ガジュマル 不思議 な 話: ガジュマルの木は幽霊の住処なのか?

ガジュマル 不思議 な 話

ガジュマルは「バニアン」とよく書かれますが、イチジクの一種で、偶発的な支柱の根から補助幹が成長し、木が際限なく成長することができます。 ガジュマルは他の木とは一線を画しており、亀裂に入った種子から首を絞めるという習性を持っています。 「ガジュマル」という用語は、インドの国木である「インドガジュマル」としても知られるフィカス ベンハレンシスのみを指すのによく使用されます。 この記事では、Truyenhayjp.com がいくつかのガジュマル 不思議 な 話を共有します。

ガジュマル 不思議 な 話: ガジュマルの木は幽霊の住処なのか?

フィカス ベンガレンシスとしても知られるガジュマルの木は、インド原産の大きなイチジクの木で、枝から成長し、最終的に地面に到達して新しい幹を形成する独特の気根で知られています。 ガジュマルの木は長命の木で、高さは最大 30 メートル (98 フィート) に達し、広がりは最大 100 メートル (328 フィート) に及ぶこともあります。 それは人気のある日陰の木であり、公共の公園や庭園でよく見られます。

ヒンドゥー教ではガジュマルの木はシヴァ神と結びつき、神聖な木とされています。 ガジュマルは幽霊やその他の超自然的な存在が住む場所であると信じられているため、夜にガジュマルの木の下に座るのは得策ではないという一般的な考えがあります。 ヒンズー教の神話によれば、ガジュマルの木は幽霊やその他の超自然的な存在たちに避難所を提供するため、夜にその木の下に座るのは不吉だと考えられています。 この信念は、ガジュマルの木が人里離れた人里離れた場所でよく見られるという事実に根ざしていると考えられ、それが超自然的なものとの関連に寄与した可能性があります。

しかし、ガジュマルの木には幽霊やその他の超自然的な存在が住んでいるという考えを裏付ける科学的証拠はありません。 夜にガジュマルの木の下に座るのは不吉であるという信念はおそらく迷信に基づいており、木とシヴァ神との結びつきやヒンズー教におけるその神聖な地位の影響を受けた可能性があります。

ガジュマル 不思議 な 話

ガジュマルの木にまつわる迷信に加えて、夜に木の下に座るのが賢明ではない実際的な理由もあります。 ガジュマルの木は大きな木で、葉が密生しているため、光が遮られ、暗闇では見えにくくなります。 木の気根が絡まって動きを妨げ、木の下に快適に座ることが困難になることもあります。 ガジュマルの木は大きな木であるため、夜間の呼吸プロセスはより激しくなります。 すべての植物は、グルコース分子からのエネルギーを使用可能なエネルギーに変換するプロセスである呼吸の副産物として CO2 を生成します。 呼吸は植物のすべての細胞で発生し、成長と生存に不可欠です。 植物は、動物と同じように、呼吸中に酸素を取り入れ、CO2を放出します。

夜にガジュマルの木の下に座るのは不吉であるという考えは迷信に基づいているが、常に用心深く、安全上の理由から夜に暗くて人里離れた場所に座らないようにすることは良い考えであることに注意してください。 ガジュマルの木は美しく印象的な木ですが、その大きさと力強さを尊重し、扱う際には注意が必要です。

結論として、ガジュマルの木はインド原産の大きなイチジクの木で、独特の気根とヒンドゥー教における神聖な地位で知られています。 超自然的なものとの関連性から、夜にガジュマルの木の下に座るのは不吉であるという一般的な信念がありますが、この信念を裏付ける科学的証拠はありません。 ガジュマルの木にまつわる迷信に加えて、その大きさや気根の障害など、夜に木の下に座るのが賢明ではない実際的な理由もあります。 安全上の理由から、常に用心深く、夜は暗くて人里離れた場所に座らないようにすることをお勧めします。

ガジュマルの木の特徴

ガジュマル 不思議 な 話

他のイチジク種と同様に、ガジュマルは「シコニウム」として知られる構造で果実を生産します。 イチジクハチはイチジク属の植物の中に食料と隠れ場所を見つけ、木々は受粉をハチに頼っています。 果食性の鳥がガジュマルの種子を散布します。 種子は小さく、ほとんどのガジュマルは森林地帯に生息するため、地上で発芽した苗が生き残る可能性はほとんどありません。

しかし、多くの種子は他の木や人工構造物の幹や枝に着地します。 それらが発芽すると、根が外側に広がり、最終的には宿主の木やシステムの一部を取り囲む可能性があります。 「絞め殺し」とも呼ばれるこの行動は、熱帯のフィカス属のさまざまな種や、クルーシアやメトロシデロスなど、無関係な属のいくつかの種に共通しています。 ガジュマルの木には、幅広で楕円形の革のような光沢のある緑色の葉があり、ほとんどのイチジクの葉芽を保護する 2 つの大きな鱗があります。 葉が成長するにつれて鱗片が脱落します。 その結果、若い葉は美しい緋色を帯びます。 古いガジュマルの木は、その支柱の根によって識別できます。支柱の根は、時間の経過とともに太い木質の幹に成長し、主幹に似たものになる場合があります。

これらの支持根により、古い木が広範囲に広がり、横に成長することができます。 一部の種では、支柱の根が木立に似た広大な領域に成長し、各幹が直接的または間接的にメインコンパートメントに取り付けられています。 階層型コンピュータ ネットワーク オペレーティング システムの名前は、この巨大なルート システムのトポロジに由来しています。 宿主の木を包み込むガジュマルの周囲に形成される根の網目は、最終的には木に大きな負担をかけ、頻繁に木を枯らせます。 ガジュマルは取り囲まれて枯れることで、最終的には中心が空洞になった「柱状の木」に分解します。 このような空洞は、ジャングルの多くの種にとって非常に人気の住処です。

ガジュマルの木: 宗教と神話における重要性

ガジュマル 不思議 な 話

アジアおよび太平洋地域の多くの物語や宗教には、次のようなガジュマルの木が大きく登場します。

  • 仏教のパーリ語正典にはガジュマルへの言及が数多く見られます。
  • ベトナムの中秋節の神話では、月の黒い斑点はガジュマルで、最初はクイという名前の男が地球に植えた魔法の木です。 妻が汚れた水を木に与えたとき、男性は木にぶら下がっていた。 その後、木は自ら根を抜き、月へと舞い上がり、現在は月の貴婦人と翡翠のウサギと一緒に体内に住んでいます。
  • フィリピンではバレテの木として知られており、神や精霊が住む場所でもあります。
  • フィリピンではバレテの木として知られており、神や精霊が住む場所でもあります。
  • 沖縄ではガジュマルとして知られるこの木は、地元の民間伝承では伝説のキジムナーが住んでいると言われています。
  • グアムのチャモロ人は、タオタオモナ、ドゥエンデス、その他の精霊に関する伝説を信じています。 ガジュマルの木は、タオタオモナとして知られる古代チャモロの精霊によって守られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *