『ガンニバル』は「二宮正明」先生の作品です。 その名も「週刊漫画ゴラク」。 発行元は日本文芸社。 連載期間は2018年から2021年。 ジャンルはサスペンスホラー漫画。

この記事の最終章「ガンニバル ネタバレ」を見てみましょう。

ガンニバル ネタバレ: 花の里の当主・後藤家とは?

ガンニバル ネタバレ: 花の里の当主・後藤家とは?

つまり、『ガンニバル』最終回で大悟たちは後藤家をどう乗り越えるのか? こうなるのです。 結果として後藤家がどのような組織に属していたのかを明らかにしたい。

後藤家は当初、遊牧民で定住地を持たなかった。 どこに住んでいても嫌われ、差別を受けながらも、最後に定住を決めたのが木花村だった。

後藤家は、数百年前に起こった飢餓の際、栗野神神社に送られた子供たちを食欲を抑えるために食べて生き延びてきた。

そのため、後藤家は当初、献花先の村からも拒絶反応を示した。 しかし、やがて彼らは“ある幸運”を経験する。 後藤家は土地に「銅」の発見に恵まれた幸運がありました。

多額の私財を蓄えた後藤家は、住民から物品を次々と買い取り、最終的には甲賀集落全体を引き継いだ。

裕福な後藤家と貧しい村民との溝は広がる一方、後藤金次の統治下では均衡が崩れる。 後藤家の先代当主で戸籍上は後藤銀の兄。

過剰なまでに情熱的で暴力的なキンジは、肉を貪る日々を過ごしており、妹のギンもそのターゲットの一人だった。

ガンニバル ネタバレ: 後藤銀の復讐劇が始まる

ギンの母親は当初、たとえ二人に血のつながりがなかったとしても、栗乃神に捧げられる予定だった。

当時の後藤家の当主は最終的に彼を助けたが、村人たちは彼が「神聖な運命」を果たし損ねたと考え、心からギンを嫌っていた。

それは大ヒットだったが、村はそれほど狂っていた。 男たちに「身体」を捧げて生きてきたギンだったが、それまでは出口がなかった。 しかし、ジンは村を征服し、「今は私の食事の時間です!」と宣言しようとしています。

栗野神神社の神山正宗宮司はこれを決意した。 政宗は前述した神山宗近の父親である。

当時若くて多感な政宗は、キンジの魅力にすぐに魅了されましたが、キンジもその魅力を決して失うことはありませんでした。

その後すぐに、ジンは妊娠します。 二人の子供達の「あの人」は、後に「しろがね」と呼ばれることになる。 さらに銀は息子・しろがねとともに紅花村への復讐を誓う。

彼らは銀をめぐって内紛を引き起こし、政宗の協力を得て多数の死者を出した。

それでも、執拗にイタズラを仕掛けてくるキンジをなんとか撃退する。

ガンニバル ネタバレ: 息子のしろがねを使って甲賀村を支配する

名実ともに花の里の頂点に君臨する後藤吟。

しかしジンは花の里に新たな「秩序という名の呪い」を植え付けてしまう。 この新たな秩序の象徴として用意されたのが「サンズシルバー」です。 村人たちにしろがねを「あの人」として崇めることで村の秩序を保っていた。 正確には銀そのものを絶対的な力とした。

これは何十年も後藤ジンの真実であり、花の村の誰も、そして後藤家の人々でさえ、それに抵抗することができませんでした。 この銀が生み出した呪いが今も続いていることは周知の事実。 今の花の里は、まさに後藤銀の人生そのものです。

ガンニバル ネタバレ: 結局後藤ジンを殺したのは誰ですか?

実は、後藤ギンを最後に殺した人物は「後藤家以外の村人」でした。 花の村の階級社会は変わらなかったからだ。 表面的には沈静化したかに見えた後藤家への恨みは、時を経て受け継がれていた。

ちなみにしろがねは躁病の影響でまだ人肉しか食べられなかった。 悲しいことに、最後に銀にとどめを刺したのは息子のしろがねだった。 村人たちはその匂いから熊に襲われたと勘違いし、しろがねが到着する前に逃走した。

大切に育ててきた銀に狼狽するが、息子・しろがねが涙を流しながら自分を食べる姿を見て、逆に嬉しそうに微笑む。 産むことも死ぬことも同じです。 食べることと死ぬことは同じことだ。 それはすべて愛だと思っていたからです。

そしてジンは自らが生み出した殺人の連鎖に囚われて死んでしまう。

ガンニバル ネタバレ: 結局後藤ジンを殺したのは誰ですか?

ガンニバル ネタバレ: 最後の戦いの結末はどうなるのか?

これは70年以上前に起きた【後藤銀】と【ハナムラ】の過去。

現代に戻ると、甲賀村では祭り(【白銀】に捧げられるもの)を控えた子供達が次々と失踪していた。 大吾の追及により、警察はついに取り締まりを開始した。 これに後藤家が抵抗する中、激しい戦闘が始まり、ついには大悟の娘・ましろが誘拐されてしまう。

ついに自衛隊が大挙出動し、国花村は“最終決戦”の真っただ中にあった。

しかし、後藤家の復讐の連鎖から彼を解放してくれたのは、全ての罪と向き合い改心した後藤家次期当主・圭介だった。 すでに大吾と行動を共にしていた圭介は、ましろを食べようとするしろがねの後頭部に猟銃を発砲する。 死の間際、しろがねは自らの肉体を喰らう。

そして、圭介はそれを予感したかのように「この娘を食べるのが父の遺言だ」と告げる。 罪悪感を背負いながらも生き続けるイメージ。 これを子供たちに見せましょう」と言い、後藤家全員が降伏した。 奨励する。 これに反対する後藤家の者はいなかった。

ガンニバル ネタバレ: 最後の結末はわかりにくい

一方で、『ガンニバル』にはつまらない点もいくつかあります。

モヤモヤする「最後の結末」です。 娘の真白が血に欲情したり、実際に人を蝕む狂病が存在したりする伏線もあったが、複雑な人間関係を読者に理解させてくれるのはこの種のホラー漫画ならではだ。 こんな理不尽なオチを持ってくるのは監督として正しいことだったのだろうか?

ストーリーが奥深いので、それまでの複雑な人間関係は全く気にならなかった! すべてがひっくり返ったような気がしました。 最初からこのようなホラー的なオチを望んでいたのであれば、ストーリー構成や人物関係をもっとシンプルにしてもよかったはずだ。

やっぱり登場人物が多すぎるんです。 特に後藤家の過去と現在が絡み合っているため、どれが後藤なのか判断がつかないことも多い。 解説はどれも「推測」レベルで、読者は暗記するのに変な努力を要求される。 もう一度読まないといけないのが面倒です。

たとえ狂病による不運が続くと言われても、私はそれがどのように続くのか心配しませんでした。 もう一度黒花村以外の場所で事件や現象が起きれば良かったのですが、物語に「切れ」感があまりなく、読後感が良いとは言えませんでした。 悪い意味で、不安になるだけでした。

本当に素晴らしい最終回でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *