アンノウン ネタバレ- 第9話 (結末)

アンノウン ネタバレ

ドラマアンノウン ネタバレに対する議論や見解をまとめました。 この記事には犯人の正体に関する重大なネタバレが含まれていますのでご注意ください。

ドラマ「アンノウン」第8話あらすじ

ドラマ「アンノウン」第8話あらすじ

心は相棒の各務圭介(町田啓太)と協力し、7人目の被害者・代々塚が残した“最後の言葉”の意味を解き明かしていく。

心の母親で元報道記者の闇原伊織(麻生久美子)は、事件を秘密裏に調べていたことを認める。

闇原海蔵(吉田鋼太郎)が知った恐ろしい現実に叫び声が上がる。 「無血」連続殺人事件の謎が一つずつ解けていく。

虎松と闇原蓮(井上雄貴)は代々塚邸へ。 するとそこには虎松宛の手紙が置かれていた。 「次の被害者が現れる前に対策を講じる必要がある」。

虎松は、父の代わりに自分を育ててくれた敬愛する先輩の死を悲しみながらも、警察官としてのキャリアに力を注ぐ。

心は「ごめん、どこか行かなきゃ」と言い、原因不明のまま虎松の前から去ってしまう。

面接に行った小学校で加賀美はポケットからアイスピックを取り出し、心を吸血鬼だから殺すと脅した。

アンノウン ネタバレ – 第9話 (結末)

アンノウン ネタバレ - 第9話 (結末)

「そうです、私が全員殺しました。」

犯人は今、自分が誰であるかを認めた。 7人の命を奪った“無血連続殺人事件”の犯人が各務圭介(町田啓太)だったことが判明。

闇原こころ(高畑充希)は、親友が突然変身して冷たい目で攻撃してくるのに気づき、何が起こっているのか不思議でならない。 あれ、何か間違ったことしちゃったかな…? それでも加賀美は冷静に告げる。 「吸血鬼なら人間に害を及ぼすので殺さなければなりません。」

加賀美を追う心は、加賀美の驚くべき現実に驚愕する。 加賀美の夫である浅田虎松(田中圭)が、加賀美の手から逃れた後、駆け寄る。 ついにアイスピックを手にした瞬間、火神は吐血して倒れた。

同じ頃、闇原家で心の母・闇原伊織(麻生久美子)が襲撃され気絶してしまう。 今福梅(木野花)は、闇原快蔵(吉田鋼太郎)が懸命に逮捕した犯人だった。

意外な人物に驚く海蔵は、梅の無感情な告白を聞く。 「私はあらゆる行動をとりました。」

吐血したまま病院に運ばれた加賀美は意識を失ってしまう。 警察の取り調べを受けた梅さんの話も物議を醸している。

未だに守られている彼女の秘密を知るため、ココロと虎松は彼女に関するヒントを探すため、鏡の自宅へ向かう。

そこに虎松の元妻で未解決事件捜査班の刑事・暁凛(MEGUMI)が現れる。

コミュニティに投稿された死亡通知に、新しい吸血鬼のイラストと日付が追加されます。

その時、私の心の中に電話が鳴り響く。 「今から殺しに行ってもいいですか?」

加賀美が彼らに近づくと、彼女は吸血鬼に殺された報復として両親を殺害したと主張する。

加賀美はその死が事故であることを知り逃走する。

加賀美も後を追い、心を刺し殺そうとする。 そのとき、虎松が突入し、加賀美を拘束する。

最終的な考え

連続殺人事件の真犯人はドラマ「unknown」の最終回で加賀美圭介であることが判明した。 フィナーレでは、町田啓太が演じる加賀美の風変わりな演技に驚かされ、加賀美の悲劇的なキャラクターに涙があふれました。

かがみは、吸血鬼を嫌悪しながらも、間違いなく吸血鬼であるこころに好意を抱いていた。 虎松と心だけでなく、加賀美と心も究極の愛を共有していると思います。

もし続編があれば世界中が吸血鬼の存在を知り、虎松と心は窮地に陥ることになる! ストーリーが進めば面白くなるかもしれません。 加賀美が別のヴァンパイアハンターに取って代わられたことで紛争が始まった。

ドラマ『unknown』のテーマは「未知を理解する」でした。 お芝居でも人間と吸血鬼が共存できる世界があったらいいなと思っています。 LGBT問題や移民問題など、不足に対するバッシングに揺れる今日の社会。 私の意見では、これは多様化する社会で成功するためのアドバイスが詰まった良い文章でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *