うみねこ の なく 頃 に ネタバレ- 最終回

うみねこ の なく 頃 に ネタバレ

今回はうみねこ の なく 頃 に ネタバレについてシェアしていきたいと思います。

『うみねこのなく頃に』概要

『うみねこのなく頃に』とは、竜騎士07が監督を務め、同人サークル「07th Expansion」より頒布されたサウンドノベルゲームおよびそれを原作としたメディアミックス作品である。

ストーリーの 8 つの章は 2 つのセクションに分かれています。最初の 4 つは「質問の章」というタイトルで、プレイヤーに質問を投げかけます。 残りの 4 つは「解決編」と題され、困難に対する答えが明らかになります。

「07th Expansion」第1作目『ひぐらしのなく頃に』と大まかな構成は踏襲しつつも、全く新しい世界観に仕上がっている。

ミステリー小説『そして誰もいなくなった』からヒントを得たこのシリーズは、「嵐の島」、「相続争い」、「西洋の家」、「碑文」、「謎の怪現象」などのクローズドエンドのテーマを中心に構成されています。 』『連続殺人事件』『謎の怪物』。 標準的なミステリー小説への言及が数多く含まれています。

プレイヤーは、右代宮家を巻き込んだ恐ろしい殺人事件の記録を読むことで、悪いのが魔女なのか人間なのかを判断することができます。

宇宙の始まりを各章で描く一種の「ループストーリー」ですが、毎回主人公が異なるため、章を進めるごとにさまざまな角度から真実に近づいていくことができます 真実へ。

ネタバレが容易にバレないようにするため、物語全体を通して犯人や犯行の手口が明示されておらず、このミステリー小説に珍しい雰囲気を与えている。

「真実に到達した人の名誉を守るため」という言葉は有名です。 しかし、ファンはこの特定のスタイルについて異なる見解を持っていました。

1986年、今日は裕福な右代宮家で年に一度の家族団欒の日。

当主である右代宮金蔵。 蔵臼とその妻・夏妃、そして子供・ジェシカの長男家族。 家族構成:江波さんと夫の秀吉さん、そして子どもの長女丈二さん。 次男の家族:ルドルフ、キリエ、幼い息子バトラ。 末っ子のマリアと次女のロウザ。

盧上源治、紗音、カノン、郷田敏郎、熊沢千代、南條輝正が従者です。 六軒島では輝正メンバー18名が招集された。

個人的な問題にもかかわらず、家族 18 人が集まり集まります。 しかし、旅行中に「黄金の魔女ベアトリス」を名乗る手紙が届いたことから事態は始まる。

『うみねこのなく頃に』概要

うみねこ の なく 頃 に ネタバレ – 最終話までの流れ

六軒島殺人事件の犯人となったキリエとルフオ。周囲では噂が流れ、縁寿は落ち込んでいた。

そこに戦人が現れた。

六軒島で戦人はどうなったのか? その日、縁寿を六軒島に誘った。

そして、縁寿を讃える最後のゲームが始まる。

縁寿はゲームマスターである戦人から、これまでに見たことのない平穏な世界を見せられる。

縁寿は不安になり、真実を知りたいから戦人に真実を教えて欲しいと懇願する。

そして六軒島の事件が始まる。

縁寿は江波が犯人だと勘違いしていたが、戦人、キリエ、ルヒオが犯人だったことが判明。

家族が殺人者に変貌するのを外部から目撃した縁寿は狂気の渦に陥るが、現場にやって来た古戸エリカが「これは確認された事実ではない」と宣言したことで救われる。

戦人は江波が残した日記を発見し真実を知ろうとする縁寿に日記を差し出すつもりだった。

異世界での戦いの末に封印を解いたエンジュは、自分の日記を読む。 縁寿は、彼が軽蔑している江波ではなく、キリエ、ルヒオ、戦人が真犯人であることを知り、がっかりする。

その後、場面はセインの回想へと移ります。

正音は、右代宮金蔵と彼女とベアトリスの子供の間に生まれた子供として描かれています。

この汚れた血に嫌悪感を抱いたセインは、自分の武器を使ってこの島を黄金郷に戻すことを決意する。

彼女は家族の集まりの日に計画を実行することを決意しました。 彼女はたくさんの計画を立て、それらを別々の瓶に密封して海に投げ込みました。

彼女は縁寿を含む全員がまだ生きている現場に戻ります。

誰もが自分の行いを悔やんでいましたが、縁寿は絶望していました。 彼女は生き残ることを選びました。

現実に戻ったエンジュ。

天草とともに戦人の墓を訪れ、将来一人で立つことを決意する。

場面は変わり、事件の現場となった六軒島へ。

右代宮家滅亡から生き残った精神異常者の戦人とベアトリス(正音)。

ベアトリスはサノンとカノンの人の例です。

彼女は安田沙代が自分の本名であることを認めています。

六軒島は爆破される前に二人によって船で回避される。 機内ではセインが戦人に気持ちを伝えるキスをする。

その後、彼女は船から飛び降りて海の底に落ちて自殺しました。

ベアトリスは異世界である猫箱の領域に足を踏み入れた。

自分だけの黄金の国を求めて、ベアトリスは再びゲームを始める。

いよいよ物語も最終回に近づいてきました。

うみねこ の なく 頃 に ネタバレ – 最終回

うみねこ の なく 頃 に ネタバレ - 最終回

文学賞の授賞式が舞台となっている。

物語は、ファンタジー冒険書『サクラロウの冒険』の著者、寿ゆかりが賞を受賞するところから始まります。

寿ゆかりは、まるまる出版の編集長と面会すると、八代十八から電話がかかってきていることを知らされる。

寿ゆかり、通称エンジュは、六軒島のイベント中に十八が以前に彼に対して敵意を抱いていたにもかかわらず、八代十八に会うつもりです。 六軒島の謎を解いたのは十八だった。

十八八代縁寿と出会う。

この場所には18人だけでなく、さらに1人の男がいました。

十八歳の八代十八ではなく、八代育子だ。 私は彼らに、初稿を監督した男性が18歳であることを伝えます。

男は「あなたをある人物だと思って来たんです」と言い、「寿はもしかして右代宮縁寿と関係があるのでは?」と言う。

この質問に寿ゆかりが右代宮縁寿だと名乗って答えると、「本当の名前は右代宮戦人……ですよね?」とのコメントが返ってきた。

男は「はい」と答えると、縁寿は泣き始める。

戦人は六軒島で実際に起こったことの真実を認める。

その日、私は地下道へ向かいました。 彼らは爆発から逃げ、クバトリアンを避けて潜水艦基地に向かいました。

彼らはモーターボートで出発しようとしたが、途中で難破した。

これを話した後、私は記憶喪失であることをお知らせします。

記憶が戻った今でも右代宮戦人のことは覚えているが、その記憶が自分のものであるとは信じられず、そのため縁寿には会わないと告げる。

それから彼女は、以前に会えなかったことを深く謝罪した。

架空の本を装ってイクコは小説を出版し、戦人は徐々に記憶を取り戻していきます。

このような曲を作ったのは、18歳の私が江波が犯人であると認識していたからです。 ある日、右代宮絵羽が訪ねてきた。

しかし、実はキリエとトミオに非があることに気づき、3人は事件を隠蔽することを誓う。

立ち去ろうとする縁寿を戦人は呼び止め、ゴスペルハウスに案内して欲しいと告げる。

右代宮家の館を再現したゴスペルハウスの若者たちは、私たちを温かく迎えてくれました。

戦人はその雰囲気の中に右代宮家の面影を抱いている。

その後、ベアトリスと戦人の幻視が現実化し、「今夜、ここに黄金郷が甦る」と宣言する。

ここでは、誰もが満足しているようです。

そして、戦人とベアトリスの会話が始まります。

ベアトリス「元気になって戻ってきましたね。絶対に離さないと誓いますよ」 戦人「ああ、わかってるよ、私も手放さないよ」

それから彼らはお互いにハグをします。

なお、『うみねこのなく頃に』の各話における戦人の最後の言葉は「ずっと一緒だよ」。

『うみねこのなく頃に』最終回の感想

『うみねこのなく頃に』は納得のいかない最終回が多かった。

『うみねこのなく頃に Episode8 -Twilight of the Golden Witch』は、魔法が飛び交い、これまでで最もカオスで不穏な仕上がりを見せます。

最終話は好評でした。

ベルンカステルとオーロラのような魔女の交流がなければもっと興味をそそられたと思いますが、『うみねこのなく頃に』のコンセプトが幻想的だったことを考えると、同意しない人もいるかもしれません。

途中に難しい箇所もありましたが、漫画はきれいに終わり、前向きな気持ちで終えることができました。

どのような考えが思い浮かびますか? ぜひ一度ご覧になって読んでみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *