そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ: 第4章から第10章まで

そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ

小学4年、小学2年、中学生の男兄弟を育てる澄さん。 恵子は認知症を患う義母の介護をしている。

彼女は年下男性と同棲してその日暮らしをしているマキです。 育児、介護、独身という不安と不満を抱えた日々を過ごしていたが、ある日人生の転機が訪れて…? この記事では、Truyenhayjp.comがそもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレの第4章から第10章までを紹介します。

そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ: 第4章から第10章まで

第4話 | スミちゃんの10年

スミさんは育児と仕事で毎日忙しい。墨をサポートするのは大豆イソフラボン。

スミさんの大豆の摂取量は控えめだったので、私はテストに自信を持っていました。

しかし、検査の結果、スミさんの体は大豆イソフラボンをまったく吸収しないことが分かりました。

新しい上司(若い男性)に愚痴を言っていたら、思いがけない褒め言葉をもらいました。

「大豆の女性ホルモンパワーを借りなくても、十分輝けるんじゃないでしょうか?」

すみさん、10年ぶりのときめきMAXです! !

第5話 | マキさんの電気

そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ

年下彼氏の諒ちゃんがリゾートバイトをしているマキ。

3日間も家に居るのは良くないと思い、街へ出ることにしました。

しかし、街には出ずにパチンコに行って3万円負けてしまいました。

涼ちゃんがいなくなったら、私は本当に社会のゴミになってしまいます。

さらに追い討ちをかけるかのように、家の電気が消えた。

その時、涼ちゃんが帰宅した。

リゾバ在籍中に父が脳梗塞を患い、突然辞めて新潟の実家に戻りました。

一人っ子のリョウは仕事を探すために新潟に戻ってきた。

「マキさん、結婚しよう!」

結婚! ? 一緒に住む! ? 新潟! ? 水田! ? 介護! ?

私はゴミ人間です! ?

第6話 | ケイコのロックガーデン

最近、義母からの「子供」に関する苦情が急増し、恵子はストレスを感じていた。

夫が単身赴任から帰ってくると義母の愚痴が止まらない。

恵子さんが夫に相談すると、夫は「私たちの関係は不完全で美しい、なぜならまだ一緒にいたいから」と告げた。

休暇中、恵子のお願いで競馬場へ行く二人。

子供には恵まれませんでしたが、だからこそ順調と言えるのでしょうか?

そう思った翌日、恵子が妊娠していることが判明!

エピソード 7 | 真剣さの証拠

すみさんの新しい上司の百田くんは、週に2回、打ち合わせや子どもたちの遊び相手として彼女の家に来るようになり、子どもたちとは家族のように仲良くなりました。

一方、昨夜夫が3日ぶりに帰宅しました。

スミさんは、自分が1世帯にだけ与えられるゴマパワーサプリ専用のピルケースを持っていることに気づきました。

私の推測では、浮気相手は夫の体を気遣っていて、夫もその気遣いを受け入れているのではないかと思います。

夫の浮気相手は夫のことを本気で思っています。

別れた方が良いと思いながらも、複雑すぎて離婚に踏み切れませんでした。

そんな中、百田くんが鷲見さんに猛アピール。

“私は真剣です!”

そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ

第8話 | 糞便の臭い

墨の誘いで5年ぶりに集まった3人。

三人は近況を語り始める。

百田が与えたビフィズス菌とガセリ菌のサプリメントのおかげで、鷲美の便は臭わなくなった。

夫のすぐ後にトイレに入った瞬間、確かに「違う場所に住んでいる人の排泄物」のような臭いに気づいたという。

「便が臭かったら、もう終わりだと思いませんか?」

そして本題の百田さんの話へ。

「彼と再婚すればいいの!?」

第9話 | 言ってほしい

マキは涼ちゃんにプロポーズされたことを報告する。

結婚後は新潟に移住し、良ちゃんの両親と同居し、義父の介護や農作業の手伝いをすることになる。

それを全力で否定する二人。

何を聞いても否定的な意見を言う二人にマキは落ち込む。

「彼らは優しくない。二人とも私が言ってほしいことを全く言ってくれない。」

そこで彼らは最後にもう一つ質問します。

「パチンコをしないで生きていけますか?近くにまともなホールはありますか?」

近くに非常に大きなホールがあると聞くと、二人の態度は急変する。

マキさんの激励タイムは終わりました。

第10話 | 幸せじゃないですか?

そもそも ウチ に は 芝生 が ない ネタバレ

その夜、妊娠検査薬で陽性が出たとき、夫の第一声はこうでした。

「今妊娠中です!大丈夫ですか!?」

義母に限っては

「10年早ければよかったのに」

この終わり。

無条件で祝福してくれると思っていた恵子は悲しむ。

スミさんとマキさんに妊娠を報告すると祝福されたが、ケイコさんは正直不安だった。

夫は単身赴任で義母の介護も大変になっている中、出産できるだろうか。

スミとマキは恵子を優しくサポートする。

「とにかく!どうにもならなかったら子供たちを連れて私の家(スミの家)に来てください!」

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *